北海道上川郡美瑛町の解体と改修にともなう家の補助金制度

解体工事や改修工事はどうしても費用が高額になりがちなので、予算が心配になりますよね。中には、少しでも費用を抑えて工事を済ませるために、利用できる補助金制度を探している方も少なくないでしょう。そこで、この記事では解体工事や改修工事にともなって利用できる、美瑛町の補助金制度をいくつかピックアップしてご紹介していきたいと思います。

美瑛町空き家住宅解体助成金

制度の目的と概要

美瑛町では安全なまちづくりや不動産の流動化、定住化の促進を目的として、町内で老朽化の進んだ住宅等を解体する際に費用の一部を負担する取り組みを行っています。

美瑛町内の用途地域内に存在する空き家で、建築後40年を経過した住宅等の解体に係る費用の一部を助成することにより、安全安心な生活を守ること並びに、不動産の流動化を図り、定住化の促進に繋げる事業です。

美瑛町空き家住宅解体助成金|美瑛町

対象となる建築物

美瑛町の用途地域内にある空き家のうち、筑後40年を経過した専用住宅および共同住宅、長屋住宅、併用住宅が対象です。なお、併用住宅は延床面積の1/2以上が住宅として利用されている場合のみ対象です。

ただし、いずれも空き家となってから概ね1年以上が経過している住宅に限られます。また、この補助金制度以外に建物の除却に伴う補助金制度を利用している場合は対象になりません。

申請者の条件

対象の空き家等を所有している個人が対象です。法人は対象になりません。
なお、空き家の所有者が死亡している場合は相続人が対象です。また、申請の対象者は以下の項目を全て満たしている必要があります。

・町税などの滞納がない
・申請者および同じ世帯内でこの補助金制度を利用した方がいない
・暴力団員に該当していない

工事の条件

空き家等を全て除却して更地にする工事が対象です。車庫や物置などの部分的な撤去や、敷地内に建物等が一部残る場合は対象になりません。
また、対象の工事は以下の項目を全て満たしている必要があります。

・解体工事を行うために必要な資格、および美瑛町の事業において入札参加資格がある業者が工事を行う
・解体工事が未着手

なお、新たに土地付きの空き家を購入して建て替えをする場合を除いて、建て替えに伴う解体工事は対象になりません。

補助・助成金額

補助金額は、施工を行う業者が町内の業者かどうかによって異なります。
それぞれの金額は以下のとおりです。

町内解体業者町外解体業者
助成率上限額助成率上限額
1/240万円1/330万円

なお、1,000円未満の端数が出た場合は切り捨てになります。

申請に必要な書類・申請先

申請手続き、ご相談は以下の窓口までお問い合わせください。

【申請先】美瑛町役場建設水道課建築係
【住所】〒071-0292 北海道上川郡美瑛町本町4丁目6番1号
【電話番号】0166-92-4460
参考 建築・開発行為|北海道美瑛町北海道美瑛町

美瑛町の解体業者をお探しなら

美瑛町で解体業者さんをお探しの方は、ぜひ当協会が運営する『解体無料見積ガイド』にご相談ください。

解体見積ガイドバナー

解体無料見積ガイド』は、解体工事が初めての方にも、適正価格のお見積りをスムーズに取得していただくため、お客様と解体業者さんを無料でお繋ぎするサービスです。

これまで7万5,000人以上の方たちにご利用いただいたお見積りデータをもとに、地域ごと専任のスタッフが、お問い合わせいただいたお客様にピッタリの業者さんを無料にてご案内しています。
お近くで解体業者さんをお探しの方はお気軽にご相談ください。

美瑛町既存住宅耐震改修費補助金

制度の目的と概要

美瑛町では、耐震基準を満たさない住宅の耐震改修工事を行う場合、改修に掛かる費用の一部を負担する取り組みを行っています。

既存住宅の耐震改修の促進を図り、地震発生時の住宅の倒壊等による被害を軽減する事業です。既存住宅の耐震改修工事が対象で30万円を限度に助成します。

美瑛町既存住宅耐震改修費補助金|美瑛町

対象となる建築物

1981年(昭和56年)5月31年以前に着工された住宅で、以下の項目を全て満たすものが対象です。

・耐震診断の結果、現行の耐震規定と同程度の性能を満たさないと判断された住宅で、戸建て、長屋、併用住宅および共同住宅のいずれかに該当するもの
※店舗併用住宅は、床面積のうち住宅部分が1/2未満の場合も対象
・耐震改修工事を行おうとしている方が所有しており、ご自身の居住用に使っている既存住宅
※区分所有などの場合は管理組合の議決等が必要
・建築基準法その他関係法令に、明らかな法令違反がない

申請者の条件

申請にあたっては、町税などを滞納していないことが条件です。

工事の条件

耐震診断の結果、倒壊の危険性があると判断された既存住宅の耐震改修工事が対象です。

改修の内容は耐震関係の規定もしくは、国土交通大臣が定める基準に適合している必要があります。なお、申請時には耐震診断の結果と、改修計画書の提出が必要になるので合わせて確認をしてもらいましょう。
また、改修工事は美瑛町内に本店がある事業者に依頼する必要があります。業者選びの際はご注意ください。

補助・助成金額

補助金額は対象になる工事費の額によって異なります。
それぞれの金額は以下のとおりです。

対象になる工事費補助金額
20万円未満対象経費の額
20万円以上200万円未満20万円
200万円以上300万円未満対象経費の10%
300万円以上30万円

申請に必要な書類・申請先

補助の申請に必要な書類は以下のとおりです。
なお、申請に必要な書類は美瑛町のホームページからもダウンロードできます。

  • 美瑛町既存住宅耐震改修費補助金申込書
  • 耐震診断報告書
  • 改修計画書
  • 位置図、配置図、平面図、立面図等(改修内容の詳細が把握できるもの)
  • 補強後の想定耐震診断報告書
  • 耐震改修工事費見積内訳書
  • 外観写真2面以上(既存住宅)
  • 納税証明書
  • その他必要なもの
【申請先】美瑛町役場建設水道課建築係
【住所】〒071-0292 北海道上川郡美瑛町本町4丁目6番1号
【電話番号】0166-92-4460
参考 建築・開発行為|北海道美瑛町北海道美瑛町

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

当協会が運営する『解体無料見積ガイド』では、解体工事に伴う補助金制度を検討している方のご相談をお待ちしております。

「補助金が利用できる業者の探し方が分からない」など、業者さんの手配でお困りの方には、お近くの業者さんを無料でご紹介しております。いずれの業者さんも、当協会が定める独自の厳しい審査基準を満たした優良な業者さんばかりです。気になる方は、ぜひお問い合わせください。