あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

空き家の解体費用を抑える充実助成制度-大阪府池田市編

大阪府池田市では、危険な空き家の解体工事に対して補助金を40万円支給しています。

池田市で空き家をお持ちの方は、補助金制度を利用して空き家の処分を検討してみましょう。

池田市既存民間建築物除却補助金について

大阪府池田市では、空き家除去の一環として空き家の解体工事に対して補助金を支給しています。

補助金の目的

池田市では、空き家の倒壊による被害を軽減するために、空き家の解体工事費用の一部を補助しています。

池田市では、地震などの自然災害による被害の軽減や住環境の改善を目的に、倒壊する恐れのある空き家等老朽木造住宅を除却される方に対し、除却費用の一部を補助しています。

引用元:池田市ホームページ | 空き家等老朽木造住宅の除却補助について

補助金額

補助金額は、一律で40万円です。
ただし、解体費用が40万以下の場合は、解体費用の全額分を負担します。

対象となる建物

補助金の対象となる建物は以下の条件を満たしている必要があります。

  • 一戸建てか長屋建ての木造住宅
  • 昭和56年5月31日以前に建築されたもの
  • 住宅の不良度判定評点が100以上

昭和56年5月31日以前に「旧耐震基準」により建設された建物のみが対象となります。

旧耐震基準とは?
昭和56年5月31日まで適用されていた、建築における耐震基準です。
旧耐震基準では震度5強までの揺れにしか対応しておらず、耐震性が不十分であると判断できるので補助金の対象となります。
ちなみに、現在適用されている「新耐震基準」では震度7の揺れにも対応している設計になっています。

申請者に関する条件

また、補助金の申請者は以下の条件を満たしている必要があります。

  • 対象建築物の所有者であること
  • 市税を滞納していないこと
  • 年間所得が1,200万円以下なこと

解体工事に関する条件

そして、解体工事に関する条件も満たしている必要があります。

  • 建設リサイクル法の登録を受けた解体工事業者による工事であること
  • 申請年度の3月31日までに完了できる工事であること

解体工事は、建設リサイクル法の登録を済ましている解体業者さんに依頼しなくてはいけません。
もし、解体業者さん選びに迷ったら解体無料見積ガイドにご相談ください。

解体無料見積ガイドでは、建設リサイクル法の登録を済ませている業者さんだけをご紹介しています。
無料で6社見積りも取れますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付開始日と期限

現在、補助金制度の受付期限は存在しません。
ただし、補助金制度は終了や変更となるおそれがあります。
申請時は、必ずホームページを確認してください。

池田市補助金の最新情報はこちらからから

手続きの申請方法

事前協議の申請

補助金制度の申請をする場合は「除却補助事前協議書」を池田市役所の都市建設部まちづくり交通課に提出します。

書類を提出したら、市役所が住宅の不良度判定を行います。
不良度判定評定が100点を超えた場合、補助申請が可能となります。

補助金交付申請

不良度判定が100点を超えた場合、以下の書類を池田市役所の都市建設部まちづくり課に提出してください。

建物の所有者が分かる書類は、建物の登記簿謄本や固定資産税納税通知書、課税証明書などを指します。

書類について分からない事があれば、池田市役所までお問い合わせください。

【お問い合わせ】
問い合わせ先:池田市役所 都市建設部 まちづくり・交通課
住所:〒563-8666 池田市城南1丁目1番1号
電話番号:072-754-6262
ホームページはこちらから

まとめ

大阪府池田市では、空き家の解体工事に対して40万円の補助金を支給しています。

補助金申請の前には、事前協議の手続きを行い不良度判定をする必要があります。
不明点などがある場合は、池田市役所までお問い合わせください。

池田市のホームページはこちらから