【東京都板橋区】木造家屋の解体工事費用。当初の見積りより10万円も削減できました

解体着工前の写真

今回解体工事を行ったのは、新築を建てる計画をしていた東京都板橋区の中村さん。
中村さんは元々板橋区に住んでおり、以前から土地を探したり調べたりする中で、やっと目ぼしい土地が見つかりました。

それが、今回解体工事をする木造家屋のあった土地でした。
新築費用もあるので、「解体工事の費用は安く抑えたい!」と思い始まった解体業者探し。

果たして、板橋区の中村さんは安い費用で解体工事をすることができたのでしょうか。

家屋の状況と住宅メーカーの見積り

着工前の家屋

購入する板橋区の土地に建っていたのは、築40年程の古屋で木造2階建て延べ面積18坪程度です。
付帯工事は、敷地内に大きな樹木が数本と倉庫と塀があり、道路との高低差が若干あるという状況でした。

住宅メーカーは全部で6社程検討したそうですが、デザイン・価格・耐震構造等を考慮してそのうちの1社の住宅メーカーに絞り、話を進めていくことにしました。

住宅メーカーの担当者に言われた見積り

住宅メーカーの担当者からは、「木造家屋と付帯工事を合わせて80万円くらいで解体できるのでは?」と口頭で言われていましたが、実際に見積書で出てきた金額は100万円を少し下回るくらいの金額でした。

住宅メーカーの担当者の中にも、特に根拠がないまま「だいたいいくら」ということを口にする方も多いそうなので注意が必要です。

しかし、中村さんは最初に言われた「80万円」のインパクトがとても残ってしまい、少しでも解体工事の費用を抑えたいという気持ちが強くなっていきました。

住宅メーカーの方からも、解体工事は自分で探した業者でやっても良いと言われていたので、なるべく安く工事を行ってくれる解体業者を探すことにしたのです。

解体業者による現地調査からの見積り、決定までの流れ

購入する板橋区の土地の家屋の解体業者を自分で探すことにした中村さん。
どうやって解体業者を決めたのでしょうか。

3社の解体業者に見積りを依頼

まずネットで調べ始め、解体の見積り比較サイトで何社かの見積りを取ることにしました。
板橋区と足立区、そして埼玉県の3社の解体業者さんを紹介してもらい、その3社と現地で立会いを行いました。

三者三様で各解体業者の特色があったようですが、中村さん曰く、どの解体業者も工事方法や工程など説明はしっかりしていて、とても慣れていたので、どの業者に頼んでも問題はなさそうだな、という印象を持ったといいます。
あとは解体工事の費用をどこまで頑張ってくれるかが問題でした。

数日が経過し、3社の見積書が郵送で自宅に届きました。
解体工事の費用が1番高い解体業者さんで100万円ちょうど、真ん中の業者さんが約94万円、一番安い業者さんで約90万円でした。

最初に住宅メーカーから聞いていた80万円までは届きませんでしたが、約10万円は安くなったので、約90万円で見積もりをして頂いた足立区の解体業者さんにすぐ依頼をして工事の段取りを組んでもらいました。

費用がかさむポイントはどこにある?

今回の板橋区の木造2階建ての家屋において、ブロック塀も解体し、幸い重機を入り込めるスペースもありましたが、重機が入らないスペースでの工事となると、業者側に手間がかかることもあり、費用がかさんでしまう要因になります。

また、生い茂った樹木を撤去することも費用がかさむポイントです。竹などがある場合は特に、予めお伝えしておいた方がよいでしょう。

解体工事着手から完了まで

いよいよ工事着工です。
養生シートで家を囲み、周囲の家に破片などが飛んでいかないよう対策をとります。
こちらは、散水をしている様子です。

散水をしながら、工事を行っている様子埃がまわないよう、配慮していきます。

こちらは樹木を撤去している写真です。

樹木を取っている様子撤去した樹木は、このようにトラックに積み込みます。

撤去した樹木廃材なども、樹木と同じように詰め込んでいきます。

積み込みをした木材このように綺麗にそろえて詰め込むと、たくさんの木材が積み込めます。
解体業者は、こうすることで運搬にかかる費用を安く抑える工夫をしているのです。

建物がほぼなくなりました。

建物はほぼ無くなりました重機が入るとスピーディーに解体が進みます。

工事も最終段階になりました。
こちらは、基礎を撤去している様子です。

基礎を撤去している様子コンクリートガラを排除し、更地にしていきます。
工事は実質6日間で完了しました。

解体工事を終えて。中村さんの感想

完了後の更地写真

工事に関しては、着工前の手続きや住宅メーカーの担当者とのやり取りなど、更地までしっかりと行って頂いたと思います。私は工事中に現地に行くことができなかったのですが、小まめに連絡も頂きましたし、特に問題はありませんでした。更地の仕上がり具合も良好で、住宅メーカーからもすんなりOKが出ました。

問題なく無事に工事が終わり、金額も当初の見積り金額より10万円も費用を抑えることができて大変満足しています。

まとめ

都心で、この量の樹木やブロック塀を撤去する工事で90万円という費用で解体できたことは一般的に見てとても安いと思われます。

その年の傾向、タイミングなどによって解体工事の費用には差が生じてくるので、数社の解体工事の費用を見積もってみることは大切です。

新築を建てる際は特に、住宅メーカーさんの意見全てを鵜呑みにしてもよくありませんので気をつけましょう。

この記事は東京都板橋区の中村さんから承諾許可を頂いた上で掲載いたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。