あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【福岡県築上郡築上町】危険な空き家の解体に、最大50万円の補助金

長年放置された空き家は、倒壊や建物の一部が飛散してしまう危険性があります。
市区町村にとって、地域に危険な空き家が増える事は由々しき事態であり、空き家対策が急がれています。

そこで福岡県築上郡築上町では、危険な空き家の解体工事に対して最大50万円の補助金を支給しています。
空き家をお持ちの方へ耳寄りな情報なので、ぜひご活用ください。

補助金制度終了のお知らせ
現在、築上町で空き家解体工事に関する補助金は実施されておりません。
再開見込みは現在未定となっています。

危険空き家の解体補助金の概要

補助金制度の目的

2019年現在、全国に空き家は860万戸あると言われ、早急な対応が必要となっています。
そこで、全国の地方自治体では空き家の解体工事に対して補助金を給付することで、空き家所有者が解体しやすい環境を作ろうとしているのです。

 空き家住宅等の集積が居住環境を阻害し、又は地域活性化を阻害している区域において、居住環境の整備改善及び地域の活性化に資するために、不良住宅、空き家住宅又は空き建築物の除却及び空き家住宅又は空き建築物の活用を行う。

引用元:国土交通省 | 空き家再生等推進事業について

対象物件

ただし、補助金を受け取れるのは以下の条件を満たしている建物のみです。

  • 築上町内にある
  • 現在使用していない
  • 木造または鉄骨造
  • 半分以上を居住のため建物として使用していた(風呂・トイレ・台所が備わっている)
  • 国が定める不良度の測定基準の評価が100点以上(事前相談後、現地調査)
  • 国が定める耐用年数を超えている

「不良度の測定」は、国土交通省が定めた住宅地区改良法施行規則を基準に判定されます。
合計が100点を超えた空き家であれば、対象として認められます。

評価基準

引用:国土交通省 | 住宅地区改良法施行規則

対象者

さらに、補助金の申請者は以下の条件をクリアしている必要があります。

  • 登記事項証明書等に所有者として記録されている個人(または相続人)
  • 築上町税等の滞納がない方

また、税金滞納の有無に付いては「築上町役場 税務課 課税係」にて納税証明書を発行することで確認ができます。
詳しくは、築上町役場までお問い合わせください。

お問い合わせ先:築上町役場 税務課 課税係
住所:福岡県築上郡築上町大字椎田891番地2
電話番号:0930-56-0300
お問い合わせフォームはこちら

対象工事

また、解体工事では以下の点に注意してください。
条件を満たしていない場合、補助金を受け取れない可能性があります。

  • 補助金の交付の決定前に着手していない
  • 建築物全体を解体する工事(長屋住宅を除く)

補助金額

補助金額は、解体工事費の1/2の金額が給付されます。(ただし、50万円が上限)

計算例
80万円(解体費用)×1/2=40万円
120万円(解体費用)×1/2=50万円(計算上は60万円ですが、上限の50万円以上は切り捨て)

受付開始日と期限

補助金制度は終了しました
福岡県築上郡築上町の補助金制度は現在終了しており、再開見込みは未定です。
築上町のように、補助金制度は突如終了や変更となる可能性があります。
申請の際はお早めにお願いします。

危険空き家の解体補助金の手続き方法

続いて、危険空き家解体補助金の手続方法をご紹介します。

☆事前相談

築上町の現地調査

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事の契約、着工

☆完了報告

現地確認、補助金の確定通知

☆交付の請求

補助金振込

「☆」が付いている項目では、申請者側の手続きが必要です。

事前相談

まず、申請の前に「補助制度の対象となるか?」について環境課と相談します。その後、先に触れた不良度の測定を町職員と建築士が現地調査で行い、その結果で危険な空き家と判定されたら補助対象になるので、申請ができます。

ちなみに、申請には工事見積書と工事計画書が必要です。そのため、申請前に解体業者を選んで現地調査、見積書作成まで進めてもらいます。
しかし、申請前や交付の決定通知が届く前に、解体業者と契約や着工すると補助金の対象外になってしまうので注意しましょう。
申請前に行う解体業者とのやり取りは、見積書の取得までに留めておくのがベストです。

交付の申請

事前準備が完了しましたら、交付の申請に移ります。交付申請書(第2号様式)と工事計画書(第3号様式)を築上町に提出します。

・交付申請書(第2号様式)


・工事計画書(第3号様式)

また、以下の添付書類が必要です。

  • 申請者が町税等を滞納していないことを証明する書類(築上町税務課)
  • 内訳明細の付いた工事見積書(解体業者)
  • 現場の状況が分かる写真
  • 委任状(第三者が手続きする場合のみ)

解体工事の契約、着工

申請が通ると交付の決定通知が届きます。決定通知が届いてから、解体業者と契約して工事を開始してもらいます。
また、完了報告をする際に工事の完了写真が必要なので、解体業者に撮影を依頼しておきましょう。

完了報告

解体工事が終わったら、築上町に工事完了の報告書と証明書(第11号様式・第12号様式)を提出します。

・工事完了の報告書(第11号様式)

・工事完了の証明書(第12号様式)

さらに、以下の添付書類を提出してください。

  • 工事の請負契約書の写し
  • 工事の完了写真
  • 工事の代金領収書の写し

ちなみに、全て解体業者さんが発行してくれるので、特に申請者が書類を用意する必要はありません。

交付の請求

完了報告からしばらくし、現地での確認ができたら築上町から補助金の確定通知が送付されます。
通知が届いたら、交付請求書(第14号様式)を提出します。

・交付請求書(第14号様式)

以上で、危険空き家の解体補助金の手続きは完了です。

参考 築上町トップページ築上町トップページ

まとめ

今回は、福岡県築上郡築上町の危険空き家の解体補助金についてお話ししました。色々やるべきことが多いですが、まず築上町に事前相談をしてみるところから始めましょう。