福岡県八女郡広川町の改修費用と解体費用の補助金制度

本記事では、福岡県八女郡広川町で利用できる解体工事等の補助金制度をまとめています。
広川町が設けている解体関連の補助金制度は、全部で3つです。
各制度の申請条件や補助金額、申請方法など詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

耐震改修促進計画事業

制度の目的と概要

広川町では、震災に強いまちづくりをするため木造戸建の耐震診断アドバイザー派遣、耐震改修工事の補助金制度を設けています。

対象となる建築物

耐震診断

対象となるのは、以下の全てに該当する住宅です。

福岡県内にあるもの
原則、昭和56年5月31日以前に建築されたもの
地上2階建て以下の木造戸建住宅

耐震改修

対象となるのは、以下の全てに該当する住宅です。

・建築士が行った耐震診断で、建物の上部構造評点が1.0未満と診断されたものを、1.0以上(建物全体または1階部分)となるようにする木造戸建住宅
広川町内にあるもの
昭和56年5月31日以前に着工したもの
現在居住中、または居住予定となっているもの
・改修工事によって建築基準法及び関係法令の規定に違反しないもの

申請者の条件

耐震改修

申請者は以下の全てに該当する方です。

過去に本補助金交付を受けていない方
町税を滞納していない方

補助・助成金額

耐震診断

補助金額は以下の通りです。

・基本診断:自己負担額3,000円
・基本診断+床下、小屋裏進入調査:自己負担額6,000円

耐震改修

補助金額は以下の通りです。

・耐震改修工事費×50%
・上限額90万円

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は以下の通りです。

耐震診断

申請書類は広川町役場の建設課都市計画係へお問合せください。

耐震改修

【申請先】広川町役場 建設課都市計画係
【住所】〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1
【電話番号】0943-32-1157
参考 広川町木造戸建て住宅耐震改修補助金交付事業/広川町広川町木造戸建て住宅耐震改修補助金交付事業/広川町

危険ブロック塀等撤去費補助金

制度の目的と概要

広川町では、地震発生時のブロック塀等の倒壊による被害防止や避難経路の確保のため、危険なブロック塀等の撤去に対する費用を一部支給します。

平成30年6月に発生した大阪府北部地震によるブロック塀の倒壊被害を受け、地震などの自然災害や老朽化に伴うブロック塀などの倒壊による被害を防ぎ、避難経路を確保するため、ブロック塀などの撤去に要する費用の一部を補助します。ブロック塀などの倒壊により被害が発生した場合、その所有者が責任を問われ、損害賠償の対象となる可能性があります。ブロック塀などの安全な維持管理を心掛けましょう。
引用:制度の概要|広川町

対象となる建築物

対象となるのは、以下の全てに該当するブロック塀等です。

補強コンクリートブロック造、組石造(レンガ造、石造、コンクリートブロック造等)の塀や門柱
広川町内にあり、高さ1m以上のもの
通学路や避難経路、公道に面しているもの
・広川町が定める診断カルテで40点未満のもの

申請者の条件

申請者は以下の全てに該当する方です。

・対象ブロック塀等の撤去工事を行う所有者または管理者
過去に、同一敷地内で本補助金交付を受けていない方
町税等を滞納していない方
暴力団員等でない方

工事の条件

対象となるのは、対象ブロック塀等の全てまたは一部を撤去する工事です。
ただし、一部を撤去する場合は以下の条件を全て満たす必要があります。

・工事完了後に高さ1.2m以下となるもの
・工事完了後に診断カルテが70点以上となるもの
建築基準法第42条道路内にないもの

補助・助成金額

補助金額は以下の通りです。

・撤去工事費×50%
・上限額10.9万円

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は以下の通りです。なお、申請書は広川町ホームページで取得できます。

  • 広川町危険ブロック塀等撤去費補助金交付申請書
  • 位置図
  • 工事概要がわかる図面
  • 撤去後の診断カルテの改善計画(一部撤去の場合)
  • 工事前の全景写真
  • 工事見積書の写し
  • 誓約書
  • その他町長が必要と認めるもの
【申請先】広川町役場 建設課都市計画係
【住所】〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1
【電話番号】0943-32-1157
参考 道路に面する危険なブロック塀などの撤去費用の一部を補助します/広川町道路に面する危険なブロック塀などの撤去費用の一部を補助します/広川町

広川町の解体業者をお探しなら

広川町内の優良な解体業者をお探しの場合は、ぜひ当協会が運営する『解体無料見積ガイド』へご相談ください。

解体見積ガイドバナー

解体無料見積ガイド』では、最大6社の解体業者から同時に見積りを取ることができます。当協会の13の審査基準をクリアした優良業者のみをご紹介させて頂きます。
広川町内で解体業者をお探しの方は、お気軽にご相談ください。

老朽危険家屋等除却促進事業

制度の目的と概要

広川町では、町民の安心・安全を確保し良好な住環境を維持するために、使用・管理されていない家屋の除却工事の費用を一部支給します。

本事業は、町内において使用されず、適正に管理されていない老朽危険家屋などの除却を促進するため、家屋の除却に要する費用の一部を助成することにより、町民の安全・安心の確保と住環境の改善および良好な景観の維持を図ることを目的とします。
引用:制度の概要|広川町

対象となる建築物

対象となるのは、以下の全てに該当する建築物です。

周辺環境を悪化させ、放置されている木造、軽量鉄骨造またはその部分
・広川町が定める老朽度判定基準で合計100点以上のもの
所有権以外の権利が設定されていないもの
個人が所有するもの
・その他町長が除却の必要があると認めるもの

申請者の条件

申請者は以下の全てに該当する方です。

・対象建築物の所有者または相続関係者
暴力団員等でない方
個人であること

補助・助成金額

補助金額は以下の通りです。

・除却、処分費用×1/2以内
・上限額50万円

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は以下の通りです。なお、申請書類は広川町ホームページで取得できます。

  • 老朽危険家屋等除却促進事業補助金交付申請書
  • 事業実施計画書
  • 確認書
  • 解体工事見積書の写し
  • 位置図
  • 現況写真
  • 同意書
  • 申請者との関係を確認できる書類(申請者と所有者が異なる場合)
  • その他町長が必要と認める書類
【申請先】広川町役場 建設課都市計画係
【住所】〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1
【電話番号】0943-32-1157
参考 広川町老朽危険家屋など除却促進事業/広川町広川町老朽危険家屋など除却促進事業/広川町

広川町の解体業者をお探しなら

広川町内の優良な解体業者をお探しの場合は、ぜひ当協会が運営する『解体無料見積ガイド』へご相談ください。

解体見積ガイドバナー

解体無料見積ガイド』では、最大6社の解体業者から同時に見積りを取ることができます。当協会の13の審査基準をクリアした優良業者のみをご紹介させて頂きます。
広川町内で解体業者をお探しの方は、お気軽にご相談ください。

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

解体工事に関する補助金の内容や申請方法でお困りの方は、当協会が運営する『解体無料見積ガイド』へご相談ください。
解体業者のご紹介だけでなく、地域の補助金についても詳細にサポートさせて頂きます。
「1人での申請が不安」「申請先が分からない」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。