千葉県八街市の改修費用と解体費用の補助金制度

本記事では、千葉県八街市で利用できる解体工事の補助金制度についてまとめています。

現在、八街市が設けている補助金制度は、耐震診断耐震改修危険ブロック塀等除去費用3制度です。

それぞれの制度について申請条件補助金額申請方法などを詳しく解説していますので、八街市で解体工事をお考えの方、耐震診断をご検討されている方はぜひご一読ください。

木造住宅の耐震化に関する補助制度

八街市では、災害に強いまちづくり推進のため、特に震災被害が大きいと想定される「平成12年5月31日以前に建築された木造住宅」の耐震診断および耐震改修工事に要した費用の一部を補助しています。

ここでは、耐震診断の際に利用できる「八街市木造住宅耐震診断費補助事業」と、耐震改修工事の際に利用できる「八街市木造住宅耐震改修費補助事業」についてご説明します。

市では災害に強いまちづくりを推進するために平成12年5月31日以前に建築または着工された木造住宅の耐震診断に要する費用の一部を補助します。
引用:八街市木造住宅耐震診断費補助事業(令和3年度) | 八街市

補助・助成金額

「八街市木造住宅耐震診断費補助事業」「八街市木造住宅耐震改修費補助事業」併用が可能です。ただし、過去に本制度を利用した耐震化を行っている場合、併用が出来ないことがあります。詳細は、八街市役所にご確認ください。

なお、補助金は下記のとおり支給されますが、その際1,000円未満は切り捨て支給されます。

【八街市木造住宅耐震診断費補助事業】

「耐震診断にかかった費用」×2/3(限度額:8万円)

【八街市木造住宅耐震改修費補助事業】

「次の(1)~(3)の費用を合計した額」(限度額:40万円)
(1)「設計にかかった費用」×2/3(限度額:4万円)
(2)「施工にかかった費用」×23/100(限度額:30万円)
(3)「施工管理にかかった費用」×2/3(限度額:6万円)

受付開始日と申請期限

申請期間は2021年6月1日から2021年12月28日までです。ただし、各事業ごと受付件数が定められており、先着順で申請を受け付けています。

令和3年度の受付件数は、「八街市木造住宅耐震診断費補助事業:20件」、「八街市木造住宅耐震改修費補助事業:5件」であり、申請期間内であっても受付件数の上限に達した場合、受付を締め切ります。

対象となる建築物

「八街市木造住宅耐震診断費補助事業」の条件に加え、特定の条件を満たした住宅のみ「八街市木造住宅耐震改修費補助事業」の対象となります。詳細は以下のとおりです。

【八街市木造住宅耐震診断費補助事業】

市内にある「平成12年5月31日以前」に建築された「木造2階建て以下」の「自宅もしくは自宅兼店舗」が対象です。

詳細は下記のとおりです。以下の全ての条件を満たす住宅が対象となります。

・八街市に所在していること
・平成12年5月31日以前に建築もしくは着工されていること
・一戸建て住宅か併用住宅(居住利用の面積が延床の半分以上)
・軸組構法、もしくは枠組壁工法で建築されていること
・木造住宅であること
・平屋もしくは2階建て以下であること
参考:八街市木造住宅耐震診断費補助金交付要綱|八街市

在来工法とは?
日本古来の建築工法を現在まで発展させた方法が「在来工法」です。具体的には、「梁と柱」を組み合わせて家を建てる工法です。なお、在来工法における耐震性確保は、筋交いを入れることで行っています。

【八街市木造住宅耐震改修費補助事業】

本事業は、「八街市木造住宅耐震診断費補助事業」の条件を満たすほか、耐震診断の結果が基準値未満(上部構造評点:1.0)の住宅でなければ利用できません。

詳細は下記のとおりです。以下の全ての条件を満たす住宅が対象となります。

・八街市に所在していること
・平成12年5月31日以前に建築もしくは着工されていること
・一戸建て住宅か併用住宅(居住利用の面積が延床の半分以上)
・軸組構法、もしくは枠組壁工法で建築されていること
・木造住宅であること
・平屋もしくは2階建て以下であること
・耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満であること
参考:八街市木造住宅耐震改修費補助金交付要綱|八街市

