あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体工事の坪単価はどれくらい?その他かかる費用もあわせて紹介

初めて空き家を取り壊そうと考えている方の中には、
費用がどの程度かかるのか見当のつかない方も多いと思います。

解体工事にかかる費用のベースは「坪単価」です。

「坪単価」の相場が分かると、だいたいの予算が立てやすくなりますし、
「見積もりをとったけど、この額は妥当なの?」という不安を解消できます。

また、家の立地やその他様々な条件によってはプラスで費用がかかることもあります。

今回は坪単価と、どのような場合に別途費用がかかるのかをご紹介します。

坪単価とは?

解体工事費用は「坪単価」を元に計算されます。
「坪単価」とは、“1坪当たりの単価”という意味で、
解体工事費用は 坪単価×床面積 で計算されます。

MEMO
床面積は総面積になるので、2階建て以上の建物であれば、
それぞれの階の面積を足したものになります。
仮に1階が40坪、2階が30坪の家であれば、床面積は70坪になります。

坪単価の相場

家 調査

坪単価は、建物の建材によって相場が異なります。
まずは、全国の平均値を見てみましょう。

 木造:30,000円~35,000円
 鉄骨造:40,000円~45,000円
 コンクリート造(RC造):45,000円~50,000円
 鉄筋コンクリート造(SRC造):45,000円~50,000円

坪単価の内訳は 解体費用+廃材の処分費です。
解体費用の中には、人件費などが含まれます。

地域によっての違い

坪単価は地域によって相場が異なります。
例えば東京都渋谷区東京都八王子市では、およそ1万円ほど相場が違ってきます。

東京都渋谷区の木造の費用相場(坪単価)一覧

坪単価 費用幅
~9坪 4.5万円 40,644円~49,676円
10~19坪 3.5万円 31,490円~38,488円
20~29坪 3.2万円 28,646円~35,012円
30~39坪 3.0万円 27,005円~33,006円
40~49坪 2.9万円 25,884円~31,636円
50~59坪 2.8万円 25,208円~30,590円
60~69坪 2.7万円 24,340円~29,748円
70~79坪 2.6万円 23,766円~29,047円
80~89坪 2.6万円 23,276円~28,448円
90~99坪 2.5万円 22,850円~27,927円

東京都八王子市の木造の費用相場(坪単価)一覧

坪単価 費用幅
~9坪 4.5万円 40,644円~49,676円
10~19坪 3.5万円 31,490円~38,488円
20~29坪 3.2万円 28,646円~35,012円
30~39坪 3.0万円 27,005円~33,006円
40~49坪 2.9万円 25,884円~31,636円
50~59坪 2.8万円 25,208円~30,590円
60~69坪 2.7万円 24,340円~29,748円
70~79坪 2.6万円 23,766円~29,047円
80~89坪 2.6万円 23,276円~28,448円
90~99坪 2.5万円 22,850円~27,927円

2つの地域の相場が違う理由は、都市部では単純に人件費が高い為です。
また、渋谷区のように建物が狭い範囲に密集していると、重機の入るスペースがなく、手作業で解体しなければならないケースもあります。その場合、作業する職人さんの負担が増えてしまうので、人件費が高くなってしまいます。

注意
ただ、過疎地域では解体業者が少なく人手不足のために、人件費がかかってしまう場合もあります。

しかも解体工事で出た廃棄物は産業廃棄物処理場で処分されますが、処理場が近くに無い場合は遠方まで運ばなければならず、その分の運搬費用もかかってきます。

ゆえに、結果的に坪単価が高額になってしまうケースも少なくありません。

また、自治体によっても廃棄物の処理費の基準が違うので、一概に都市部が高いとも言い切れません。

時期によっての違い

解体業界は一般に12月から年度末の3月までが繁忙期で、その他の時期と坪単価が異なります。
その理由は、4月からの新生活に向けて空き家を解体し、新築を建てる人が多いためです。
様々なところで解体工事がおこなわれ、産業廃棄物が大量に発生しますが、産業廃棄物の処理場は、一度に受け入れられる廃材の量に限りがあります。その結果、繁忙期にはやむを得ず廃材の処分費が上がり、坪単価が値上がりしてしまうのです。

チェックポイント
最近は、増税される前に解体しておこうと考える人や、2020年のオリンピックに向けて、特に首都圏では取り壊し作業をしようとする人が増えています。したがって今後もさらに坪単価の値上がりが懸念されます。

すでに数ヶ月単位で値上げしている業者も多くあり、費用をなるべく安く抑える為には早めに依頼することが重要です。

坪単価に含まれない費用は?

