あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【熊本県八代市】危険な空き家の解体撤去で、補助金が最大60万円

相続した空き家の管理は、自宅から離れた場所にあるとなかなかできないですよね。でも、放置してしまって老朽化が進むと、近隣住民にとって危ないので解体撤去する必要があります。そこで、熊本県八代市では空き家解体の補助金として最大60万円を出しています。とても役立つ制度なので、一緒に確認しましょう。

空き家解体の補助金の制度概要

最初に、空き家解体の補助金の制度概要についてまとめます。補助の対象条件や補助金額等について確認しましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  1. 現在使用していない空き家(おおむね1年以上)で今後も居住の見込みがない
  2. 八代市内にある一般住宅等
  3. 屋根や柱等の建物主要部分の老朽化が激しく、住むことが不可能
  4. 倒壊や一部崩壊する危険性があり、周辺を巻き込む事故を起こす可能性がある
  5. 補助を受けるために故意に破損させていない

条件1については、地区の市政協力員の証明が必要です。
実際に対象物件に当てはまるかは八代市の建物調査で判定されますので、細部のチェックまでは必要ありません。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  1. 建物の所有者または相続人、所有者等から同意を得た方
  2. 市税を滞納していない
  3. 借金の担保や賃貸等していない(権利者から同意があればOK)
  4. 国や自治体等ではない

申請は所有者本人でなくても条件を満たせば可能です。
ただし、市税の滞納は認められません。

対象工事

建設業の許可または解体工事業の登録を受けた、八代市内の業者が行う工事が補助対象です。
解体業者を選ぶ際は気を付けましょう。

補助金額

補助対象経費=解体費用・処分費用等(消費税等含まない)×8/10
補助金額=補助対象経費×2/3(上限額:60万円。千円未満切り捨て)

補助対象経費には、解体費用や解体で出たゴミの運搬費用・処分費用が入ります。
補助金額は、解体工事費の大体半分くらいと考えれば分かりやすいと思います。

空き家解体の補助金の手続き方法

次に、空き家解体の補助金の手続き方法について整理しましょう。申請の流れは以下の通りです。

☆事前準備

☆交付申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆事業完了

交付の確定通知

☆交付請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。用意する書類もあわせて確認していきたいと思います。

事前準備

最初に、八代市への建物調査の依頼解体工事の見積書の作成依頼をします。

建物調査は、建物が補助対象の条件を満たしているかを八代市に確認してもらうためにお願いします。以下の書類を提出して申し込みましょう。

・事前調査の申込書(様式第3号)

・市税納付状況の調査承諾書(様式第4号)

また、位置図(付近見取図)も用意しましょう。
建物調査の結果は判定通知書(様式第5号)で知らされ、補助対象と認定されたら交付申請が可能です。

解体工事の見積書は解体業者(2社以上)に現地調査をお願いして作成してもらいます。一緒に工程表等も依頼しましょう。
ちなみに解体業界は悪徳業者(不法投棄・手抜き工事・不当な追加請求等をする業者)が多いので、解体業者を選ぶときはあんしん解体業者認定協会にぜひご連絡ください。

交付申請

事前準備が完了したら、八代市役所に交付申請をします。以下の書類を提出しましょう。

・交付申請書(様式第6号)
・計画書(様式第7号)
・空き家証明書(様式第10号)
・案内図
・平面図等(建物等の延べ面積が確認できるもの)
・建物の現在の状況が分かる写真
・2社以上の解体工事の見積書(内訳付き)
・解体業者の建設業の許可書または解体工事業の届出書の写し
・工程表
・建物の登記事項証明書の写し等(必要に応じて、敷地の登記事項証明書や戸籍謄本の写しを付ける)
・同意書(様式第9号。必要な場合のみ)

交付申請時には用意すべき書類が色々ありますので、漏れがないようにチェックしましょう。登記事項証明書は登記所・法務局に聞いてみてください。
交付申請後に書類審査等があり、通れば交付の決定通知書(様式第11号)が届きます。

解体工事

交付の決定通知書を受け取ったら、解体業者と契約を結び工事を始めてもらいます。
工事開始時には、以下の書類を出しましょう。

・事業着手届(様式第12号)
・請負契約書の写し

工事内容に大きな変更が発生した場合には変更等の承認申請書(様式第13号)を出します。
また、事業完了届を出す際に工事前・工事中(作業状況が分かるもの)・工事後の写真が必要なので、解体業者に撮影をお願いしておいてください。

事業完了

解体工事の終了後、代金の支払いを済ませたら事業完了の報告をしましょう。以下のものを八代市に出します。

・事業完了届(様式第15号)
・実績報告書(様式第16号)
・工事前・工事中(作業状況が分かるもの)・工事後の写真
・収集・運搬業者と処分場の許可書の写し
・廃棄物に関する処分証明書(マニュフェスト伝票)等の写し
・建設リサイクル法の完了報告書の写し
・請負契約書の写し
・請求書と領収証の写し

用意するものは多いですが、大半は解体業者から受け取れますので聞いてみてください。
報告を終えると、書類審査ののち交付の確定通知書(様式第17号)が発行されます。

交付請求

交付の確定通知が届いたら交付請求ができます。請求書(様式第18号)を八代市に提出しましょう。請求をすると数日以内に補助金が下ります。

以上が、空き家解体の補助金の手続き方法です。関係書類は5年間の保存が求められていますので、しっかり管理しておきましょう。
分からない点があれば、八代市に問い合わせてみてください。

八代市役所
建設部 建築指導課
〒866-8601 熊本県八代市松江城町1-25 仮設庁舎西棟2階
電話:0965-33-4750
FAX:0965-32-8944
メール:kenshido@city.yatsushiro.lg.jp

空き家解体の補助金に関する情報取得

最後に、空き家解体の補助金に関する情報取得についてお話ししたいと思います。
自治体のサイトは規模が大きいので、八代市公式サイトをご覧になった方も空き家解体の補助金ページがどこにあるのか分からなかったかもしれません。そこで、空き家解体の補助金ページの行き方と取得できる情報について説明します。

空き家解体の補助金ページの行き方

まず、Google等の検索サイトで「八代市」を調べ、検索結果の一覧から「八代市」を選択します。

これで八代市公式サイトに入れました。そのまま続けて「くらし・相談・防災」⇒「お知らせ・募集」⇒「危険空き家の解体費用の一部を補助します」の順に選択していきましょう。

すると以下のページが表示されます。


引用元:八代市公式サイト

空き家解体の補助金ページが開けました。八代市老朽危険空き家等除却促進事業というのは空き家解体の補助金に関する事業の正式名称です。

空き家解体の補助金ページからの情報取得

空き家解体の補助金ページには、補助制度の目的や対象の空き家等について載っています。
その中でも特に大事なのが申請受付に関する情報です。申請受付はいつでも行っているわけではありません。ですので、補助制度を利用したいと考えたら、必ず公式サイトで募集状況を確認しましょう。
また、建物調査を依頼する際に使う書類データがダウンロード可能です。便利ですのでぜひ活用してください。

まとめ

今回は、熊本県八代市の空き家解体の補助金について説明しました。空き家解体はやるべきことが多いので大変ですが、補助金が下りれば資金面の負担が減らせますので、ぜひ利用を検討しましょう。
まずは八代市への建物調査の依頼から始めてください。



八代市公式サイト:危険空き家の解体費用の一部を補助します

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)