あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【福島県喜多方市】危険な空き家の解体撤去で、最大50万円の補助金

放置している空き家はありますか? 家屋は老朽化するのが速いので、管理できていないなら解体撤去する必要があるかもしれませんね。そこで、福島県喜多方市では空き家解体の補助金として最大50万円を出しています。ただし、補助を受けるには条件のクリアや申請手続きが必要なので、一緒に確認してみましょう。

空き家解体の補助金の概要

まず始めに、空き家解体の補助金の制度概要(対象条件や補助金額等)についてお話しします。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 喜多方市により危険な空き家と判断された、または指導や勧告、命令の対象となった
  • 喜多方市内にあり、1年以上使用されていない
  • 個人の所有(法人の所有は対象外)

2番目の条件から、現在物置等としても使っていない空き家が対象です。
また、最初の条件に関しては喜多方市の判断で決まりますので、自主的に解体を考えている場合は、柱・床・天井・壁・屋根等の状態(腐食・破損等で崩れかけている度合い)で申請をするかを判断をしましょう。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  • (登記事項証明書の)対象物件の所有者、相続人等
  • 市税を滞納していない
  • 抵当権(借金の担保)の設定者から同意を得ている(抵当権が設定されている場合のみ)
  • 補助金の交付を受けた日から、1年以内に解体跡地を手放さない
  • 暴力団員(関係者含む)等ではない

4番目の条件に注意しましょう。解体後に、ご自身やご親族で土地を使う場合は問題ありませんが、すぐに土地を売却することはできません。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  • 対象物件の全部を解体撤去する
  • 解体撤去を行う資格のある、喜多方市内の業者が施工する(原則)
  • 補助対象者が、解体業者と工事請負契約を結んでいる
  • 他の補助制度により補助金の交付を受けない
  • 交付の決定後に着手し、交付の申請年度の3/31までに完了できる

2番目の条件から、解体業者は喜多方市内で探しましょう。
また、最後の条件から、解体業者との契約、着工依頼は交付の決定後にしなければいけません。要注意です。

補助金額

補助金額=補助対象経費×1/3(上限額:50万円。千円未満切り捨て)

補助対象経費には、解体工事費+解体で出たゴミの運搬や処分費等が入ります。ただし、消費税等は含まれません。

空き家解体の補助金の手続き方法

続けて、空き家解体の補助金の手続き方法(申請の流れや提出書類等)について説明します。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

交付額の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。上から順に確認していきたいと思います。

事前準備

まず、交付の申請前の準備で、喜多方市への事前相談解体工事の見積書等の取得を済ませましょう。

事前相談は任意ですが、疑問を解消したり、そもそも補助対象になる見込みがあるのか確認したりできるので重要です。さらに、まだ(補助対象になる)危険な空き家との認定がされていない場合は、建物調査を依頼しなければいけません。

解体工事の見積書と工程表は、解体業者に現地調査を依頼して作成してもらいます。ただし、解体業界は悪徳業者(不法投棄や手抜き工事、不当な追加請求等をする業者)が多いので、ご自身で選ぶのはリスクがあります。(トラブルがあると、依頼者側の責任も問われます)
ですので、解体業者選びは、ぜひあんしん解体業者認定協会にお任せください。

交付の申請

事前準備が終わったら、ようやく交付の申請ができます。以下の書類を喜多方市役所に提出しましょう。

・申請書(様式第1号)

・暴力団排除に係る誓約書(様式第1号の別添1)

・譲渡等に関する誓約書(様式第2号)

・紛争等に関する誓約書(様式第3号)

〇その他の必要書類
・位置図
・対象物件の現在の状況が分かる写真
・工程表
・見積書
・市税の完納証明書

また、必要なら委任状を付けます。(申請を誰かに委任している場合)
交付の申請をすると書類審査が行われ、パスできれば交付の決定通知書(様式第4号)が出されます。

解体工事

交付の決定通知が届くのを待って、解体業者と契約し、工事を始めてもらいましょう。(順番を間違えると、補助の対象外とされてしまうので要注意)
工事の内容等に変更がない限りは、喜多方市へ出すものはありません。ただし、次の工事の実績報告で工事の完了写真が求められますので、あらかじめ解体業者に撮影をお願いしておきましょう。(トラブル発生に備えて、全工程を撮影してもらうのがベスト)

実績報告

解体工事が無事に完了したら、喜多方市役所へ工事の実績報告をしましょう。(工事完了から約2週間以内に終わらせる必要があります)

・報告書(様式第8号)

〇その他の必要書類
・請負契約書の写し
・領収書の写し
・工事の完了写真

実績報告をすると、書類審査を経て交付額の確定通知書(様式第9号)が発行されます。

交付の請求

交付額の確定通知を受け取ったら、次の書類で交付の請求をします。

・交付請求書(様式第10号)

一緒に通帳表紙の写し(口座名義人、口座番号入り)を用意してください。
交付の請求を受けると、喜多方市から約1か月以内に補助金が指定の口座に振り込まれます。

以上で、空き家解体の補助金の手続きは終わりです。
何か不明点・疑問点があれば、喜多方市役所に問い合わせてみましょう。

喜多方市役所
建設部 建築住宅課 建築住宅班住宅担当
——————————
所在地:〒966-8601 福島県喜多方市字御清水東7244番地2
電話:0241-24-5246
FAX:0241-25-7073
喜多方市公式サイト:空き家対策に関する補助制度について

また、書類データは以下からダウンロードできます。(すべてのページを使用することはありません)

喜多方市公式サイトの見方

ところで、空き家解体の補助金について調べたいと思う方のほとんどは、喜多方市公式サイトを確認すると思います。ただ、自治体のサイトは情報の宝庫である反面、ボリュームが多すぎて目的の情報が発見しづらいかもしれません。
ですので、空き家解体の補助金が載っているページへの行き方や、ページの内容についてお伝えします。

空き家解体の補助金に関するページへの行き方

まず、Google等の検索サイトで「喜多方市」と入力し、検索結果の一覧から「喜多方市ホームページ」を選択しましょう。

これで、喜多方市公式サイトのトップページが表示されました。
続けて、「くらしの情報」⇒「(住まい・交通の)空き家」⇒「空き家対策に関する補助制度について」と選択していきましょう。

すると、空き家対策に関する補助制度についてというページが開きます。


引用元:喜多方市公式サイト

ページ内には複数の制度がまとめて載せられていますので、老朽危険空き家等解体撤去補助金の項目をご覧ください。この項目に空き家解体の補助金のことが書かれています。

空き家解体の補助金に関する情報確認

空き家解体の補助金(老朽危険空き家等解体撤去補助金)に関する項目には、対象条件等が簡単にまとめられています。
一見すると詳細な情報はないように見えてしまいますが、要綱の中で、条文形式で載っています。言い回し等が分かりにくいので、基本的にはこの記事の概要や手続き方法をご覧いただければ問題ありませんが、どうしても詳細を確認したい場合にはこの要綱をチェックしてください。

また、公式サイトを確認する他の理由として、「現在、申請を受け付けているか?」「制度内容に変更がないか?」等を確認できる点が挙げられます。補助制度の利用を考えている場合は、必ず公式サイトを確認しましょうね。

まとめ

今回は、福島県喜多方市の空き家解体の補助金についてお話ししました。
空き家の解体には多額の資金が必要ですが、補助金を利用できれば資金面の負担は相当減らせます。ぜひ利用を検討しましょう。
まずは、喜多方市へ解体の事前相談をしてみてください。



喜多方市公式サイト:空き家対策に関する補助制度について

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)