上部構造評点が1.0未満とは?
「2012年改訂版「木造住宅の耐震診断と補強方法」」に基づき耐震性能が判定されます。判定結果は点数で確認することができ、点数ごと下記のように規定されています。
(1)1.5以上:倒壊しない
(2)1.0以上~1.5未満:一応倒壊しない
(3)0.7以上~1.0未満:倒壊する可能性がある
(4)0.7未満:倒壊する可能性が高い

(※震度6以上の地震を想定)

申請者の条件

対象住宅に「居住中」の「所有者」が対象です。ただし、「八街市の住民基本台帳に記録」されていない方は対象外となります。また、共有者がいる場合、全員の同意を得ている必要があります。

住民基本台帳とは?
住民基本台帳は、氏名、生年月日、性別、住所などが記載された住民票を編成したものです。

工事の条件

「八街市木造住宅耐震診断費補助事業」と「八街市木造住宅耐震改修費補助事業」では、満たすべき工事の条件が異なります。ただし、いずれの事業においても契約や工事着手後の申請は受け付けてもらえないので、ご注意ください。

【八街市木造住宅耐震診断費補助事業】

「耐震診断士」が(社)日本建築防災協会の「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づき行う必要があります。診断方法は、一般診断法と精密診断法の2つの方法がありますが、一般診断で問題ありません。

・「木造住宅の耐震診断と補強方法」(国土交通省住宅局建築指導課監修、財団法人日本建築防災協会発行)に基づき行うこと
・耐震診断士が実施すること
・一般診断法又は精密診断法による耐震診断であること
・耐震診断士は、市が規定する講習を修了している者であること
参考:八街市木造住宅耐震診断費補助金交付要綱|八街市

耐震診断士とは?
建築士」であり、「市が指定する耐震診断に関する講習を修了」している方です。
一般診断法と精密診断法とは?
一般診断法:耐震改修工事の必要性を判断するために行われる耐震診断で、設計図などによる書類調査と、現地調査によって耐震性を判断します。
精密診断法:耐震改修工事の必要性の判断や改修後の耐震性能の評価のために行われる耐震診断で、設計図などによる書類調査と、現地調査によって耐震性を判断します。精密診断法では、必要に応じて天井や壁を剥がして調査することがあります。

【八街市木造住宅耐震改修費補助事業】

「耐震診断士」が設計した設計図のもと行われる、「耐震改修後の上部構造評点が1.0以上」にする工事でなければなりません。なお、工事中の監理は「耐震診断士(設計担当者以外も可)」が行う必要があります。

・改修工事後の判定値を1.0以上にすること
・耐震性能の向上を目的として実施する補強工事を含む改修工事であること
・市が規定する基準をクリアした者が設計・監理を行うこと
引用:八街市木造住宅耐震改修費補助金交付要綱|八街市

申請に必要な書類と申請先

「八街市木造住宅耐震診断費補助事業」と「八街市木造住宅耐震改修費補助事業」は、申請手順や申請書類も異なります。詳細は次のとおりです。

なお、「★」がついている書類については、依頼した会社に用意してもらう必要があります。忘れずに依頼するようにしてください。

【八街市木造住宅耐震診断費補助事業】

「八街市木造住宅耐震診断費補助事業」の利用を検討されている方は、以下の必要書類を用意し平日8時30分~17時00分の間で八街市役場までお越しください。窓口で申請を受け付けています。

なお、補助金申請書は八街市公式ホームページからダウンロードすることが可能です。

  • 補助金等交付申請書
  • 木造住宅の登記事項証明書その他の当該木造住宅の所有者が確認できる書面
  • 住民票の写し。ただし、住民基本台帳を確認することに同意した場合は、省略することができる。
  • 木造住宅の建築確認通知書の写し又は当該木造住宅の建築年月日が確認出来る書面
  • 耐震診断に係る見積書の写し(★)
  • 住耐震診断士の建築士免許証及び耐震診断に関する講習の修了書の写し(★)
  • その他市長が必要と認める書類
引用:八街市木造住宅耐震診断費補助金交付要綱|八街市

