あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【北海道苫前郡羽幌町】空き家の解体に対して、補助金が最大50万円

北海道苫前郡羽幌町では、放置状態の空き家が存在する土地の有効活用などを目的として、空き家の解体工事に最大50万円を補助しています。

空き家を解体するなら、ぜひ補助制度を活用して解体費用の負担を軽減しましょう。

補助制度の概要

最初に、空き家解体の補助金の制度概要について整理します。

補助金の目的

空き家の有効活用及び解体を促進することにより、移住定住の推進及び良好な住環境の確保等による地域の活性化を図るため

引用元:羽幌町空き家対策補助金交付要綱[PDF]

本補助制度は、利用されていない空き家の解体撤去等により、土地活用による新たな移住者・定住者の呼び込みや住民の生活環境改善を図る目的で設けられました。

補助金額

補助金額は、解体工事費の50%です。

〇解体工事費が90万円の場合
90万円×50%=45万円(※千円未満は切り捨て)

解体工事費には、解体ゴミの運搬費・処分費が含まれます。
同じ敷地内にある塀や門扉、倉庫等も対象です。

ただし、補助金の上限額は50万円です。

解体工事費が100万円を超えても、上限額の50万円までしか補助されないので注意しましょう。

注意
〇解体工事費が130万円の場合
130万円×50%=65万円(50万円を超えている)
補助金額は50万円

補助金の受付開始日と期限

本補助制度は、2016年(平成28年)4月1日から始まっています。

期限は未定ですが、他の地域では予算の上限に達して制度自体が終了している自治体もあります。
早めに申し込みましょう。

対象物件

補助対象となるのは、次の条件すべてに当てはまる建物です。

  • 人が居住する目的で建築された
  • 現在居住者がいない

対象物件は住宅として使用されていた空き家です。

居住スペースのない店舗や事務所、倉庫単体だけの場合等は対象外なので、注意してください。

対象者

補助対象となるのは、次の条件すべてに当てはまる方です。

  • 建物の法的な所有者
  • 町税や公共料金を滞納していない
  • 暴力団員や暴力団の関係者ではない

一般的に、税金を完納している建物の所有者本人であれば申請可能です。

工事の条件

建設業の許可または解体工事業の登録を受けた、羽幌町内の業者さんに工事を依頼しなければなりません。

補助金の申請方法と手続きの流れ

次に、空き家解体の補助金の申請の手順や提出物等についてお話しします。

☆事前準備

☆交付申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

交付の確定通知

☆交付請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。

流れに沿って説明します。

事前準備

まず、羽幌町への事前相談解体業者への工事設計書等の作成依頼を済ませます。

事前相談は任意です。
ただ、補助対象と認められる見込みの確認、解体跡地の活用方針決定のためにも、ぜひ相談しましょう。

補助対象になりそうな場合、工事設計書等を取得します。
工事設計書等は、解体業者さんに現地調査を経て作成してもらう必要があります。

なお、解体業者選びで迷ったら、あんしん解体業者認定協会にぜひお任せください。


解体無料見積ガイド

交付申請

準備が整ったら交付申請ができます。

次の書類を羽幌町役場に提出しましょう。

・交付申請書

その他の必要書類は、以下の通りです。

  • 空き家の現況写真(工事前の状況が確認できるもの)
  • 登記事項証明書等(所有者等と補助対象者の関係が分かる書類)

交付申請をすると、書類審査を経て交付の決定通知書が発行されます。

解体工事

交付の決定通知を受け取ったら、解体業者と契約して着工します。

工事を始めるときは、補助金関連の提出物は特にありません。
工事内容に大きな変更が発生したときに変更申請書を出します。

また、実績報告時に工事の完了写真が必要なので、解体業者に撮影を依頼しておきましょう。
なお、トラブルへの備えとして、全工程を撮影してもらうのがベストです。

実績報告

解体工事が終了したら、代金を支払って工事の実績報告を行います。

次の書類を提出してください。

・実績報告書

その他の必要書類は、以下の通りです。

  • 領収書等の写し
  • 世帯全員の住民票(必要な場合のみ)
  • 工事の完了写真
  • 産業廃棄物管理票(マニフェスト)

