【鹿児島県肝属郡肝付町】危険廃屋の解体で、最大30万円の助成金

元々実家であった家屋を相続後に放置してしまっているケースは多いと思います。現在の住居から離れた場所にあると、年1回の手入れすら難しいかもしれません。そこで、鹿児島県肝属郡肝付町では危険廃屋の解体助成金として最大30万円を出しています。老朽化して再利用ができない状態なら、助成金を利用して解体することを考えましょう。

危険廃屋の解体助成金の制度概要

最初に、危険廃屋の解体助成金の制度概要(助成の対象条件、助成金額)について整理したいと思います。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  1. 現在空き家かつ使用していない
  2. 建物が崩れる等により周囲を事故に巻き込む可能性がある
  3. 屋根・柱など建物の主要部分が朽ちる等により使用不可能
  4. 借金の担保等になっていない
  5. 被災物件ではない(火災・自然災害等)

基本的に、再利用ができないほど老朽化が激しい空き家が助成対象です。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  1. 対象物件の所有者(または委任を受けた方)
  2. 町税等を滞納していない

町税等は助成金の源泉です。そのため、町税等を滞納している方は助成対象外です。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  1. 建設業の許可または解体工事業の登録を受けた肝付町内の業者が行う
  2. 助成対象経費が30万円以上
  3. 公共事業等による補償対象ではない
  4. 解体完了から3年以内に建て替える予定がない

条件1より、助成を受けるためには肝付町内の解体業者に工事を依頼する必要があります。
また条件4より、建て替え目的の解体工事は助成対象外です。解体跡地の利用計画については、事前に肝付町と相談しておきましょう。

助成金額

助成金額=助成対象経費×1/3(上限額:30万円。千円未満切り捨て)

助成対象経費には、解体費・撤去費(運搬費・処分費)が入ります(消費税等含む)。
ただし、家財道具・機械・車両等の運搬費・処分費は含まれません。要注意です。

危険廃屋の解体助成金の手続き方法

次に、危険廃屋の解体助成金の手続き方法(申請の流れ、提出物等)について説明します。

☆事前準備

☆交付申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

助成金の確定通知

☆交付請求

助成金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。では、流れに沿って見ていきましょう。

事前準備

まず、肝付町との事前相談解体業者へ工事見積書の作成依頼をしてください。

事前相談では「自身が助成対象となりそうか?」「解体跡地をどうしたらよいか?」等について確認します。また、必要に応じて建物調査を依頼し、助成対象かを判定してもらいましょう。

また工事見積書は解体業者に依頼して発行してもらいます。作成のために現地調査が必要なので、なるべく立ち会いの時間を作りましょう(立ち会いをしないと細部の確認ができないので、見積もりの精度が相当悪化します)。
ちなみに、解体業者は良し悪しの見極めが非常に難しいので、選ぶときはあんしん解体業者認定協会にぜひご連絡ください。

交付申請

事前準備が終わったら交付申請を行いましょう。以下の書類を提出します。

・交付申請書(第1号様式)

〇その他の必要書類
・建物の位置図
・工事見積書
・工事着手前の現状が分かる写真
・登記事項証明書(未登記の場合のみ、固定資産税課税台帳記載事項の証明書)
・委任状(助成対象者が建物所有者ではない場合のみ)
・土地所有者の同意書(土地と建物の所有者が異なる場合のみ)

交付申請をすると審査が始まり、通った場合は交付の決定通知書(第2号様式)が発行されます。

解体工事

交付の決定通知書が届いたら、解体業者と契約を結んで着工してもらってください。
工事開始時には、助成金関連の提出物は特にありません。ただし、実績報告時に工事中と工事完了後の写真が必要です。あらかじめ解体業者に撮影を依頼しておくのを忘れないようにしましょう。

実績報告

解体工事が無事完了したら工事代金の支払って実績報告を済ませてください。以下の書類を提出します。

・実績報告書(第4号様式)

〇その他の必要書類
・請負契約書の写し
・支出証拠書類(領収書等)の写し
・廃棄物処理に関する処分証明書類(マニフェスト)の写し
・工事中と工事完了後の写真

実績報告をすると、書類審査ののち助成金の確定通知書(第5号様式)が発行されます。

交付請求

助成金の確定通知書が届いたら交付請求が可能です。次の書類を出してください。

・交付請求書(第6号様式)

この交付請求書で指定した口座に助成金が振り込まれます。

以上が、危険廃屋の解体助成金の手続き方法です。
もし分からないことがあれば、肝付町役場に問い合わせてみましょう。

肝付町役場
建設課 住宅係
〒893-1207 鹿児島県肝属郡肝付町新富98
電話:0994-65-8424
FAX:0994-65-2516

危険廃屋の解体助成金に関する情報取得

最後に、危険廃屋の解体助成金に関する情報取得について触れたいと思います。
助成金について調べる場合、まず肝付町公式サイトのチェックは欠かせません。ですが、自治体のサイトは情報量が多く、目的のページがどうしても見つけにくいものです。
そこで、危険廃屋の解体助成金ページの行き方と内容について説明します。

危険廃屋の解体助成金ページへの行き方

まず、Google等の検索サイトを利用して「肝付町」で調べ、検索結果の一覧から「ホーム/肝付町」を選択します。

これで肝付町公式サイト内に入れました。そのまま続けて「くらし・手続き」⇒「住まい・生活環境」⇒「住宅」⇒「住宅に関する補助・助成制度」⇒「危険廃屋の解体撤去」の順に選択していってください。

すると次のページが表示されます。


引用元:肝付町公式サイト

「危険廃屋解体撤去工事助成金」というのが危険廃屋の解体助成金の正式名称です。

危険廃屋の解体助成金ページの内容

危険廃屋の解体助成金(危険廃屋解体撤去工事助成金)ページでは、助成の対象条件や手続きの流れが確認できるほか、要綱(肝付町危険廃屋解体撤去工事助成金交付要綱)と手続きに必要な書類が置いてあります。

要綱では、制度詳細が条文形式で確認できます。言い回しが少々分かりづらいかもしれませんが、手続き上の細かい点まで知りたい場合等にご覧ください。
また手続きに必要な書類では、提出物のチェックができるほか、書類データのダウンロードも可能です。ご自宅で提出書類を作成してから肝付町役場に向かうことができるので、上手に活用しましょう。

まとめ

今回は、鹿児島県肝属郡肝付町の危険廃屋の解体助成金についてまとめました。空き家の解体には多額の資金が必要です。ですから、少しでも負担を抑えるために助成制度の利用をぜひ検討してみてください。
まずは、肝付町との事前相談から始めましょう。



肝付町公式サイト:危険廃屋解体撤去工事助成金

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

電話で相談する(0120-978-952)

お電話の受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)