宮城県東松島市の改修費用と解体費用の補助金制度

補助金_東松島市

こちらの記事では、宮城県東松島市における解体や改修にともなう家の補助金制度について情報をまとめました。地震対策の耐震改修工事や、危険なブロック塀の除却工事など、東松島市で対象となる補助金は全部で2つです。
家の安全性に不安のある方は、早速チェックしてみてください。

木造住宅耐震化助成事業

制度の目的と概要

旧耐震基準(昭和56年5月31日以前)で建てられた住宅は、現在と安全基準が異なるため地震に対しての安全性が確保されていない場合があります。そのような住宅では地震から身を守るために、建物の安全性を確認することや、安全性が不足している場合は補強工事をおこなうことが勧められています。東松島市では、地震に対する安全性を確認するための耐震診断と、安全性が不足していた住宅を補強するための耐震改修工事に対し、費用の一部を負担する補助金制度を設けています。

対象となる建築物

対象となる建築物は、それぞれ下記を全て満たす建物となります。

【耐震診断】
昭和56年5月31日以前に建てられた木造の戸建て住宅
・過去に東松島市(旧町含む)の助成による耐震一般診断または耐震精密診断を行っていない住宅
【耐震改修工事】
・耐震診断の結果、「上部構造評点が1.0未満」又は「地盤・基礎の重大な注意事項あり」と判定された住宅
昭和56年5月31日以前に建てられた、東松島市に現存する戸建て住宅
・在来軸組構法または枠組壁構法で建てられた、平屋建てから3階建てまでの木造住宅

申請者の条件

申請者は、住宅の所有者過去にこの補助金の交付を受けていない方が対象となります。

工事の条件

工事は、下記の条件を満たす必要があります。

【耐震診断】
東松島市が派遣した耐震診断士による「一般診断」と、地震に対する安全性を確保するための「改修計画」であること

【耐震改修工事】
・壁や接合部、基礎の補強、腐朽・劣化部分の改修、建物の軽量化をはかるための工事であること
・改修工事後の耐震診断の上部構造評点が1.0以上となる工事であること
東松島市内で住宅を建替える工事であること

受付開始日と申請期限

申請の受付期間は、令和3年4月12日(月)から令和3年12月10日(金)までとなります。
ただし、期間内でも予算に達し次第、受付は終了となります。

補助・助成金額

補助金の費用は、下記の通りです。

【耐震診断】
住宅の耐震診断にかかる費用のうち、8,400円の自己負担額となります
(住宅の規模により割増となる場合があります)

【耐震改修工事】
耐震改修工事にかかる費用の4/5の額、且つ100万円が上限となります
※改修工事と同時に10万円以上のリフォームをおこない、且つ宮城県内に事業所がある建設業者等に工事を依頼する場合は、下記の補助金額が上乗せとなります。
上乗せ金額:耐震改修工事費の2/25の額、且つ10万円の上限額

申請に必要な書類と申請先

耐震診断、耐震改修工事それぞれの申請に必要な書類は下記となります。書類は、東松島市のホームページよりダウンロードができます。

耐震診断

  • 東松島市木造住宅耐震診断助成事業申込書(様式第1号)
  • 木造住宅耐震診断士派遣事業による耐震診断(簡易耐震診断)を受けたことがある場合は、その結果通知書の写し
  • その他、市長が必要と認めるもの
耐震改修工事

  • 東松島市木造住宅耐震改修工事助成事業申込書(様式第1号)
  • 耐震診断結果報告書の写し(耐震改修計画書と図面も含む)
  • 東松島市木造住宅耐震改修工事助成事業補助金交付申請書(様式第3号)
  • 耐震改修設計図書(仕様や金物も記載されている、耐震改修の詳細がわかる図面など)
  • 耐震改修工事の見積書の写し

書類の準備ができましたら、下記までご提出ください。

【申請先】東松島市・建築住宅課建築係
【住所】〒981-0303宮城県東松島市小野字新宮前5東松島市役所鳴瀬庁舎
【電話番号】0225-82-1111
参考 耐震化・ブロック塀に関する助成事業 - 東松島市公式WEBサイト東松島市公式WEBサイト

宮城県東松島市の解体業者をお探しなら

東松島市で解体業者をお探しでしたら、当協会の運営する解体無料見積ガイドをぜひご利用ください。解体工事のノウハウが豊富な専属オペレーターが、あなたにピッタリの業者をご紹介させていただきます。
補助金の申請方法不用品の処分方法など、解体工事にまつわる様々なお悩みにも対応しています。ご相談は無料ですので、ぜひお気軽にご連絡ください。

