茨城県常陸太田市の改修費用と解体費用の補助金制度

茨城県常陸太田市には、家屋の耐震化に関する補助金制度が2つあります。本記事では、そのうち一つの「木造住宅耐震改修等費用助成」についてご紹介いたします。

「震災に備えて耐震化を検討している」という方は、ぜひ本記事を参考にして補助金を利用して賢く耐震改修を進めてください。

それでは、さっそく概要から申請方法までチェックしていきましょう。

常陸太田市木造住宅耐震改修助成金

制度の目的と概要

常陸太田市では震災に備えるため、震災時に倒壊する危険性の高い木造住宅を対象に耐震改修費を助成しています。
また、10戸に限り自己負担2,000円での耐震診断士の派遣制度も実施しています。

市では震災に強いまちづくりの推進を目的として,木造住宅にお住まいの方を対象に耐震診断士の派遣および耐震改修費補助を実施いたします。
引用:木造住宅耐震診断関連事業を行います|常陸太田市

補助・助成金額

耐震改修工事に掛かった費用」の4/5の額(上限100万円)

受付開始日と申請期限

申請は随時受け付けています。

開庁時間は、午前8時30分から午後5時15分まで(月曜日から金曜日)になりますので対応の時間に訪庁ください。
なお、補助事業は予告なしで終了する可能性もございますので、あらかじめ申請前に常陸太田市のホームページをご確認ください。

対象となる建築物

常陸太田市にある2階建て以下の木造住宅のうち、1981年以前に着工された在来軸組工法・枠組壁工法の住宅であり、耐震診断によって上部構造評点が1.0以下の建物であるか改修計画で上部構造評点が0.3以上上昇し1.0以上となる工事を行うものが対象となります。
また、基本的に建築基準法の建築確認を受けて建築された住宅が対象です。
なお、延床面積30㎡以下かつ面積の半分以上が住宅として利用されていることも前提条件となります。

・市内の一戸建ての木造住宅
・昭和56年5月31日以前に着工されたもの
・2階建て及び平屋建て,延床面積30平方メートル以上
・店舗との併用住宅の場合は,住宅部分の延床面積が全体の延床面積の2分の1以上
・在来軸組工法及び枠組壁工法で建てられたもの
・建築基準法第6条第1項に規定する建築確認を受けて建築された木造住宅
  (※ただし,都市計画区域外(常陸太田市の一部)においてはこの限りではありません)
・耐震診断(一般診断,精密診断)を受けたもの(一般耐震診断における上部構造評点が1.0未満であること)または,耐震診断士・建築士の作成した一定の基準を満たした設計図書等に基づく耐震計画であるもの(一般耐震診断における上部構造評点が改修前に比して0.3以上上昇かつ評点1.0以上となること)
・耐震計画に基づく耐震改修であるもの
引用:木造住宅耐震診断関連事業を行います|常陸太田市

申請者の条件

常陸太田市に対象の住宅を持っていることが条件です。
加えて、同居されている方も含み、市税の滞納があってはいけません。

・対象となる住宅の所有者で市税等を滞納していない方。(同居者も含む)
引用:木造住宅耐震診断関連事業を行います|常陸太田市

工事の条件

基本的に、年度をまたいでの工事を行わないことが条件です。年度内に工事が完了しない場合は、市役所と相談することになると思われます。
また耐震改修は、耐震計画に基づき行われる必要があります。

・原則,単年度で事業が完了すること
引用:木造住宅耐震診断関連事業を行います|常陸太田市

申請に必要な書類と申請先

茨城県常陸太田市のホームページ上に必要書類の明記が無いので、まず申し込みを行う際や必要書類をご確認する際は下記の連絡先にお問い合わせださい。

【申請先】常陸太田市役場 建築住宅課 建築開発指導室
【住所】〒313-0016 茨城県常陸太田市金井町3690
【電話番号】0294-72-3111
参考 常陸太田市木造住宅耐震診断関連事業を行います

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

あんしん解体業者認定協会が運営する『解体無料見積ガイド』では、お客様のご要望に沿った解体工事をしていただくためにあらゆるサポートを致します。
補助金制度を利用した解体工事や、常陸太田市以外での補助金制度についても詳しく説明することが可能です。
もちろん、今回紹介した補助金や別の制度を利用した解体工事についても対応可能ですので、なにかございましたらお気軽に『解体無料見積ガイド』にお問い合わせください。