福岡県行橋市の解体費用と相場

京築地域の中心都市として発展している行橋市。近年、北九州市のベットタウン化により、人口が増加傾向にあります。そんな行橋市では、解体費用相場はどのようになっているのでしょうか。
本記事では、解体費用について坪単価と坪単価以外の費用からご紹介します。

行橋市の解体費用相場

解体費用は建物自体の解体費用と、建物以外の解体費用から成ります。建物自体の解体費用は坪単価から計算することができますが、建物以外の解体費用は立地条件や構造によって必要な工事が異なるため、実際に測量してみないと正確な金額はわかりません。
ちなみに、建物自体の解体費用を本体工事費といい、建物以外の解体費用を付帯工事費用といいます。

建物自体の解体費用⇒本体工事費(坪単価から計算可能)
+
建物以外の解体費用⇒付帯工事費(立地条件で変動)

解体費用の総額

つまり解体費用の総額は付帯工事費によって決定します。
しかし、解体する地域の坪単価と見積り表の付帯工事費の項目を把握すれば、予算の目処をたてることができます。

坪単価と本体工事費

解体における坪単価は、解体する建物1坪あたりに必要な人件費と廃材の処理費です。
過去に行われた福岡県行橋市の解体工事のデータから算出した坪単価は以下の通りです。

構造坪単価(実勢価格)費用幅
木造11,000円8,000円~14,000円

では坪単価を使って本体工事費を計算してみましょう。本体工事費は坪単価に坪数をかけることで算出できます。

本体工事費の計算例
坪単価×坪数=本体工事費
例:福岡県行橋市で26坪の木造住宅を解体する場合
11,000円(坪単価)×26坪(坪数)=286,000円(本体工事費)

必ずかかる付帯工事費用

建物の立地条件や構造によって値段は異なりますが、必ずかかる付帯工事費があります。

  • 養生費(振動や騒音、粉じんの飛散を抑え安全な作業に必要な費用)
  • 諸経費(項目にするには細かい費用)

諸経費の主な項目は以下の通りです。

  • 近隣挨拶費用
  • ガードマン設置費用
  • 重機使用費用
  • 書類作成・申請費用


諸経費の内訳は業者さんによって様々ですので、見積りの際は必ず内訳を確認しましょう。

行橋市 木造解体工事見積り例

行橋市の木造解体工事の見積り表をご紹介します。

木造住宅24坪 1階建て

建物の種類/構造木造住宅1階建て
坪数24坪
建物解体費用79万2,000円
総額110万0,000円
品名数量単位単価金額
木造住宅1階建て2433,000792,000
養生費160,000
植木・植栽撤去180,000
ブロック塀撤去1100,000
諸経費10,000円
値引き-25,360円
小計1,016,640円
消費税83,360円
合計金額1,100,000円

ブロック塀解体

ブロック塀のある建物では、ブロック塀解体工事が行われます。ブロック塀の解体費用は立地や大きさ、厚さで決定します。解体する建物にブロック塀がある方は下記の記事も参考にしましょう。

古いブロック塀は危険?解体する前の3つのポイント

木造住宅24坪 1階建て

建物の種類/構造木造住宅1階建て
坪数24坪
建物解体費用91万2,000円
総額125万4,960円
品名数量単位単価金額
木造住宅1階建て2438,000912,000
養生費160,000
植木・植栽撤去180,000
ブロック塀撤去1100,000
諸経費10,000円
値引き0円
小計1,162,000円
消費税92,960円
合計金額1,254,960円

行橋市の補助金制度

自治体によっては、解体工事の費用を補助する制度を設けています。行橋市では上限30万円の補助がありますので対象かどうか問い合わせてみましょう。

参考 行橋市ホームページ行橋市老朽危険家屋等除却促進事業

まとめ

人生で何度も経験することのない解体工事。高額な費用がかかるので、失敗したくありませんよね。スムーズな解体工事は業者さんで決まるといっても過言ではありません。見積り金額は業者さんによって違います。そして見積りの際は必ず相見積もりを依頼してしっかり金額や対応を比べてから決定しましょう。
下記の記事では行橋市のおすすめ解体業者をまとめてありますので参考にしましょう。

福岡県行橋市にておすすめ解体業者をお探しの方へ