和歌山県有田郡湯浅町の改修費用と解体費用の補助金制度

本記事では、和歌山県有田郡湯浅町が設けている解体と改修に関する補助金制度をまとめています。
湯銭町で実施されている補助金は「老朽危険空家除却補助金」の1つです。湯銭町で空き家を取り壊そうとお考えの方は、ぜひご活用ください。

老朽危険空家除却補助事業

制度の目的と概要

湯浅町では、空き家倒壊の被害を事前に抑えるため、構造や耐震性に問題がある空き家の除却を進めています。それに伴い、「老朽危険空き家」として認められた空き家を除却する際には、町から補助金が支給されます。

老朽危険空き家とは
湯銭町における老朽危険空き家とは、「年間を通じて居住しておらず、今後も居住の見込みがない建物」「建物面積の2分の1以上が居住用として使用されていた建物」「和歌山県空家等対策推進協議会が作成した特定空き家の判定が100点以上の建物」の3つ全てを満たす建物を指します。

倒壊などのおそれがある空家の除却を促進し、町民のみなさんの安全・安心で良好な住環境の向上を図るため、湯浅町では老朽危険空家の除却費用の一部を補助する制度を今年度から実施します。
引用:老朽危険空家除却補助事業の募集について|湯浅町

老朽危険空家とは?
以下の要件を全て満たす必要があります。
① おおむね年間を通して居住の実態がなく、今後も居住の見込みがないもので、 建物面積の2分の1が居住用に使用されていたもの。
② 和歌山県空家等対策推進協議会が作成した特定空家の判断基準に基づく判定が100点以上のもの。
引用:老朽危険空家除却補助事業の募集について|湯浅町

補助・助成金額

空き家の除却工事に掛かった費用の80%が支給されます。ただし、支給の上限額は80万円です。
また、補助金は予算の範囲内での支給になるため、予算がなくなり次第募集締め切りとなります。申請前には湯銭町役場へご確認をお願いします。

受付開始日と申請期限

本制度は平成30年4月1日から施行されました。
令和3年現在、募集締め切り日は公開されていません。いつでも申請は可能ですが、申請前には湯銭町役場に確認を取っておきましょう。

【連絡先】湯浅町役場 産業建設課管理係
【住所】〒643-0002 和歌山県有田郡湯浅町青木668番地1
【電話番号】0737-63-2525

対象となる建築物

補助金支給の対象となるのは、湯浅町内に所在している「老朽危険空き家」に限られます。「この補助金以外に交付を受けていないこと」や「過去に同じ敷地で本補助金を交付されていないこと」も給付の条件です。
また、個人で所有しており、所有権以外の権利が設定されていないことも条件になります。

「所有権以外の権利が設定されていない」が指す意味
「所有権以外の権利」とは、抵当権や根抵当権、担保権、地上権、賃借権などを指します。これらが設定されていると建物を取り壊して更地にすることができないため、所有権以外の権利が設定されていないことが条件になります。
・町内に現存する老朽危険空家であること
・本補助金以外に除却に係る他の助成金の交付を受けていない、または受ける予定がないこと
・同一敷地内においてこの補助金を受けて老朽危険空家の除却を行っていないもの
・個人が所有する住宅であること
・所有権以外の権利(抵当権など)が設定されていない住宅であること

参考:老朽危険空家除却補助事業|湯浅町

申請者の条件

補助金の申請者は、「対象住宅の所有者」「所有者の相続人」「所有者か相続人から除却の許可を得た人」のいずれかが対象になります。
ただし、湯銭町税を滞納している方と暴力団員の方は対象外になります。

以下のいずれかに該当する方
ア.補助対象住宅の所有者として登記事項証明書(未登記の場合は固定資産課税台帳)に登録されている方(法人及び団体は除きます)
イ.アに規定する方の相続人
ウ.アまたはイに規定する方から補助対象住宅の除却について同意を得た方
アからウのいずれかに該当する方で、申請者本人及び申請者と同一世帯に属する方
湯浅町の町税を滞納していないこと。暴力団及び暴力団員等でないこと

参考:老朽危険空家除却補助事業|湯浅町

工事の条件

補助金の対象となる解体工事にはいくつか条件があります。
まず、建設業法の許可建設リサイクル法の登録を受けている業者が対応し、対象の住宅と敷地内の工作物を全て除却する工事が対象になります。
ただし、「補助金の交付を決定する前に着手した工事」「他の制度による助成金の交付を受けようとする工事」「補助対象住宅の一部を除却する工事」「補助対象住宅の建て替えを目的とした工事」のいずれかに該当する工事は対象外となります。

建設業法の許可や建設リサイクル法の登録を受けている業者とは
「建設業法の許可」と「建設リサイクル法」は、解体業者であれば必ず取得・登録していなければなりません。しかし、解体業者の中には許可や登録を行っていない悪徳業者も存在するため、事前の確認が必須となります。
なお、当協会(あんしん解体業者認定協会)が運営する『解体無料見積ガイド』が紹介する解体業者は、必要な許可や登録を全て完遂している業者のみです。業者選びに不安を感じた方はぜひご利用ください。
① 建設業法の許可又は建設リサイクル法の登録を受けている者が行う工事であること。
② 補助対象住宅とその敷地内にある工作物(門、塀など)の全てを除却する工事であること。
〔注意〕上記要件を満たしていても次のいずれかに該当する工事は補助対象工事とはなりません。
(1)補助金の交付を決定する前に着手した工事
(2)他の制度による助成金の交付を受けようとする工事
(3)補助対象住宅の一部を除却する工事
(4)補助対象住宅の建て替えを目的とした工事

参考:老朽危険空家除却補助事業|湯浅町

申請に必要な書類・申請先

申請の際はまず、老朽危険空家認定申請書(様式第1号)に必要書類を添付して提出します。必要な書類は以下の通りです。

  • 建物付近の見取り図
  • 空家の所有者を確認できる書類

書類を提出したら審査と現地調査が始まります。
町の審査により危険空家だと認定された場合は、湯銭町老朽危険空家除却補助金交付申請(様式第4号)に以下の必要書類を添付し、町役場に提出します。

  • 除却工事実施計画書
  • 工事見積書の写し
  • 解体業者届出書写し
  • 空家の配置図または平面図
  • 空家の外観写真
  • 確約書
  • 同意書
  • 町税完納証明書

そして、工事完了後には湯銭町老朽危険住宅除却補助金工事完了報告書(様式第14号)に以下の必要書類を添付して提出します。
申請、連絡先はいずれも「湯浅町役場 産業建設課管理係」です。

  • 工事請負契約書の写し
  • 工事代金請求書または明細書、領収書の写し
  • 工事状況写真
  • マニフェストの写し
  • 工事完了証明書

必要書類引用:補助金交付申請の流れ(PDF) | 湯銭町

【申請先】湯浅町役場 産業建設課管理係
【住所】〒643-0002 和歌山県有田郡湯浅町青木668番地1
【電話番号】0737-63-2525
参考 湯浅町役場公式ホームページ|ゆあさちょう|くらしの情報|観光情報|和歌山県有田郡湯浅町役場

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体や改修に関する補助金制度について、分からないことがあってお困りの方も『解体無料見積ガイド』へご相談ください。
解体無料見積ガイド』では、補助金の申請サポートも行っており、過去3,500件のサポート実績がございます。小さな疑問でも丁寧にサポートさせていただきますので、ぜひご利用ください。

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日対応)