埼玉県坂戸市の改修費用と解体費用の補助金制度

解体工事や改修工事など、住まいに関する悩みは費用が高額になりがちです。そのため、「検討していてもつい先延ばしにしてしまう」という方は少なくないようです。そこで注目したいのが、自治体が運営する補助金制度です。坂戸市でも、工事をお考えの方を後押しする補助金制度が多数あります。この記事で詳しくご紹介しますので、ぜひご参考ください。

坂戸市老朽空き家等除却費補助金制度

制度の目的と概要

坂戸市では、まちづくりの一環として老朽化が進んだ空き家の解体工事を行う際、費用の一部を負担する取り組みを行っています。

市では、良好な生活環境の保全等を目的として、老朽空き家等の除却に対して、費用の一部を補助します。

坂戸市老朽空き家等除却費補助金制度|坂戸市

対象となる建築物

対象になるのは以下の項目を全て満たす建物です。

・市内にある一戸建ての住宅で、補助金の交付の申請時に居住その他の使用がなされていない空き家
昭和56年5月31日以前に着工されたもの
・他の公共事業による移転や建て替え等の補償対象になっていない

申請者の条件

空き家の所有者または相続人で、市税の滞納がない方が対象です。

工事の条件

敷地内の建物を全て除却する工事が対象になります。
ただし、家財道具や機械、車両等、地下埋設物などの運搬や処分に係る経費は対象になりません。また、以下の項目に該当する場合は補助制度の対象にならないのでご注意ください。

・補助金の交付決定通知の日よりも前に工事に着手した場合
・年度内に工事を完了させることが出来ない場合
・解体や除却に伴う他の補助金制度を利用している場合

補助・助成金額

補助金額は対象経費の1/2で、上限額は30万円です。
ただし、1,000円未満は切り捨てになります。

申請に必要な書類・申請先

申請に必要な書類は以下のとおりです。なお、申請書のフォーマットは坂戸市のホームページからもダウンロードできます。

  • 坂戸市老朽空き家等除却費補助金交付申請書
  • 補助対象工事に要する費用の見積書の写し
  • 建設業者が建設業法第3条第1項の許可を受けたことを証する書類の写し、または解体工事業者が建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律の規定による登録を受けたことを証する書類の写し
  • 位置図
  • 現況写真
  • 所有者等であることを証する書類
  • 所有権以外の権利の設定がある場合は、当該権利を有する者の同意書
  • 補助対象物件が複数の者の共有である場合は、全ての共有者の同意書
  • その他市長が必要と認める書類
【申請先】坂戸市役所 住宅政策課
【住所】〒350-0292 埼玉県坂戸市千代田1-1-1
【電話番号】049-283-1331
参考 坂戸市老朽空き家等除却費補助金制度のご案内 - 坂戸市ホームページ坂戸市老朽空き家等除却費補助金制度のご案内 - 坂戸市ホームページ

坂戸市の解体業者をお探しなら

解体見積ガイドバナー

坂戸市内で解体業者さんをお探しの方は、ぜひ当協会が運営している『解体無料見積ガイド』をご利用ください。
解体無料見積ガイド』では、解体工事が初めての方にも適正価格のお見積りをスムーズに取得していただくため、全国に約14,000社以上ある解体業者さんの中から、独自の厳しい審査基準をクリアした優良な業者さんを無料にてご紹介しています。「業者さんの手配をするのが不安」という方は、ぜひ一度ご相談ください。

木造住宅の耐震診断及び耐震改修補助金交付制度

制度の目的と概要

松戸市では、市内の木造家屋の耐震化を促進するため、「耐震診断」および「耐震改修」を行う際に、費用の一部を負担する取り組みを行っています。

市では、平成22年4月1日から震災に強い安全で安心なまちづくりの推進のため、市内にある木造住宅の「耐震診断」及び「耐震改修」に要する費用の一部について、補助を行っております。