耐震診断実施後は、「診断完了日から30日以内」または「申請年度の3月31日」のいずれか早い日までに、次の書類を揃えて八街市役場にご提出ください。その後、指定の口座に補助金が振り込まれます。

  • 耐震診断結果報告書(★)
  • 耐震診断の実施に関する契約書の写し(★)
  • 耐震診断に要した費用の領収書の写し
引用:八街市木造住宅耐震診断費補助金交付要綱|八街市

【申請先】八街市役所 都市計画課
【住所】〒289-1192 千葉県八街市八街ほ35番地29
【電話番号】043-443-1430
参考 八街市耐震診断・耐震改修・危険ブロック塀等除却費を補助します

【八街市木造住宅耐震改修費補助事業】

「八街市木造住宅耐震診断費補助事業」の利用する場合、(1)交付申請、(2)設計完了の報告、(3)実績報告、の対応を要します。まずは、(1)交付申請のため、以下の必要書類を用意し平日8時30分~17時00分の間で八街市役場までお越しください。

  • 補助金等交付申請書
  • 木造住宅の登記事項証明書その他の当該木造住宅の所有者が確認できる書面
  • 住民票の写し。ただし、住民基本台帳を確認することに同意した場合は、省略することができる。
  • 木造住宅の建築確認通知書の写し又は当該木造住宅の建築年月日が確認出来る書面
  • 耐震診断の結果報告書の写し(★)
  • 補助対象経費に係る見積書の写し(★)
  • 設計・監理者の耐震診断に関する講習の修了証の写し(★)
  • その他市長が必要と認める書類
引用:八街市木造住宅耐震改修費補助金交付要綱|八街市

耐震改修にかかる設計が完了した際には、できるだけ早く「(2)設計完了の報告」をする必要があります。報告は、以下の書類を窓口に提出することで完了します。

  • 耐震改修工事の設計図書等の写し(★)
  • その他市長が必要と認める書類
引用:八街市木造住宅耐震改修費補助金交付要綱|八街市

耐震改修についても「八街市木造住宅耐震診断費補助事業」と同じく、「工事完工日から30日以内」または「申請年度の3月31日」のいずれか早い日までに、次の書類を揃えて八街市役場に提出する必要があります。その後、指定の口座に補助金が振り込まれます。

  • 耐震改修工事を行った箇所ごとに、工事着手前、工事施工中並びに工事完了後の状況を撮影した写真及びその撮影場所を明記した図面(★)
  • 補助対象経費に係る契約書の写し及び領収書の写し
  • 耐震改修工事監理報告書
  • 耐震改修工事の竣工図等
  • その他市長が必要と認める書類
引用:八街市木造住宅耐震改修費補助金交付要綱|八街市

【申請先】八街市役所 都市計画課
【住所】〒289-1192 千葉県八街市八街ほ35番地29
【電話番号】043-443-1430
参考 八街市耐震診断・耐震改修・危険ブロック塀等除却費を補助します

八街市危険ブロック塀等除却費補助事業

制度の目的と概要

八街市では、震災時の避難路の確保や震災被害軽減を目的として、倒壊の恐れがあるブロック塀の撤去にかかる費用の一部を補助しています。

市では地震発生時に市民の生命及び身体を守ることを目的とし、倒壊の恐れがあるブロック塀等の除却に要する費用の一部を補助します。
引用:八街市危険ブロック塀等除却費補助事業(令和3年度)|八街市

補助・助成金額

ブロック塀の撤去に関する他の補助金制度を併用することは出来ません。補助金制度の併用を検討されている方は、八街市にご相談ください。補助・助成額は次のとおりです。

「ブロック塀撤去にかかった費用」×2/3(上限額:10万円
※1,000円未満の端数は切り捨て

受付開始日と申請期限

本制度の申請期間は2021年6月1日~2021年12月28日までです。
なお、受付件数は先着10件のみ。上限に達した場合申請期間内であっても受付は締め切られます。

