あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

福岡県行橋市の解体費用・相場

京築地域の中心都市として発展している行橋市。近年、北九州市のベットタウン化により、人口が増加傾向にあります。

そんな行橋市では、解体費用相場はどのようになっているのでしょうか。こちらのページでは、行橋市の解体費用の坪単価を構造別に細かくまとめています。行橋市で解体工事をお考えの際は、ぜひご活用ください。

福岡県行橋市の木造の費用相場(坪単価)一覧

  坪単価 費用幅
~9坪 3.5万円 31,379円~38,352円
10~19坪 2.7万円 24,312円~29,715円
20~29坪 2.5万円 22,117円~27,031円
30~39坪 2.3万円 20,849円~25,482円
40~49坪 2.2万円 19,984円~24,424円
50~59坪 2.1万円 19,323円~23,617円
60~69坪 2.1万円 18,792円~22,967円
70~79坪 2.0万円 18,349円~22,426円
80~89坪 2.0万円 17,970円~21,964円
90~99坪 2.0万円 17,641円~21,561円

解体工事が必要になる理由は様々ですが、空き家の管理の一環として解体工事を検討される方も少なくありません。

近年、全国的に空き家の増加問題が取り上げられていますが、行橋市でも年々空き家が増加傾向にあるようです。そこで、行橋市は空き家の対策に力を入れています。

もしも、所有している空き家が老朽化し、解体工事を検討中でしたら、行橋市の助成金について見てみてください。条件に当てはまると最大30円の補助金が得られるかもしれません。

行橋市老朽危険家屋等除却促進事業

福岡県行橋市の鉄骨造の費用相場(坪単価)一覧

  坪単価 費用幅
~9坪 4.8万円 42,785円~52,292円
10~19坪 3.9万円 34,707円~42,419円
20~29坪 3.5万円 31,745円~38,799円
30~39坪 3.3万円 29,980円~36,642円
40~49坪 3.2万円 28,738円~35,124円
50~59坪 3.1万円 27,788円~33,963円
60~69坪 3.0万円 27,024円~33,029円
70~79坪 2.9万円 26,387円~32,251円
80~89坪 2.9万円 25,843円~31,586円
90~99坪 2.8万円 25,369円~31,007円

建物の解体工事は多くの場合、安くても数十万円以上かかるので、できる限り費用を抑えて工事をしていですよね。解体工事で費用を抑えるポイントをいくつかご紹介致します。

  • 不用品を処分しておく:家庭からでる粗大ごみやリサイクル家電など家庭ゴミに分類されるものは、解体業者に任せると高額になる場合が多いです。
  • 解体業者に直接依頼:建て替えなどで、住宅施工会社に解体工事を含めて依頼すると、下請けの会社に依頼する手数料が発生します。自分で直に解体業者に依頼することで、十数万円の手数料を節約できます。
  • 鉄材を売却する:鉄骨造の建物だと建物に使われている鉄材を買い取ってもらえる場合があります。解体業者に確認すると良いでしょう。
  • 滅失登記は自分で:解体工事後は、建物がなくなった際に滅失登記を申請します。土地家屋調査士などに申請を依頼する場合は5万円前後かかりますが、必ず依頼しないといけないものではないので、費用を抑えるには自分での申請をおすすめします。
  • 解体工事の滅失登記建物滅失登記を行うときに失敗しないためのQ&A

    福岡県行橋市のRC造の費用相場(坪単価)一覧

      坪単価 費用幅
    ~9坪 6.7万円 60,414円~73,839円
    10~19坪 5.4万円 49,007円~59,898円
    20~29坪 5.0万円 44,825円~54,786円
    30~39坪 4.7万円 42,333円~51,740円
    40~49坪 4.5万円 40,580円~49,597円
    50~59坪 4.4万円 39,238円~47,958円
    60~69坪 4.2万円 38,159円~46,639円
    70~79坪 4.1万円 37,259円~45,539円
    80~89坪 4.1万円 36,491円~44,601円
    90~99坪 4.0万円 35,823円~43,783円

    解体工事の最中に地中に埋設物が見つかった場合は追加費用がかかる場合があります。いくら現地調査を念入りに行っても、埋設物ばかりは地面を掘り起こしてみないと分かりません。

    依頼するときは、万一の埋設物が見つかったときの対応なども確認しておくと良いでしょう。

    RC造の解体工事では地盤補強のために地中杭が使われていることがあります。目視では確認出来ませんが、杭は設計図で確認できるので、現地調査の際は設計図や仕様書を提示しましょう。

    まとめ

    いかがでしたか?
    人生で何度も経験することのない解体工事。高額な費用がかかるので、失敗したくありません。

    事前に解体工事についての知識をつけ、より良い解体業者を選びましょう。解体業者によってスムーズな解体ができるかどうか変わるので、慎重に行ってくださいね。

    失敗しない優良解体業者の見分け方!抑えるポイントは3つだけ!