解体工事には、坪単価に含まれない費用があります。
実は解体業者によって見積もり書の書き方は異なるのですが、ここでは
坪単価に含まれない主な費用項目について、実際の見積書をもとにご紹介します。

建物養生費

工事現場の前を通ると、建物がシートで覆われているのを目にしますよね。

解体工事の現場を囲う養生シートは、工事中に出るゴミやホコリ、
建材を壊した際の細かな破片やガラス片が周囲に飛散するのを防ぎます。
近隣の洗濯物や車などを汚してしまったり、粉塵を吸ってしまった人が
体調を崩してしまったりするおそれがあるからです。

また、解体工事による近隣トラブルの内、最も多い事例が騒音トラブルです。
特に重機を使用して解体する場合、どうしても大きな音が響くので、
音を最小限に抑える働きを持つ遮音性に優れたシートを設置することはとても重要です。

このように養生シートは機能性の高い素材で作られているので、シート設置にかかる費用はやや高額です。

写真の例は、木造2階建て住宅48坪の見積書です。

建物養生費の見積書

建物養生費の見積書

一般的な2階建て住宅の養生費の相場は、10~15万円です。

重機回送費

重機回送費とは、解体工事で使用する重機の運搬費用です。
なお、解体業者によっては、「坪単価」や「諸経費」に含んで見積り書を出す業者さんも多いです。
内訳は重機を運搬する人の人件費やガソリン代です。重機がリースだと、さらにそのレンタル料が発生する場合もあります。

重機回送費の見積書

重機回送費の見積書

だいたいの相場は、トラック1台につき3~5万円です。

近隣清掃費

養生シートを設置してもなお、重機の移動や廃棄物の搬出で周辺を汚してしまう可能性があります。周辺の道路が汚れていると、近隣の方から思わぬクレームをもらう場合があるため、綺麗に清掃をしてもらいましょう。

近隣清掃費の見積書

近隣清掃費の見積書

だいたいの相場は数千~1万円程度です。

その他場合によってかかる費用

ここまでご紹介してきた費用項目は、解体工事の際にもれなくかかる項目でした。
ここからは場合によってかかる費用について説明します。ご自身の状況に合わせて確認してみましょう。

手壊し解体

解体

手壊し解体費用の見積書

手壊し解体費用の見積書

現場までの道路や家屋前の道幅が狭く、重機の入るスペースが無いと、人力で解体工事を進めることになります。
これを「手壊し解体」と言い、重機を使用した解体作業に比べると工期が倍以上になる可能性があります。さらに、人数も追加で必要になることが多く、人件費がかさみます。もし手壊し解体が必要になった場合、解体費用は2~3倍割高になります。

ただ、手作業での解体のため、重機使用時より振動や騒音を抑えられるというメリットもあります。

残置物処理

タンス

残置物処理費用の見積書

残置物処理費用の見積書

残置物とは居住していた人が建物や敷地内に置いていった私物のことです。
本棚やタンスなどの家具、冷蔵庫やテレビ、電子レンジなどの電化製品が当てはまります。また、自転車や物置、その他細かな生活用品なども残置物です。

これらは自身で手配をしてリサイクルショップに引き取ってもらうか、粗大ゴミとして自治体に引き取ってもらうことが可能です。
大量にある場合はかなりの労力を要するかもしれませんが、1点あたり数百円から処分できるので、費用を抑えたい場合にはご自身で処分されるのがオススメです。

なお、解体業者に依頼すれば手間が省けます。ただし解体業者にお願いする場合は、処理場に持ち込む運搬費もかかりますし、産業廃棄物として処理するので、ご自身で処分するのに比べ費用は高額になります。

写真の例では4tトラック1台分で6万円になっています。

樹木の伐根

樹木の伐根撤去費用の見積書

樹木の伐根撤去費用の見積書

古い家屋だと特に、庭に立派な樹木が複数植えてあることは珍しくありません。
樹木は重機で伐根し、トラックで運びます。樹木の伐根作業は家屋の解体とは別作業なので、別途料金がかかります。

写真の例だとトラック1台分で6万5千円になっています。

井戸の撤去

井戸

井戸の撤去費用の見積書

井戸の撤去は依頼する業者さんによって異なりますが、10万円前後かかります。
なお、井戸の撤去の際にはお祓いをするのが一般的です。もしもお祓いを依頼するなら別途で費用がかかります。ただし、必ずしなければならないと決まっているわけではないので、ご家族や解体業者の人とよく相談してみてください。

まとめ

今回は、解体費用のベースとなる坪単価についてや、坪単価に含まれないけどもれなくかかる費用、場合によってはかかる費用について詳しく説明させていただきました。
実際の費用はプロが現地に足を運んで見てみないと決められません。どんぶり勘定ではなく、現場に来てしっかり測量してくれる解体業者さんに依頼して、しっかりとした見積もりを出してもらうのが重要です。
ちなみに解体無料見積ガイドでは厳しい審査基準をクリアした解体業者を紹介しています。


解体無料見積ガイドへのお問い合わせはこちら

工事にかかる費用は決して安くありません。信頼できる業者さんに依頼して、気持ちよく工事を終えられるといいですね。