解体見積ガイドバナー

危険ブロック塀等除却事業

制度の目的と概要

ある程度の高さがあるブロック塀等は、地震などにより倒壊するリスクがあります。
特に、通学路に面している場合や、避難路に面している場合などは被害を拡大化させる恐れがあるため、持ち主は適切な方法で管理、または除却をおこなう必要があります。東松島市では、そのような危険なブロック塀等を除却する場合と、除却跡地に塀などを新設する場合に、工事費用の一部を補助する制度を設けています。

対象となる建築物

対象となる建築物は、下記を全て満たすコンクリートブロック造、石造、れんが造など組積造の塀、および門柱です。

・道路からの高さが1m(擁壁上の場合は0.6m)以上の建築物
・市がおこなう現地調査において、危険と判定された建築物

除却跡地に設置する塀等は、以下のいずれかに該当するものとなります。

生け垣の場合は、高さ1m以上の苗木を50㎝以下の間隔で植栽し、支柱などで適切に固定すること
フェンス・板塀の場合は、高さ60㎝以上のものを設置し、基礎などで適切に固定すること
ブロックを利用したフェンスや板塀などの場合は、道路からのブロック天端までの高さは概ね60㎝以下であること

申請者の条件

申請者は、ブロック塀等の所有者の方が対象となります。

工事の条件

工事は、下記の条件を満たす必要があります。

撤去事業は、ブロック塀等を完全に除却する工事であること
塀等設置事業は、除却跡地に塀等を設置する工事除却事業と同時におこなうこと(設置事業のみは補助金の対象外となります)

受付開始日と申請期限

申請の受付期間は、令和3年4月1日(木)から令和3年12月10日(金)までとなります。
ただし、期間内でも予算に達し次第、受付は終了となります。

補助・助成金額

避難路に面している場合と、通学路に面している場合で補助金の金額が異なります。
避難路に面している場合の補助金は、下記の通りです。

下記3つのうち、いずれか低い額が対象となります
1.道路側からのブロック塀等の「見付面積(1㎡あたり)×1万円」で算出する額
※鉄製フェンスとの混用塀の場合は鉄製フェンス部分は「見付面積の1/2」、門柱の場合は「表面積の1/2」で算出したうえで上記を計算すること
2.補助対象経費(除却工事費用と塀等を新設する場合も含む)の5/6の額
3.上限額である37万5千円

通学路に面している場合の補助金は、下記の通りです。

【撤去事業】
下記2つのうち、いずれか低い額が対象となります
1.道路側からのブロック塀の「見付面積(1㎡当たり)×4千円」で算出する額
※鉄製フェンスとの混用塀の場合は鉄製フェンス部分は「見付面積の1/2」、門柱の場合は「表面積の1/2」で算出したうえで上記を計算すること
2.上限額である15万円
【撤去後の塀等設置事業】
下記2つのうち、いずれか低い額が対象となります
1.「設置するフェンス等のメートル単価×1/3(上限4千円)」で算出する額
2.限度額である10万円

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は下記の通りです。書類は、東松島市のホームページよりダウンロードができます。

  • 東松島市危険ブロック塀等除却事業補助金交付申請書(様式第1号)
  • 位置図
  • 計画概要書
  • 2方向から撮影した工事前のブロック塀の写真
  • 見積書

書類の準備ができましたら、下記までご提出ください。

【申請先】東松島市・建築住宅課建築係
【住所】〒981-0303宮城県東松島市小野字新宮前5東松島市役所鳴瀬庁舎
【電話番号】0225-82-1111
参考 耐震化・ブロック塀に関する助成事業 - 東松島市公式WEBサイト東松島市公式WEBサイト

解体工事に関する補助金でお困りの方は

こちらの記事では、宮城県東松島市における解体や改修にともなう補助金について、ご紹介をさせていただきました。
いざ解体工事をおこなうことになった場合、どのように工事を進めればいいかわからずお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような時は、当協会の運営する解体無料見積ガイドをぜひご利用ください。

解体見積ガイドバナー

解体業者のご紹介はもちろんのこと、補助金の申請方法解体工事の手順についてなど、解体工事にまつわる様々なご相談に対応しています。
地域ごとに特化した専任オペレーターが、一人ひとりの状況に寄り添って親身にご案内させていただきます。解体工事が初めての方や工事が不安な方は、ぜひご連絡ください。