木造住宅の耐震診断及び耐震改修補助金交付制度|坂戸市

対象となる建築物

対象になるのは以下の項目を全て満たす建物です。

昭和56年5月31日以前に着工された木造の一戸建ておよび併用住宅
※ただし、併用住宅は店舗利用の部分が延床面積の1/2未満のもの
・地下を除く階数が2階以下で、建築基準法等に違反をしていることがあきらかでないもの

また、「耐震改修」は上記の項目に加えて、耐震診断を行った結果、安全性の総合評価が1.0未満と判断されているものが対象です。

申請者の条件

建物の所有者で市税の滞納がない方が対象です。

工事の条件

対象になる「耐震診断」と「耐震改修」の条件は、それぞれ以下のとおりです。

耐震診断
・建築士法の規定により登録を受けている建築士事務所に所属している、建築士が行う診断
財団法人日本建築防災協会の「木造住宅の耐震診断と補強方法」またはこれと同等の耐震診断方法で、建築物の地震に対する安全性を調査する診断
耐震改修
・建設業法に規定する建設業者が行う耐震改修工事
・耐震診断による総合評価が1.0以上になるよう、建築士が行った改修設計に基づき行う改修工事

補助・助成金額

補助金額は「耐震診断」と「耐震改修」でそれぞれ以下のとおりです。なお、1,000円未満は切り捨てになります。

事業の種類 補助金額 上限額
耐震診断 診断に要した額 13万円
耐震改修 要した費用の23% + 30万円 60万円

ただし、耐震改修においては、上記の計算方法で算出した金額が実際の改修費用を超える場合は、実際の費用が補助金額になります。

申請に必要な書類・申請先

申請に必要な書類は「耐震診断」と「耐震改修」でそれぞれ以下のとおりです。なお、申請に必要な書類のフォーマットは坂戸市のホームページからもダウンロードできます。

耐震診断

  • 坂戸市既存木造住宅耐震診断補助金交付申請書
  • 付近見取図、配置図及び平面図
  • 耐震診断に要した費用の領収書の写し
  • 耐震診断に要する費用の見積書の写し
  • 耐震診断を行う建築士事務所の事務所登録通知書の写しおよび建築士の建築士免許証の写し
  • 委任状

耐震改修

  • 坂戸市既存木造住宅耐震改修補助金交付申請書
  • 付近見取図、配置図及び平面図
  • 耐震診断の結果報告書の写し
  • 耐震補強後の耐震診断の総合評価、補強方法を示す設計図書等耐震改修計画の内容がわかるもの
  • 工事の見積書の写し(耐震補強に係る部分)
  • 工事を実施する建設業者の建設業許可書の写し
  • 委任状

また、いずれの補助金も必ず診断および工事に着工する前に行ってください。
申請の方法やその他ご相談は下記の担当窓口までお問い合わせください。

【申請先】坂戸市役所 住宅政策課
【住所】〒350-0292 埼玉県坂戸市千代田1-1-1
【電話番号】049-283-1331
参考 木造住宅の耐震診断及び耐震改修補助金交付制度 - 坂戸市ホームページ木造住宅の耐震診断及び耐震改修補助金交付制度 - 坂戸市ホームページ

解体工事に関する補助金でお困りの方は

当協会が運営している『解体無料見積ガイド』では、解体工事に伴う補助金制度でお悩みの方のご相談をお待ちしています。

解体見積ガイドバナー

解体工事に馴染みがないと、工事を手配しようと思っても「補助金に対応してもらえる業者が見つからない」「そもそも業者の手配が大変」といったお悩みでお困りになる方が少なくありません。

解体無料見積ガイド』では、これまで7万5,000人以上を超える方たちにご利用頂いたお見積りデータから、お問い合わせいただいた方にぴったりの業者さんを、地域ごと専任のスタッフが丁寧にご案内しております。ぜひお気軽にご利用ください。