あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【北海道中川郡池田町】老朽空き家の解体に、最大50万円相当の補助

利用していない空き家は所有していても意味がありません。せっかくなので有効活用したいところですが、老朽化が進んでいる場合には一度解体する必要があります。そこで、北海道中川郡池田町では空き家解体の奨励金として最大50万円相当の補助を行っています。条件は色々ありますが、解体の負担を減らすためにもぜひ活用したい制度です。

空き家解体の奨励金の制度概要

最初に、空き家解体の奨励金の制度概要(対象条件、奨励金額等)についてお話ししたいと思います。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  1. 池田町内にある
  2. 利用していない老朽建物
  3. 建築後22年以上が経過
  4. 戸建住宅・共同住宅・併用住宅・老朽店舗・老朽店舗兼住宅(池田町固定資産税台帳に登録があるもの)

基本的に古くて再利用が難しい空き家が対象イメージです。
ちなみに、建物には同じ敷地内の物置・車庫等も含まれます。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  1. 所有者(死亡している場合は相続人)
  2. 町税等を滞納していない(原則)

町税等を滞納していると原則対象外ですが、完納が確実と見込まれる方はOKです。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  1. 対象経費の総額が20万円以上
  2. 国、道、町等から補助金等(移転補償費を含む)の交付を受けていない
  3. 建設業の許可または解体工事業の登録を受けた池田町内の業者が行う
  4. 現在工事前で、申請年度内に解体撤去を完了できる

条件1から、小規模な工事は対象外とされる可能性があります。
また条件3から、工事を依頼する解体業者は池田町内に限定しなければなりません。

奨励金額

奨励金額=対象経費×1/3(限度額:老朽住宅30万円、老朽店舗・老朽店舗兼住宅50万円)
※千円未満切り捨て。また、通常は池田町内で使用できる商品券(2種類)で交付。申請者が町外に住んでいる場合は現金で交付できるが、限度額が老朽住宅24万円、老朽店舗等40万円に下がる

対象経費には、解体撤去費と廃棄物処理費が入ります(消費税等含む)。ただし、家財道具・備品・設備等は含まれませんので注意しましょう。

空き家解体の奨励金の手続き方法

次に、空き家解体の奨励金の手続き方法(申請の流れ、用意するもの)について整理します。

☆事前準備

☆利用申込

交付の決定通知(別記様式第2号)

☆解体工事

☆交付申請

交付の決定通知(別記様式第4号)

奨励金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。流れに沿って確認してみましょう。

事前準備

まず、申し込みをする前に池田町への事前相談解体業者への工事見積書の作成依頼をしましょう。

事前相談は、対象と認められる見込みはあるのかを確認するために行いましょう。疑問点を早いうちに解消しておくのも大事です。

また、工事見積書については解体業者に依頼して作成してもらいます。現地調査が必要ですが、正確な見積りのためになるべく立ち会いをしましょう。
ちなみに、解体業者選びはあんしん解体業者認定協会にお任せください。解体業界は悪徳業者が多いうえ良し悪しの見極めがほとんど不可能です。悪徳業者が起こしたトラブルについては依頼者側の責任も問われることがあるので気を付けましょう。

利用申込

事前準備が終わったら、池田町に利用申込をします。以下の書類を提出してください。

・利用申込書(別記様式第1号)

〇その他の必要書類
・見積書(対象経費の内訳書)の写し
・対象物件の写真
・誓約書(相続人が申請する場合)
・戸籍謄本等、相続人であることが確認できる書類(相続人が申請する場合)

利用申込をすると書類審査等で交付の認定可否が決定し、結果は交付の決定通知書(別記様式第2号)で知らされます。

解体工事

交付の決定通知書(別記様式第2号)を受け取ったら、解体業者に工事を始めてもらいましょう。(奨励金が受けられなくなるので、順番は守ってください)
奨励金関係では、提出物は特にありません。ただし、交付申請時に工事前後の写真が求められますので、必ず解体業者に撮影を依頼しておきましょう。

交付申請

解体工事が無事完了して代金の支払いが済んだら、交付申請を行います。以下の書類を池田町に出してください。

・交付申請書(別記様式第3号)

〇その他の必要書類
・工事前後の写真(工事前後の状況が明らかに分かるもの)
・請負契約書の写し
・代金領収書の写し
・マニフェスト(E票)の写し
・支払金口座振替依頼書兼債権者マスタ登録票(現金での交付を選択した場合)

交付申請をすると、書類審査等ののち交付の決定通知書(別記様式第4号)の発行と奨励金の交付があります。
ただし、奨励金を商品券で受けた場合は奨励金受領書(別記第5号様式)の提出が交付後に必要です。

以上が、空き家解体の奨励金の手続き方法です。解体跡地については新築建て替えや適切な管理をしましょう。
不明点・疑問点等は池田町役場に問い合わせてみてください。

池田町役場
企画財政課 住宅対策係
——————————
〒083-8650 北海道中川郡池田町字西1条7丁目11番地
電話:015-572-3112
FAX:015-572-5158

空き家解体の奨励金に関する情報取得

最後に、空き家解体の奨励金に関する情報取得について説明します。
奨励金を受けたいと考えた場合、池田町公式サイトを確認するのが基本です。ただ、自治体のサイトは規模が大きくて目的のページを見つけにくいのが問題です。
そこで、空き家解体の奨励金ページの行き方と内容を確認しましょう。

空き家解体の奨励金ページへの行き方

最初に、Google等の検索サイトを使って「中川郡池田町」を調べ、検索結果の一覧から「北海道池田町」を選択します。

これで池田町公式サイトに入れました。続けて、「くらし・手続き」⇒「住宅・土地情報」⇒「住宅に関する助成事業」⇒「平成31年度「住宅環境整備」補助制度のお知らせについて」⇒「池田町老朽建物解体促進奨励金」の順に選択していきましょう。

「平成31年度「住宅環境整備」補助制度のお知らせについて」を選択

「池田町老朽建物解体促進奨励金」を選択

すると次のページが表示されます。


引用元:池田町公式サイト

池田町老朽建物解体促進奨励金空き家解体の奨励金の正式名称です。

空き家解体の奨励金ページの内容

空き家解体の奨励金(池田町老朽建物解体促進奨励金)ページには制度の目的や概要が載っています。特に受付期間等の確認は大事なので、申請前には必ず確認をしてください。
また、関係書類のダウンロードにある要綱(池田町老朽住宅解体促進奨励事業実施要綱)は、制度の詳細についての確認や申請書類データの印刷が可能なため大変役立ちます。池田町役場に向かう前に書類を作成しておくことができるので、上手に活用しましょう。

まとめ

今回は、北海道中川郡池田町の空き家解体の奨励金についてまとめました。空き家の解体にかかるお金はできるだけ減らしたいですよね。本奨励金を利用できれば解体費用を抑えられます。ですので、まずは池田町へ事前相談をしてみましょう。



池田町公式サイト:池田町老朽建物解体促進奨励金

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)