あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【香川県丸亀市】危険な空き家の解体で、最大160万円の補助金

使っていない家屋はありますか? 空き家状態のまま放置していたら、ボロボロになってしまったというケースは多いですよね。そうなると、リフォームもできないので解体するしかありません。そこで、香川県丸亀市では老朽化した空き家を減らす取り組みで空き家解体の補助金を出しており、最大で160万円が下ります。

空き家解体の補助金の概要

まず、空き家解体の補助金の制度概要(対象条件、補助金額)について確認してみましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 現在空き家かつ使用されていない(今後も利用しない)
  • 丸亀市の建物調査で、危険度が高いと判定された
  • 丸亀市内にある
  • 本補助金の交付決定前に、解体工事の契約や着工をしていない
  • 他の制度による補助金等の交付を受けていない
  • 公共事業による補償の対象となっていない
  • 国、自治体等が所有していない
  • 一般住宅または店舗兼住宅(居住用の部分が半分以上)

2番目の条件は、丸亀市に依頼して建物調査を依頼する必要があります。依頼前の段階では、とりあえず柱・床・天井・屋根・壁等が腐食や破損してボロボロかを判断基準にしていただければ大丈夫です。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  • (登記事項証明書等のうえでの)所有者または相続人
  • 他の権利者全員から同意を受けている(親族等で共有や相続している場合、土地の権利者が別の場合等)
  • 建物調査等、立入検査等を受け入れられる
  • 空き家対策の特別措置法による勧告を受けた状態

権利者が複数人いる場合には、全員の同意が必要です。(提出書類も少し増えます)
また、最後の条件は、勧告を受けたあとでも取り消されていれば大丈夫です。

補助金額

〇次のうち、低い方の額(限度額:160万円。千円未満切り捨て)
・解体工事費×80%
・対象物件の延べ床面積(㎡)×国の基準(2019年度(平成31/令和元年度)は木造:26,000円、非木造:37,000円)×80%

分かりにくいかもしれないので、基本的には解体工事費×80%以内(限度額:160万円)で考えておきましょう。
解体工事費には、解体で出たゴミの運搬や処分費が含まれます。

受付期間

新規受付は新年度(4月)に始まります。ただし、予算内での補助なので、申請が多いと受付が打ち切られますので、注意しましょう

空き家解体の補助金の手続き方法

次は、空き家解体の補助金の手続き方法(手続きの手順、準備書類等)を確認しましょう。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

補助金額の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。流れに沿って説明します。

事前準備

まず、事前準備として丸亀市による建物調査の依頼解体工事の見積書の入手を済ませてください。

建物調査は対象候補の物件が「本当に、補助に値するほどボロボロか?」を確認するために行われます。丸亀市に次の書類を提出して依頼しましょう。

・予約審査の申請書(様式第1号)

丸亀市は依頼を受けると職員を現地に派遣し、建物状態をチェックして危険度を判定します。そして、一定の基準を超えたら補助の対象と認められ、予約審査の結果通知書(様式第1号の2)が届きますので確認しましょう。

解体工事の見積書は、解体業者に現地調査をお願いして作成してもらいます。
ただし、解体業界は優良業者を見つけるのが大変です。悪徳業者に当たるとトラブルが発生し、依頼者側の責任が問われることがあります。ですので、解体業者選びの際はあんしん解体業者認定協会にご連絡ください。

交付の申請

交付の申請をする準備が済んだら、以下の書類を丸亀市役所に出します。

・交付申請書(様式第1号の3)

・実施計画書(様式第2号)

〇その他の必要書類
・見積書の写し
・建物平面図
・現場写真
・所有者が確認できる書類

対象物件に関して、ほかに権利者がいる場合は同意書や確約書も求められます。また、所有者が確認できる書類としては、登記事項証明書等があります。登記所・法務局に聞いてみてください。
交付の申請をすると書類審査があり、その後交付の決定通知が発行されます。

解体工事

交付の決定通知を受け取ってから、解体業者と工事契約して着工してもらいましょう。この段階では、工事内容に大きな変更がなければ提出書類はありません。次の実績報告に備えて、工事の前・中・後の写真の撮影を解体業者に依頼しておいてください。

実績報告

工事が終わったら、丸亀市へ工事の実績報告を済ませましょう。

・実績報告書(様式第7号)

〇その他の必要書類
・請負契約書の写し
・請求書または領収書の写し(請求書の写しの場合は、領収書が発行されてから10日以内に提出)
・工事の前・中・後の写真(工事内容が分かるもの)
・建設リサイクル法の届出の写し(必要な場合のみ)
・産業廃棄物管理票(マニフェスト)E票の写し

必要なものは、基本的に解体業者から受け取れますので確認しましょう。
実績報告を済ませると、書類審査や現地調査ののち補助金額の確定通知が出されます。

交付の請求

補助金額の確定通知が届いたら、丸亀市役所で交付の請求を行います。

・請求書(様式第8号)

この請求書で指定した口座に、補助金が入金されます。

以上で、空き家解体の補助金の手続きは終わりです。
使った書類等は5年間の保存が義務付けられているので、しっかり保管しましょう。
分からないことは、以下にお問い合わせが可能です。

丸亀市役所
環境安全課
——————————
所在地:〒763-8501 香川県丸亀市大手町二丁目3番1号
電話:0877-24-8836
FAX:0877-25-2409
メール:kankyo-k@city.marugame.lg.jp

また、書類データは以下からダウンロードできます。

丸亀市公式サイトの見方

ちょっと話を変えますが、空き家解体の補助金のことを調べようと考えた場合、丸亀市公式サイトをチェックするのではないでしょうか?
結論を言うと、丸亀市公式サイトには詳しい情報があります。ただし、発信している情報がとても多いので、空き家解体の補助金のページを発見するのは意外に難しいのです。
ですので、丸亀市公式サイトで空き家解体の補助金の情報を取得する手順をお伝えします。

空き家解体の補助金ページに行く手順

基本的な行き方を1つお伝えします。
はじめに、検索サイト(Google等)を使って「丸亀市」と入れます。検索結果の画面に「香川県 丸亀市」が出るので選択しましょう。

公式サイトに入れたら、「くらしの情報」⇒「(生活・環境欄の)環境・ペット」⇒「丸亀市老朽危険空き家除却支援事業補助金について」を順番通りに選択します。

すると、以下のページが表示されます。


引用元:丸亀市公式サイト

この丸亀市老朽危険空き家除却支援事業補助金というのが、空き家解体の補助金の正式名称です。

空き家解体の補助金ページの内容

空き家解体の補助金(丸亀市老朽危険空き家除却支援事業補助金)ページでは、制度の概要や関係書類のダウンロードができます。もし、工事の内容に変更があったとき、または同意書等が必要なときなどに確認しましょう。

また、重要なのが最新情報の取得です。申請の受付期間は短いですので、開始や打ち切り、追加募集等の情報は細かくチェックするのが無難です。申請をしたい場合は、必ず公式サイトを確認するようにしましょう。

まとめ

今回は、香川県丸亀市の空き家解体の補助金についてお話ししました。空き家は放置していてもよいことはありません。せっかく丸亀市が補助金等で解体をサポートしてくれているので、まずは丸亀市に建物調査を依頼して、手続きを始めてみましょう。



丸亀市公式サイト:2019年度丸亀市老朽危険空き家除却支援事業補助金について

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)