青森県弘前市の解体や除却に関する補助金・助成金

青森県弘前市

所有している空き家を放置していませんか? 放置空き家は近隣住民にとって迷惑なので、早めに処分しなければいけません。ただ、除却するにもお金がかかるので簡単に決断できないかもしれませんね。そこで、青森県弘前市では空き家除却の補助金として最大50万円の援助を出しています。

また、ブロック塀等の除却・耐震改修に対しても最大12万円の補助金を出しています。制度内容について解説しますので弘前市で空き家やブロック塀等の除去等をお考えの方は、ぜひ参考になさってください。

青森県弘前市で利用できる空き家の除却に対する補助制度

「弘前市老朽空き家等除却促進事業費補助金」では、対象となる空き家の除却に対し最大50万円を支給しています。

支給金額と申請期限

支給金額は次のうち、少ない額の40%かつ50万円以内です。

対象となる空き家の除却にかかる費(消費税、地方消費税は含まれません)
対象となる空き家の床面積(㎡)×市が定める除去の標準費
※市が定める除去の標準費については、弘前市役所へご確認ください。

申請期間は、令和4年5月16日~令和4年12月23日。先着順で市の予算がなくなった時点で終了となります。

申請の条件

次の条件すべてに当てはまると、申請できます。

  • 対象の空き家は弘前市内にあること
  • 対象の空き家は木造または鉄骨造であること
  • 対象の空き家は一戸建て住宅または床面積の半分以上が住宅として使用されていた併用住宅(長屋・共同住宅を除く)であること
  • 対象の空き家は補助金の交付申請前に行う「事前協議」で、不良度の評点が100点以上(柱の傾斜、屋根・外壁が剥げているなど老朽化や損傷の程度が大きい)と判定されたこと
  • 対象の空き家は放置すれば周囲に影響を及ぼすおそれがあること
  • 申請者は市税等を滞納していないこと
  • 申請者は個人(法人でない)であること
  • 申請者は対象となる空き家の所有者相続人所有者または相続人から除去について同意を得た者のいずれかであること
  • 除去は市内に本店がある法人または市内に住所がある個人業者が行うこと
  • 除去は土木業、建築業、解体業の許可を受けた者または建設リサイクル法による登録を受けた者が行うこと

「弘前市老朽空き家等除却促進事業費補助金」のお問い合わせ先は、弘前市役所の空き家対策係です。

【お問い合わせ先】弘前市役所 建設部 建築指導課 空き家対策係
【住所】〒036-8551 青森県弘前市大字上白銀町1-1
【電話番号】0172-40-0522
【ホームページURL】http://www.city.hirosaki.aomori.jp/kurashi/akiya/roukyuuakiya-jyokyaku.html

参考 老朽化した空き家の除却を支援します - 弘前市老朽化した空き家の除却を支援します - 弘前市

補助金を申請したい方は解体無料見積ガイドへ

当協会が運営する『解体無料見積ガイド』では、業者のご紹介や解体に関する補助金の申請サポートを無料で実施しています。

解体に精通したプロの意見を参考にしたい」方は、ぜひお気軽にご相談ください。年間8,400件のご相談を承る地域専任スタッフが、お客様ごとに丁寧に対応いたします。


解体無料見積ガイド

電話で相談する(0120-978-952)

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日を含む)

青森県弘前市で利用できるブロック塀等の除去・耐震改修に対する補助制度

「弘前市ブロック塀等耐震改修促進事業費補助金」では、対象のブロック塀等の除去または耐震改修に対し最大12万円を支給しています。
なお、ブロック塀等とは市内にある組積造の塀(補強コンクリートブロック造の塀を含む)のことです。

支給金額と申請期限

支給金額は「除去または耐震改修にかかる費用の2/3」または「12万円」のうち、いずれか低い額です。

募集期間は、令和4年6月1日~令和4年11月30日。先着順ですので、ご注意ください。

申請の条件

次の条件すべてに当てはまると、申請できます。

  • 対象のブロック塀等は弘前市内にあること
  • 対象のブロック塀等は「市教育委員会が指定した通学路」または「通学路を除く一般の通行のために使用する避難所へ至る道」にあること
  • 対象のブロック塀等が市教育委員会が指定した通学路以外の避難路沿道にある場合は、「倒壊した際に避難所へ至る道の過半が閉塞されるおそれがある」または「工事が必要と市長に認められている」こと
  • 対象のブロック塀等を耐震診断した結果、不適合の項目があったこと
  • 対象のブロック塀等は接する地盤面のうち、低い側からの高さ(基礎を含む)が80cm以上あり、かつ3段積み以上であること
  • 対象のブロック塀等は過去に、市の補助を受けて耐震改修を行っていないこと
  • 申請者は対象のブロック塀等の所有者または親族であること
  • 申請者は令和3年度から交付申請時までにおいて納付すべき市税等の滞納がないこと
  • 申請者は暴力団員でなく、暴力団員と密接な関係でもないこと
  • 申請者は他の制度に基づく補助金等の交付を受けた工事をしないこと
  • 工事では対象となるブロック塀等を除却すること
  • 工事は門柱(CB造を除く)、補助対象塀の基礎、土留めを除却する工事でないこと
  • 耐震改修工事では建築士またはブロック塀診断士等が耐震改修計画を作成し、工事監理を行うこと
  • 工事は市内に本店を置く法人または市内に住所がある個人事業者が行うこと
  • 工事は建築工事関連業務を営む施工者が行うこと
  • 工事は補助金の交付決定に着手すること

「弘前市ブロック塀等耐震改修促進事業費補助金」のお問い合わせ先は、弘前市役所の建築指導課です。

【お問い合わせ先】弘前市役所 建設部 建築指導課
【住所】〒036-8551 青森県弘前市大字上白銀町1-1
【電話番号】0172-40-7053
【ホームページURL】http://www.city.hirosaki.aomori.jp/kurashi/sumai/kenchiku/burokkutaishin.html

参考 ブロック塀等の耐震化支援のお知らせ - 弘前市ブロック塀等の耐震化支援のお知らせ - 弘前市

青森県弘前市で解体業者をお探しなら解体無料見積ガイドへ

本記事では、青森県弘前市における空き家の除去、ブロック塀等の除去または耐震改修に関する補助制度について説明しました。補助金の申請は労力がかかりますが、利用できれば金銭面の負担が少なくなります。まずは、弘前市との事前協議から始めましょう。

建物の解体には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。当協会の『解体無料見積ガイド』では、信頼できる業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。


解体無料見積ガイド

電話で相談する(0120-978-952)

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日を含む)