あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【愛媛県大洲市】老朽化が進んだ空き家の解体に、補助金最大80万円

空き家は老朽化進んでしまうと、再利用もリフォームもできません。管理できていないなら傷むのが非常に速いので、解体撤去をする必要があります。そこで、愛媛県大洲市では空き家解体の補助金として最大80万円の支援をしています。新年度の受付開始に備えて、制度内容を確認しておきましょう。

空き家解体の補助金の概要

まず始めに、空き家解体の補助金の制度概要(補助の対象条件、補助金額等)について説明します。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 大洲市内にある
  • 使用していない空き家住宅
  • 柱や屋根等の腐朽または破損が激しく危険性が大きい(不良度判定で一定の基準以上)
  • 建物が2戸以上立ち並んでいる道路の沿道にある
  • 倒壊で、避難路等をふさぐ可能性がある(道路境界線から45度の線を引くと対象物件にぶつかる)

3番目の条件にある不良度判定は、大洲市の事前調査で行われます。とりあえず、柱・屋根・壁・天井・床等の老朽が激しく、再利用やリフォームが不可能な空き家を条件として考えておきましょう。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  • 登記簿(未登記の場合は固定資産の関係資料)上の所有者、または相続人等
  • 市税等を完納している
  • 他の権利関係者から同意を得ている(権利関係者がいる場合のみ)

所有者本人でなくても、親族等の相続人なら申請ができます。ただし、市税等の滞納があると補助の対象外です。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  • 建設業の許可または解体工事業の登録を受けた、大洲市内の業者が行う
  • 対象物件のすべてを解体撤去する
  • 他の制度等により補助金の交付を受けない

最初の条件から、解体業者は大洲市内から選ぶ必要がありますので注意しましょう。
また、建物の再利用は想定されていませんから、解体工事で一部を残すのは不可です。

補助金額

〇次のうち、少ない方の額(上限額:80万円。千円未満は切り捨て)
・補助対象経費×80%
・対象物件の延べ床面積(㎡)×国の基準額×80%

補助金額は、基本的に補助対象経費×80%以下(ただし、延べ床面積に対して高額過ぎると少なくなる)と考えれば分かりやすいかと思います。国の基準額は変動するので、計算が必要なときは大洲市役所に確認しましょう。
また補助対象経費は、解体工事費や養生費、解体で出たゴミの運搬や処分費等(消費税等を除く)です。建物内に残っている家財道具等の処分費や、撤去後の整備費(舗装工事等)は含まれません。要注意です。

申請受付

2019年度(平成31/令和元年度)は4月1日(月)から5月31日(金)までです。
期間が短いので注意が必要ですが、申請が少ない場合は募集延長や再募集もありえます。
逆に、申請が多い場合は緊急度が高いところが優先されます。条件を満たしていても補助が受けられないケースがあることは知っておきましょう。

空き家解体の補助金の手続き方法

次に、空き家解体の補助金の手続き方法(手続きの流れ、用意する書類)についてお話しします。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆完了報告

補助金の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。上から順に説明したいと思います。

事前準備

まず、申請前にやるべきことは大洲市による建物調査(不良度判定)の依頼解体工事の見積書の作成依頼です。

建物調査では、不良度判定で「解体を補助すべき物件か?」を確認します。以下の書類を提出しましょう。

・事前調査の申出書(様式第1号)


〇その他の必要書類
・付近見取図
・現場の状況が分かる写真

建物調査の結果が一定の基準を上回り、危険と判断されたら交付の申請が認められます。(結果通知書が発行されます)

また、解体工事の見積書は、解体業者に電話して現地調査をしてもらったうえで作成をお願いします。ただし、優良な解体業者を見つけるのは非常に難しいです。優良業者と悪徳業者(不法投棄等のトラブルを起こす、不当な追加請求等をする業者)は、外見ではなかなか区別がつきません。ですから、解体業者選びの際はあんしん解体業者認定協会にぜひご連絡ください。

