宮城県亘理郡亘理町の解体工事助成金制度

宮城県亘理郡亘理町

宮城県亘理郡亘理町には、解体工事のみを扱う助成金・補助金制度がありません。
しかし、耐震性強化を目的に木造住宅の建て替え工事または耐震改修工事を行う場合の助成金制度があります。

木造住宅の建て替え、または耐震改修工事に関心がある方は、ぜひ本記事をご覧ください。
制度内容や申請条件についてご紹介いたします。

木造住宅の建て替え工事、耐震改修工事に関する助成金制度

令和4年度募集終了のお知らせ

「木造住宅耐震改修工事助成事業補助金」は、令和4年1月31日をもって募集を終了しました。
これから申請される方は、令和5年度以降の募集開始をお待ちください。

亘理町の「木造住宅耐震改修工事助成事業補助金」では、耐震性が不十分な1981年5月31日以前に建てられた住宅に対し、建て替え工事または耐震改修工事にかかる助成金を支給しています。

支給金額

建て替え工事を行う際は、工事費用が125万円以上の場合に限り110万円が支給されます。
また、耐震改修工事を行う際は、工事に必要な費用の上限を125万円とし工事費用×4/5(上限100万円)以内の額が支給されます。
さらに、耐震改修工事と併せて「その他の工事」を行い、かつ「その他の工事」が10万円以上の場合は、支給金額に10万円が加算されます。

申請の条件

申請の条件は、対象住宅と工事の条件をすべて満たすことです。

  • 対象住宅は亘理町の「木造住宅耐震診断助成事業」で耐震診断を受けていること
    ※下記4つの条件をクリアすると耐震診断が受けられます。
    【1】対象住宅は昭和56年5月31日以前に建てはじめた戸建て住宅であること
    【2】対象住宅は在来軸組構法または枠組壁構法で建てられた木造住宅であること
    【3】平成16年度に「亘理町木造住宅耐震診断士派遣事業を受けた住宅」の場合は、耐震診断の総合評点が1.0未満の住宅であること
    【4】過去に「亘理町木造住宅耐震診断助成事業」、または「改修計画」を受けていない住宅であること
  • 対象住宅は亘理町の「木造住宅耐震診断助成事業」で耐震診断を行った結果、「上部構造評点が1.0未満」または「重大な地盤・基礎についての注意事項がある」もしくは「上部構造評点が1.0未満で、かつ重大な地盤・基礎についての注意事項がある」と判断されていること
    ※上部構造評点とは、震度6強~7の地震に対する「建物の耐力の割合を評価した点数」のことです。
  • 対象住宅の耐震診断をした結果、「上部構造評点が1.0未満で、かつ重大な地盤・基礎についての注意事項がある」と判断された場合は、両方を改善したうえで、町内で建て替え工事を実施すること
  • 工事は県内に本店または支店のある建設業者等が行うこと
  • 耐震改修工事後には、「上部構造評点が1.0以上になる」か「重大な地盤・基礎についての注意事項が改善される」こと

「木造住宅耐震改修工事助成事業補助金」のお問い合わせ先は、亘理町役場の都市建設課、建築宅地班です。

【お問い合わせ先】亘理町役場 都市建設課 建築宅地班
【住所】〒989-2393 宮城県亘理郡亘理町字悠里1番地
【電話番号】0223-34-0508
【ホームページURL】https://www.town.watari.miyagi.jp/life/detail.php?content=340

参考 木造住宅耐震改修工事助成事業 | くらし・手続き | 亘理町亘理町

助成金を申請したい方は解体無料見積ガイドへ

解体見積ガイドバナー

本記事では、亘理町の建て替え工事または耐震改修工事に対する助成金制度についてご紹介いたしました。ですが、助成金・補助金制度の仕組みは複雑な部分が多く、実際に申請するとなると申請書類や条件について様々な疑問が出てくるかと思います。

そんな時は、ぜひ当協会(あんしん解体業者認定協会)が運営する『解体無料見積ガイド』へご相談ください。解体のプロである亘理町担当のスタッフが、助成金・補助金の申請サポートをいたします。
また、亘理町での工事に対応できる業者さんのご紹介もさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日対応)