【東京都足立区】解体工事の相場はいくら?高額だった理由

手作業で解体をしている様子

東京都足立区にお住まいの村田さんは、築40年、約42坪の木造二階建ての自宅を建替えをするため、解体工事の検討をしていました。
新居を建てるための費用もかかることから、解体工事は少しでも安く抑えたい……という感覚で、住宅メーカーに解体工事の見積もりを依頼。

解体工事は初めての経験。見積もってもらった時点で、解体工事の費用がご自身の想像以上に高く、さっそく壁にぶつかってしまいました。そんな村田さんの解体業者選びから、解体工事完了までの流れをご紹介いたします。

解体工事の費用が想像していた2倍でビックリ

足立区に住宅がある村田さん。住宅メーカーから紹介された解体業者に見積もってもらった金額は200万円でした。
村田さんは、100万円を少し超えるくらいかなというイメージだったので、ご自身が想像していた2倍の費用だったことに驚愕。
実際、解体工事の見積り額はどのくらいなのかも知らずにいたので、住宅メーカーに提示された金額に不安と不信感を抱いてしまいました。
そこで、解体業者何社かに費用を見積もってもらい、比較することにしました。

3社から相見積を取ってみた結果

住宅メーカーから紹介された解体業者以外に、足立区の解体業者2社と埼玉県の解体業者1社の計3社の解体業者から見積もりを取得。

解体業者の現地調査にも立ち合ったのち、3社の見積書が出揃ったところで比較してみると、一番安い解体業者で150万円程。高い解体業者だと、200万円を超えていました。
住宅メーカーの200万円という費用よりも、もっと高額な見積もりも出てきた解体業者もあったので、住宅メーカーの見積りも法外な費用ではないことが分かり少し安心したそうです。
村田さんは、この3社の見積りを取ってみて、やっと解体工事の相場というものが大体分かってきたといいます。

もちろん安いに越したことはないので、一番安価で頑張っていただいた足立区の解体業者に解体工事を依頼。費用が安かったのが最大の決め手だったそうですが、立ち会いの際の印象もとても良かったので、条件が合えばお願いをしたいと思っていたそうです。

なぜ高い?解体工事の費用がかさんだ理由

今回の東京都の足立区の村田さんの住宅において、費用がかさむポイントはどこにあったのでしょうか?

解体工事の費用がかさむ原因

養生シートが貼られた現場

写真を見てもわかるように、村田さんのご自宅と、隣家との距離はかなり密接しています。また、家の前の道路も狭いです。
この場合、解体工事を行う際に、最初から重機を入れるスペースの余裕がありません。なので、最初に解体業者が最初に手作業で行い、手間と時間がかかるため、費用がかさんでしまいます。

また、村田さんの家の中には若干家財も残っていました。少しでも安く解体工事費用を抑えるならば、自治体によって行っている補助金制度を活用したり、家の中の家財は、自分たちで処分することで安くすることができます。

住宅メーカーに依頼した場合の手数料

今回の足立区の村田さんの場合、最初に見積もりを依頼した住宅メーカーは、さほど高額な費用を提示したわけではありませんでした。しかし、住宅メーカーに解体工事を依頼した場合、「中間マージン」という、住宅メーカーから協力会社へ、協力会社から解体業者へ依頼する際に、それぞれの会社に対して手数料が発生します。
したがって、直接自分で解体業者に依頼する方が、費用を少しでも安くできる可能性があるといえます。

まずは、解体工事の費用の相場を確認しておきましょう。
解体する建物の構造や立地、時期などによっても異なり、廃棄物の種類によっても処分の費用に差が生じます。
詳しい内容はこちらを参考にしてください。

家屋の構造と条件でわかる解体費用の相場

工事着工から完了まで

いよいよ工事着工です。

周囲に破片や埃が飛んでいくことがないよう、家の回りに養生シートが貼られます。

まずは家の瓦を取っていきます。
瓦が取り除かれた屋根こちらは、壁を壊している様子。

家の周囲にはスペースに余裕がないので、最初は解体業者の手作業で行っていきます。
作業員は2~3人程度です。
手作業で解体をしている様子

1階部分も半分解体され、重機が搬入できるスペースができました。
重機が入ると、作業の速さがスピーディーになります。
重機が搬入されました

半分ほど解体された様子廃材が積み上げられていますね。これらは、きちんと分別されてまとめられます。

工事も終盤に差し掛かり、建物が壁だけとなりました。
壁を撤去している様子最後に基礎工事を行い、そして土を整えます。

以上で工事完了です。
更地写真工事日数は約2週間ほど。キレイな更地に仕上がりましたね。

足立区・村田さんの解体工事を終えての感想

大きな石や瓦等の地中埋設物が出てきてしまい、少しだけ追加の撤去費用が掛かってしまいましたが、無事に解体工事が完了し、結果的に住宅メーカーの見積り費用よりも約40万も安く行うことができたので、非常に満足しています。
私は解体工事の費用を抑えることができて、運が良かったと思いますが、これから解体工事を検討している方は、相場を知る為にも複数社の相見積を取ることをオススメします。

まとめ

今回の村田さんは、家の建替え時の解体工事に悩んでおりましたが、解体工事後も家の建築には時間がかかりますよね。
隣の家との距離が近い、家の前の道路が狭い場合、近所にどのような配慮をすべきなのでしょうか。

下記の記事では、ご近所への挨拶回りの仕方、手土産についてまで詳しくご紹介しているので参考にしてみてください。
解体工事のその前に!失礼のない近隣挨拶とは

解体工事のだいたいの相場を知っておけば、高すぎる見積もりを提示された際に気づけます。
まずは解体する建物の立地などを改めて確認し、どんなところで解体工事の費用がかさむのか、追加費用が発生するのかを知った上で、解体工事の予算を考えていくことが大事ですね。

この記事は東京都足立区の村田さんから承諾許可を頂いた上で掲載いたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。