対象となる建築物

本制度は、「市内の公道に面している」ブロック塀のうち、高さが「1.2m以上」で「道路境界線までの水平線以上」の「危険なブロック塀」が対象となります。

詳細は以下のとおりです。全ての条件を満たすブロック塀のみ、本制度を利用して撤去することが出来ます。

・八街市にある道路に面して設置されていること
・道路面からの高さが1.2メートルを超えていること
・道路面からの高さが道路境界線までに水平距離以上であること
・コンクリートブロック造、石造、れんが造であること
参考:八街市危険ブロック塀等除却費補助金交付要綱|八街市
ブロック塀とは?
クリートブロック造、石造、れんが造、その他の組積造による塀のことです。
参考:八街市危険ブロック塀等除却費補助金交付要綱|八街市

申請者の条件

対象のブロック塀の「所有者(法人不可)」もしくは「管理者」の方が本制度の申請対象者です。ただし、撤去後に土地や建物の売却を予定している方は対象外となります。

詳細は以下のとおりです。以下の条件を全て満たす方のみ、本制度を利用することができます。

・危険ブロック塀等を個人で所有、もしくは管理していること
市で実施している同様の制度による補助金等を受けていないこと
・土地又は建物の販売を目的としていないこと
参考:八街市危険ブロック塀等除却費補助金交付要綱|八街市

工事の条件

本制度は、「交付決定後の工事着工」が工事条件となっています。また、工事着手前には、八街市役所が派遣する担当者による「立ち会い確認」が必要です。

詳細は以下のとおりです。条件を全てクリアした工事を行う必要があります。

・補助金の交付決定後に着工されるものであること
・除却を実施する前に、立会いを受けていること
参考:八街市危険ブロック塀等除却費補助金交付要綱|八街市

申請に必要な書類と申請先

本制度の利用を検討されている方は、次の書類を揃えて八街市役所窓口にご提出ください。申請に必要な書類の一部は、八街市のホームページからダウンロードすることができます。

なお、「★」がついている書類に関しては、施工会社に用意してもらう必要があるので、ご確認ください。

  • 補助金等交付申請書
  • 危険ブロック塀等の所有者又は管理者が確認できる書類
  • 案内図
  • 住民票の写し
  • 危険ブロック塀等の除却前の状況を明らかにする写真
  • 危険ブロック塀等の除却に要する費用の見積書の写し(★)
  • 危険ブロック塀等の除却の内容を明らかにする図面
  • その他市長が必要と認めるもの
引用:八街市危険ブロック塀等除却費補助金交付要綱|八街市

また、ブロック塀を撤去した日から30日以内または補助金の交付が決定した年度の3月10日のうち、どちらか早い期日までに、八街市への実績報告が必要になります。以下の書類を揃えて八街市役所にお越しください。実績報告確認後、指定の口座に補助金が振り込まれます。

  • 危険ブロック塀等の除却を行った箇所の工事施工前、工事施工中及び工事施工後の状況を撮影した写真及びその撮影場所を明記した図面(★)
  • 契約書及び領収書の写し(★)
  • その他市長が必要と認めるもの
引用:八街市危険ブロック塀等除却費補助金交付要綱|八街市

【申請先】八街市役所 都市計画課
【住所】〒289-1192 千葉県八街市八街ほ35番地29
【電話番号】043-443-1430
参考 耐震診断・耐震改修・危険ブロック塀等除却費を補助します - 千葉県八街市ホームページ耐震診断・耐震改修・危険ブロック塀等除却費を補助します - 千葉県八街市ホームページ

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

「補助金制度の内容がよく分からない」「申請方法が合っているか知りたい」とお困りの方は、当協会(あんしん解体業者認定協会)が運営する『解体無料見積ガイド』へご相談ください。

『解体無料見積ガイド』では、解体業者のご紹介だけでなく、各地域の補助金についてのご説明や申請のサポートも行っています。
八街市内で解体業者をお探しの方はもちろん、補助金の申請をお考えの方もご利用いただけますので、ぜひご活用ください。