北海道雨竜郡秩父別町の改修費用と解体費用の補助金制度

雨竜郡秩父別町

雨竜郡秩父別町では、個人住宅の耐震改修費を一部補助しています。
本記事では、この耐震改修費用の助成費用について詳しく解説していますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

個人住宅の耐震改修費用助成

制度の目的と概要

秩父別町では、地震によって被害を受ける住宅を減らすため、個人住宅の耐震改修工事費を補助する制度があります。

町では地震災害の被害軽減のため、秩父別町内にある個人住宅の耐震改修工事費の一部を助成します。
引用:個人住宅の耐震改修費用助成のご案内|秩父別町

対象となる建築物

下記の要項全てに該当する住宅が、補助金の交付対象です。

・耐震診断において倒壊の危険性があると判断された
昭和56年5月31日以前に着工した
木造専用住宅併用住宅の居住用の部分

なお、共同住宅や寄宿舎などは対象外となります。

申請者の条件

補助金の申請ができるのは、下記全ての条件を満たした方のみです。

住宅の所有者賃借人
・秩父別町に住民票がある
・今現在居住している(賃借人の場合は、工事終了後すぐ居住できる)
・本人と同居家族が地方税を滞納していない

工事の条件

耐震改修工事を行うには、工事前の耐震診断が必須です。

耐震診断は、北海道空知総合振興局が行っているので、必ず実施してください。
また、500㎡以下の2階建てまでの住宅設計図面がある場合は、無料で耐震診断ができます。

受付開始日と申請期限

受付開始日と申請期限は、現在設けられていません
ただし、今後もずっと申請期限がないとは限りません。確実に申請するためにも、申請前には必ず秩父別町のホームページを確認しましょう。

補助・助成金額

補助金の額は、30万円を上限とした耐震改修工事費(消費税を除く)の1/5(千円未満切り捨て)です。
ただし、補助金の適用は同一の住宅または同一の申請者に対して原則1回のみです。

申請に必要な書類と申請先

耐震診断において倒壊の危険性があると判断された場合は、助成申請書添付書類工事の着手14日前までに提出してください。

なお、具体的な申請方法や添付書類については、秩父別町役場のスタッフが説明してくれます。
何か分からないことがありましたら、秩父別町役場へお問い合わせください。

【申請先】秩父別町役場 建設課建設グループ
【住所】〒078-2192 北海道雨竜郡秩父別町4101番地
【電話番号】0164-33-2111
参考 個人住宅の耐震改修費用助成のご案内|住まい|くらし・手続き|秩父別町個人住宅の耐震改修費用助成のご案内|住まい|くらし・手続き|秩父別町

秩父別町の解体業者をお探しなら

秩父別町で解体業者をお探しの方は、ぜひ当協会が運営する『解体無料見積ガイド』のご利用をオススメします。

解体見積ガイドバナー

解体無料見積ガイド』は、その名の通り無料で解体業者をお見積りするサービスで、お客様の立地条件等を考慮して最大6社までご紹介しています。
また、ご紹介する業者は、全て当協会が定めた13の審査基準をクリアした優良な業者のみです。
「近隣に配慮した工事をしてほしい方」、「安く工事を済ませたい方」など、しっかりヒアリングしたうえでご紹介させていただきますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

当協会の『解体無料見積ガイド』では、現地調査の手配からに補助金の相談にお断り連絡まで、解体に関することなら何でも取り扱っています。

もちろん全て無料となりますので、解体工事に関する補助金について知りたい方や、解体後の滅失登記の仕方について教えてほしい方も、どうぞご遠慮なくご相談ください。