福岡県八女郡広川町の解体や除却に関する補助金・助成金

当記事では、福岡県八女郡広川町にある解体工事の補助金情報をご紹介します。
広川町には“老朽化した家屋の解体への補助金制度”が設けられており、最大で50万円の補助を受けることができます。

広川町にはその他にも“ブロック塀を解体する際の補助金制度”があり、解体工事に関連した補助金制度を利用することが可能です。
これから解体工事を考えているという方はご覧ください。

広川町で利用できる老朽危険家屋の解体に関する補助金制度

広川町にある“広川町老朽危険家屋等除却促進事業補助金”では、適切に管理されておらず景観や住環境に悪影響を与えるおそれのある老朽危険空家の除却を助成しています。

支給金額と申請期限

除却・処分に要する費用の1/2(最大50万円)が補助金額となります。

申請期限は特に明記されていません。
ただし、予算額に到達した場合受付が終了する場合もありますので、申請の前には必ず広川町のホームページをご覧ください。

申請の条件

申請には、家屋や申請者、工事の条件をすべて満たす必要があります。
なお、申請前には老朽度の判定を行う現地調査を行う必要があります。その際家屋が上広川校区にある場合は評点に15点または25点が加算されます。

  • 対象の家屋が別表での合計評点が100点以上であること
  • 対象の家屋に所有権以外の権利が設定されていないか、権利者から承諾を得ていること
  • 対象の家屋の所有者が法人でないこと
  • 対象の家屋が公共事業の補償対象となっていないこと
  • 申請者が暴力団員ないしその密接関係者でないこと

広川町老朽危険家屋等除却促進事業補助金のお問い合わせ先は、広川町役場の建設課都市計画係です。

【申請先】広川町役場 建設課都市計画係
【住所】〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1
【電話番号】0943-32-1157
【ホームページURL】
https://www.town.hirokawa.fukuoka.jp/kurashi_tetsuzuki/machizukuri_kotsu/2/1855.html
参考 広川町老朽危険家屋など除却促進事業/広川町広川町老朽危険家屋など除却促進事業/広川町

補助金を申請したい方は解体無料見積ガイドへ

解体見積ガイドバナー

解体工事に関する補助金の内容や申請方法でお困りの方は、当協会が運営する『解体無料見積ガイド』へご相談ください。

解体業者のご紹介だけでなく、地域の補助金についても詳細にサポートさせて頂きます。

1人での申請が不安
申請先が分からない」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日対応)

住宅の解体工事に関連した補助金制度

広川町には、住宅の解体工事に関連した補助金制度も存在しています。

ブロック塀の撤去に関する補助金制度

広川町の“広川町危険ブロック塀等撤去費補助金”では、大阪府北部地震のブロック塀倒壊を受け、地震などによるブロック塀の倒壊を防ぐための補助金制度を設けています。
補助金額は工事費用の1/2(限度額10万9,000円)となります。

申請には、ブロック塀等や申請者、工事の条件をすべて満たす必要があります。
なお、ブロック塀とは補強コンクリートブロック造や組積造(ブロックを積み上げて組む方式)によるブロック塀や門柱を指します。

  • 同敷地内で同補助金の交付を受けたことがないこと
  • 申請者に徴税や徴収金の滞納がないこと
  • 申請者が暴力団員ないしその密接関係者ではないこと
  • 対象のブロック塀の高さが1m以上であること
  • 対象のブロック塀等が通学路や避難路に面していること
  • 対象のブロック塀が診断カルテによって40点未満とされたもの
  • 一部のみを撤去する場合、工事後に診断カルテの得点が70点以上となるもの
  • 一部のみを撤去する場合、工事後に高さが1.2m以上かつ道路内に入らないようにすること
参考 道路に面する危険なブロック塀などの撤去費用の一部を補助します/広川町道路に面する危険なブロック塀などの撤去費用の一部を補助します/広川町

広川町で解体業者をお探しなら解体無料見積ガイドへ

広川町内の解体業者をお探しの場合は、ぜひ当協会が運営する『解体無料見積ガイド』へご相談ください。

解体見積ガイドバナー

解体無料見積ガイド』では、最大6社の解体業者から同時に見積りを取ることができます。当協会の13の審査基準をクリアした業者のみを紹介させていただき、相談や見積り、手続きの補助等にかかる費用はすべて無料です。
広川町内で解体業者をお探しの方は、お気軽にご相談ください。

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日対応)