実績報告を済ませると書類審査等があり、不備がなければ交付の確定通知書が届きます。

交付請求

交付の確定通知書を受け取ったら、交付請求が可能です。

交付請求をすると、指定した口座に対して補助金が交付されます。

以上が、空き家解体の補助金の手続き方法です。

〇問い合わせ先
羽幌町役場
町民課 町民生活係
——————————
所在地:〒078-4198 北海道苫前郡羽幌町南町1番地の1
電話:0164-68-7003
公式サイト:「羽幌町空き家対策補助金」をご活用ください!

また、交付申請書のデータは、以下からダウンロードできます。

解体跡地にかかる税金に注意

ここまで空き家の解体工事に交付される補助金について説明しました。

ただし、解体工事を行うにあたっては、1つ注意点があります。

実は、空き家を解体して更地にすると、税金の優遇措置が受けられなくなって固定資産税と都市計画税が大幅に上がる可能性があるのです。

固定資産税と都市計画税

固定資産税と都市計画税は、どちらも所有している固定資産に対してかかる税金です。
課税対象などに若干の差異はあるものの、課税の仕組み自体はほぼ変わらず、納税もまとめて行います。

毎年1/1時点での各固定資産の評価額に応じて、課税標準額(税金計算のベース)が決定します。
通常は、評価額がそのまま課税標準額になります。

課税標準額に税率をかけ、課税額を算出します。

固定資産税=課税標準額×1.4%
都市計画税=課税標準額×0.3%
※各税率は、2019年(令和元年)8月31日時点で羽幌町が設定している数値です。(以下同じ)

住宅用地に関する課税標準額の特例措置

しかし、建物が建っていると住宅用地に関する課税標準額の特例措置が適用され、課税額が抑えられます。

住宅用地に関する課税標準額の特例措置とは?
住民の税負担を軽減する目的で導入されました。
住宅が建っている土地を対象に、固定資産税・都市計画税の課税額を減らす効果があります。

特例措置が適用されると、以下の通りに課税額の計算式が変化します。

〇固定資産税の課税額
200㎡以下の部分:課税標準額×1/6×1.4%
200㎡超の部分:課税標準額×1/3×1.4%
——————————
〇都市計画税の課税額
200㎡以下の部分:課税標準額×1/3×0.3%
200㎡超の部分:課税標準額×2/3×0.3%

上記の赤字部分が特例措置による効果です。
しかし、更地にすると特例措置の対象外となり、赤字部分が消滅して本来の課税額に戻ってしまいます。

そのため、空き家を解体すると、固定資産税・都市計画税が実質的に上がるのです。
解体跡地を更地にしたまま放置せず、すぐに売却や新築建て替え等に移行するのがオススメです。

なお、特例措置から外れると、一般的に課税額が従来の4倍程度になります。

ただし、実際には納税者の負担を考慮し、負担調整措置が適用されます。
負担調整措置により課税額は急激に上昇せず、数年にかけてなだらかに増加するように抑えられます。

参考 総務省固定資産税制度について
注意
住宅用地に関する課税標準額の特例措置は、空き家を解体しない所有者を増加させる一因となりました。
そのため、現在は行政が法律に基き、悪質な放置空き家の所有者を特例措置から外せるように変わっています。
参考 e-Gov空家等対策の推進に関する特別措置法 第15条 参考 国土交通省空家の除却等を促進するための土地に係る固定資産税等に関する所要の措置(平成27年度税制改正)(概要)
〇問い合わせ先
羽幌町役場
財務課税務係
——————————
所在地:〒078-4198 北海道苫前郡羽幌町南町1番地の1
電話:0164-68-7002
公式サイト:
固定資産税
都市計画税

まとめ

今回は、北海道苫前郡羽幌町の空き家解体の補助金についてまとめました。

空き家の解体は意外に解体費用がかさむので、補助制度を利用して金銭的負担を減らすのがオススメです。

まずは、羽幌町役場に対し、解体に関する事前相談を行いましょう。