北海道歌志内市の改修費用と解体費用の補助金制度

歌志内市

本記事では、歌志内市で利用できる空家等の解体除却費に関する補助金についてご紹介しています。
歌志内市にお住まいの方で解体工事をお考えの方は、ぜひ工事前に本補助金の申請をご検討ください。

空家等の解体除却費の一部を助成

制度の目的と概要

歌志内市には、今現在誰も住んでいない、または今後誰も住まない予定空家等を対象に、解体除却工事費を補助する制度があります。

歌志内市では、現在居住をしていない住宅や今後居住の予定のない住宅の解体除却工事を行う場合に、対象工事費が30万円以上(税抜き)の工事費に対し最大で50万円を限度として10分の2.5の費用を助成します。

引用:空家等の解体除却費の一部を助成します!|歌志内市

対象となる建築物

現在誰も居住していないか、今後移住予定のない空家等(※1)が対象です。

空家等(※1)とは?
国土交通省によると、主に下記のような建築物が空家等に当たります。

・一戸建て住宅
・共同住宅(マンションやアパート)
・併用住宅(住居と店舗や事務所を併用している住宅)
・事務所や店舗
・倉庫
・門や塀
・空家等に付随するネオン看板
など
参考 空家等の定義空家等の定義

空家等と認定されるための住宅の条件

歌志内市のホームページには記載されていませんが、国土交通省によると前提として下記の条件を満たす必要があります。

一戸建て住宅の場合】申請日から1年以上居住や利用していない
共同住宅(マンションやアパート)の場合】全部屋が1年以上空室

また、客観的に下記のような点が確認された後、空家等と認定されます。

・出入りの有無
・電気やガス、水道などの利用実績
・建築物等やその敷地の登記記録
・住民票の内容
・所有者等によるその利用実績についての主張
※ただし、確認方法は市区町村により異なります。
申請前には、必ず歌志内市へご確認ください。

空家と認定されるパターン

・年に一度ほど空気の入れ替えに来ている
・別の地域に住んでいるが、状況を確認した日に1泊した
・賃貸物件で現在は誰も使用していないが、入居者が決まり次第使用する予定
→詳しくはこちらから

空家と認定されないパターン

・物置としては利用している
※出入りが数年に一度の場合は空家と見なされる可能性があります。
→詳しくはこちらから

申請者の条件

申請者の条件は、歌志内市のホームページに記載がありません。
本制度の利用を検討されている方は、歌志内市役所へお問い合わせください。

受付開始日と申請期限

申請期間についてもホームページに記載がありません。
申請期間も申請者の条件と同様に歌志内市役所へご確認ください。

補助・助成金額

対象工事費が30万円以上(税抜き)の工事費に対し、50万円を上限に2.5/10の費用を支給しています。

申請に必要な書類・申請先

補助金の申請は、歌志内市のホームページからダウンロード出来る申請書に下記の書類を添付のうえ、市役所へ提出します。

  • 位置図(ゼンリンなどの地図)
  • 間取図
  • 現況写真(全方位)
  • 市税の納税証明書
  • 見積書
  • 申請者の住民票
  • 申請者の納税証明書
  • 登記済証
  • 申請者と所有者の関係を示す書類(戸籍謄本または固定資産税(土地・家屋)課税明細書など)

【申請先】北海道歌志内市 建設課住宅管理グループ
【住所】〒073-0492 北海道歌志内市字本町5番地
【電話番号】0125-42-2223
参考 空家等の解体除却費の一部を助成します! | 北海道歌志内市北海道歌志内市

歌志内市の解体業者をお探しなら

歌志内市で信頼できる優良な解体業者をお探しの方は、当協会が運営する「解体無料見積ガイド」にお問い合わせいください。
お客様のご希望の工事時期や立地条件等を踏まえて、あなたにピッタリの業者を紹介します。

解体見積ガイドバナー

解体業者の中には、不当な追加料金を請求するなど悪質な業者も存在します。
当協会では、お客様がトラブルに巻き込まれないよう訪問調査等を行い、独自の13の審査基準に合格した信頼できる業者しか紹介していません。
ぜひ業者選びにお悩みの方は、当協会が運営する「解体無料見積ガイド」をご利用ください。

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

解体工事に関する補助金制度について、何か不安なことや不明な点がありましたら、当協会が運営する「解体無料見積ガイド」にご相談ください。
解体無料見積ガイド」では、業者のご紹介やお見積りだけでなく、補助金のご相談や申請サポートの実績も多数あります。
年間8,400件以上のご相談を承る専任スタッフが対応いたしますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。