東京都調布市の解体や除却に関する補助金・助成金

補助金_調布市

東京都調布市では、特定緊急輸送道路の沿線に建つ一定の高さ以上の建物を対象に、耐震に伴う補強設計や改修、建て替え、除却などの費用を一部負担する「特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化促進事業」を実施しています。

なお、除却に伴う補助金額では最大で対象経費の9/10を負担してもらうことができます。この記事では、補助金額や対象条件などを詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

東京都調布市で利用できる耐震に伴う改修や除却の補助制度

東京都調布市では、市内の特定緊急輸送道路沿線にある一定の高さ以上の建築物を対象に、「補強設計」「耐震改修」「建替え」「除却」に掛かる費用を一部負担する取り組みを行っています。

調布市の特定緊急輸送道路

  • 中央自動車道
  • 甲州街道
  • 三鷹通り
  • 東八道路
  • 鶴川街道
  • 品川通りの一部(鶴川街道から品川通りを経由して市庁舎までの道路)
  • スタジアム通り

支給金額と申請期限

支給金額は対象の各事業ごと以下の通りです。

対象事業 補助割合 上限
補強設計 全額 既存の延べ面積×補助基準単価
【補助基準単価】
1,000㎡以内の部分…5,000/㎡
1,000㎡超え2,000㎡以内の部分…3,500/㎡
2,000㎡超えの部分…2,000/㎡
耐震改修 対象額の9/10 延べ面積×補助基準単価
(s値0.3未満、Iw値0.7未満の場合は拡充有)
【補助基準単価】
建築物…51,200/㎡
マンション…50,200/㎡
住宅…34,100/㎡
免震等の特殊工法…83,800/㎡
建替え 対象額の9/10 延べ面積×補助基準単価
【補助基準単価】
建築物…51,200/㎡
マンション…50,200/㎡
住宅…34,100/㎡
免震等の特殊工法…83,800/㎡
除却 対象額の9/10 延べ面積×補助基準単価
【補助基準単価】
建築物…51,200/㎡
マンション…50,200/㎡
住宅…34,100/㎡
免震等の特殊工法…83,800/㎡

令和4年度の受付は令和4年12月28日まで(事業は令和5年度末までに要着手)となっています。ただし、予算に限りがあるため期間内でも募集を締め切る場合があります。

申請の条件

対象になるのは、敷地が「特定緊急輸送道路」に面しており、昭和56年5月31日以前に建築された建築物で、道路幅員の概ね1/2以上の高さがある建物(道路幅員が12m以下の場合は6mを超える建築物)です。

申請の対象者は当該建物の所有者です。共有や区分所有になっている場合は代表者が申請を行ってください。

その他、申請方法やご不明点は「都市整備部 住宅課 住宅支援係」にお問い合わせください。

担当窓口

都市整備部 住宅課 住宅支援係

所在地
〒182-8511
東京都調布市小島町2丁目35番地1

お電話
042-481-7545

ホームページ
補助金情報の詳細はこちら

参考 特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化促進事業 | 調布市調布市ホームページ

補助金を申請したい方は解体無料見積ガイドへ

当協会が運営する「解体無料見積ガイド」では、建物の解体に伴う補助制度に関して、これまで3,500件以上のご案内実績があります。

地域ごとに専任のスタッフが丁寧に対応させていただきますので、申請をするのがご不安な方はぜひお気軽にご相談ください。


解体無料見積ガイド

電話で相談する(0120-978-952)

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日を含む)

東京都調布市で業者をお探しなら解体無料見積ガイドへ

補助金の利用にあたり調布市内の業者さんをお探しの方は、ぜひ「解体無料見積ガイド」にご相談ください。

当協会が運営する「解体無料見積ガイド」では、建物の解体や除却に伴う工事を検討されている方にお近くの業者さんを無料にて最大6社ご紹介しています。なお、ご紹介するのは当協会の厳しい選定基準を満たした優良な業者さんたちです。

これまでご利用いただいた7万5,000件以上のお見積り実績をもとに、地域ごと専任のオペレーターがお客様の条件にあわせて最適な業者さんをご案内しますので、ぜひお気軽にご相談ください。


解体無料見積ガイド

電話で相談する(0120-978-952)

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日を含む)