交付の申請

事前準備が終わったら、交付の申請の段階に移りましょう。以下の書類を大洲市に提出します。

・交付申請書(様式第3号)

・実施計画書(様式第4号)

〇その他の必要書類
・位置図
・現場の状況が分かる写真
・解体工事の見積書
・納税証明書(完納状態)
・所有者等であることを証明するもの

「所有者等であることを証明するもの」として登記事項証明書等を用意します。登記所・法務局に聞いてみましょう。
申請後の書類審査を通ると、交付の決定通知が発行されます。

解体工事

交付の決定通知を受け取ってから、解体業者と契約して工事を始めてもらいましょう。工事の開始時に出す書類はありません。もし、工事内容に変更が生じた場合等には変更申請書(様式第7号)を用意します。
また、次の完了報告時に必要な工事の状況や分別解体等、工事内容が確認できる写真の撮影を解体業者に依頼しておきます。忘れると取り返しがつかないので気を付けましょうね。

完了報告

解体工事が終了して代金を支払い次第、大洲市に工事の完了報告を済ませます。次のものを準備しましょう。

・完了報告書(様式第9号)

〇その他の必要書類
・請負契約書の写し
・領収書の写し(解体業者の発行したもの)
・工事の状況や分別解体等、工事内容が確認できる写真

完了報告をすると書類審査や現地調査があり、パスできれば補助金の確定通知が届きます。

交付の請求

補助金の確定通知を受け取ったら、最後に交付の請求を行います。

・請求書(様式第11号)

交付の請求をすると、請求書で指定した口座に対して補助金が振り込まれます。
大金なので入金確認をしっかりしましょう。

以上で、空き家解体の補助金の手続きは終わりです。
分からないことは大洲市役所に問い合わせてみましょう。

大洲市役所
都市整備課 都市計画係(都市)
——————————
所在地:〒795-8601 愛媛県大洲市大洲690番地の1
電話:0893-24-1719
FAX:0893-24-1736

また、書類データは以下からダウンロードできます。

大洲市公式サイトの見方

家屋解体を考えた方の多くは、そもそも補助制度があるかを確認するために大洲市公式サイトを調べると思います。当然ながら、空き家解体の補助金の情報は公式サイト内にありますが、サイト内の情報量の多さから、見たいページがなかなか発見できないかもしれません。
そこで、空き家解体の補助金ページへの行く方法とページの活用についてお話しします。

解体補助金ページへ行く方法

まず、検索サイト(Google等)を利用して「大洲市」で調べ、検索一覧から「大洲市ホームページ」を選択してください。

大洲市公式サイトのトップページに入れました。続けて、「くらしの情報」⇒「(住まい・道路・交通の)住宅・建築」⇒「危険空き家の除却費用の一部を補助します」の順で選択していきましょう。

すると、次のページが表示されます。


引用元:大洲市公式サイト

ページ内の上部にある大洲市危険空き家除却事業補助金というのは、空き家解体の補助金の正式名称です。

解体補助金ページの活用

さて、空き家解体の補助金ページの内容ですが、対象条件や補助金の対象・金額、申請受付に関すること等が並んでいます。
ページ内容の多くは、この記事の概要と手続き方法でなるべく分かりやすいようにお伝えしました。ですので、この解体補助金ページを活用するのは、工事内容に変更が出た場合や、最新情報を取得したいときかと思います。
特に制度内容は変更されることもあるので、申請前には必ずチェックすべきと言えるでしょう。後々「大事なことなのに知らなかった!」とならないためにも、最新情報は必ず確認を怠らないでください。

まとめ

今回は、愛媛県大洲市の空き家解体の補助金についてお話ししました。空き家は放置すると様々なトラブルのもととなり、近隣住民にとって迷惑です。解体は大変ですが、必ず解決しなければなりません。しかし、大洲市は空き家解体のサポートを手厚く行っていますので、制度を上手に活用すれば負担を減らせます。
まずは、大洲市へ事前調査を依頼することから始めてみましょう。



大洲市公式サイト:危険空き家の除却費用の一部を補助します

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)