【栃木県足利市】妻の所有する土地の家屋の解体工事

更地写真

今回私が解体工事をしたのは、栃木県足利市にある妻の実家です。
築30~40年ほどの、約31坪の木造二階建て。
少し特殊かもしれませんが、私たち夫婦は都内に住んでおり、その足利市の妻の実家には私の知人が住んでいる状況の中で、解体工事の検討を始めました。

足利市から離れたところに住んでいる私たちは、どのように解体業者を決め、妻の実家の解体工事に取り掛かったのかご紹介いたします。

土地売却を考え、妻の実家の解体工事を検討

現地の木造家屋

足利市にある妻の実家は、私の知人が住んでおりましたが、現地は国道に接道しており立地が良く、幸いにも購入したいという方が何人かいたので、なるべく早く解体工事をして更地にし、土地の売却をしたいと考えていました。

知人が住む妻の実家の状況

妻の実家に住んでいた知人も忙しく、家屋の中の片付けが進まず、大量の家財が残っている状況でした。
私も足利市から離れたところに住んでいたため、室内の片付けを行うことは不可能でした。
したがって、そういった生活家財も一括して対応できる解体業者を依頼したいと思っていました。

立ち会いができない!遠方の解体工事業者の選び方

妻の実家の解体工事を行ううえで、やはりいちばん苦労したのは解体業者探しでした。
足利市から離れて住んでいるため、どうやって探せばいいのか見当もつかず、取りあえず親戚や、知り合いの弁護士や行政書士にも聞いてみたのですが、いくら伝手をたどっていっても、解体業者にたどり着くことができませんでした…。

下手な解体工事を行ってもらっては困るし、たまに不法投棄をした解体業者が捕まったというようなニュースも見ますし、どんな解体業者に依頼をすればいいのか、まったく分かりませんでした。

解体工事の見積り比較サイトに問い合わせ

結局インターネットで調べて、解体工事の見積り比較サイトに問い合わせ。
複数社の相見積りを依頼。合計で4社の相見積りをすることになりました。

解体工事をする妻の実家を確認して頂いた解体業者の方のお話ですと、室内の家財道具の撤去費用で、30万円程掛かってしまうということでした。家財道具の撤去費用が予想していたよりも高額で、見積り金額は120万~150万円くらいの間で出てきました。

土地面積が広く、解体工事はやり安いだろうと素人ながらに考えていたので、100万円も掛からないだろうと思っていたので驚きました。

解体工事を行う際の室内の家財撤去は、なるべくご自身でされた方が安く解体工事の費用を抑えられます。
不用品の処分する方法は、こちらを参考にしてみてください。
解体工事のその前に!不用品はどう処分する?

解体業者の決定

想定していた解体工事費用の100万円を超えてしまいましたが、このくらいが解体工事費用の相場なのだろうと納得し、妻とも相談の上、その中で特に頑張って頂いた栃木県内の解体業者に依頼をすることにしました。
見た目は20代のとても若い社長さんでしたが、誠実な対応で印象が良かったところも決め手となり、契約を結ぶ運びとなりました。

契約書を結ぶ際には、私の細かい質問にも一つ一つ丁寧に答えて頂き、とても安心してお任せをすることができました。

解体工事の着工から完了まで

いよいよ解体工事の着工です。
写真とともに、解体工事の進行状況をご紹介します。

解体工事の様子

まずは、室内の不用品の処分です。
今回は、この室内の処分に2日間かかりました。
家財道具を搬出する様子トラックに積まれ、荷物が運び出されます。

解体工事が始まったら、まずは、写真のように養生シートが貼られます。
解体工事中の写真これは、解体工事の際に破片や埃が飛んでいかないよう配慮して行っています。

こちらは重機で解体している様子です。
重機で解体している風景幸い、今回の足利市の家屋は敷地も広く、重機が入るスペースにも余裕があり、順調に解体が進んでいきました。
解体する家屋の敷地や、家屋の前の道が狭かったりすると、重機が入るスペースができるまでは、解体業者が手作業で解体工事を行っていくので、手間と時間がかかり、解体工事費用もかさんできます。

重機が入るとスピーディーに作業が進み、あっという間に家屋が半分ほど解体されました。
建物が半分ほど、解体されました

家屋の横の倉庫の解体作業も行いました。
倉庫の解体作業中だいぶスッキリとしましたね。

こちらは、解体工事が終盤に差し掛かった建物の基礎工事の様子です。
建物の基礎写真このときに、「地中障害物」という土中に埋まっているゴミやコンクリートが見つかることがあります。
今回は、そのような地中障害物は見つかりませんでしたが、もし、この地中障害物を撤去しないと、新居を建てる際に建物の基礎の障害になってしまうため、撤去するための追加費用がかかることがあります。

地中障害物があるかないかは、この基礎工事をしてからでないとわからないので「思わぬ追加費用があって困った」という事態に陥らないよう、予め知っておくと良いかもしれません。

解体工事が完了

解体工事が完了しました。
解体工事完了後の更地写真解体工事の期間は約5日間ほど。
解体工事が始まってから、あっという間に完了となりました。手際が良く、当初の予定日数よりも早く完了して頂きました。

解体工事が着工してからは、ほとんど解体業者さん任せでしたが、何度か解体工事の進み具合のご連絡を頂きました。

工事を依頼した栃木県内の解体業者さんには本当に感謝しております。
ありがとうございました。

この記事は栃木県足利市の横田さんから承諾許可を頂いた上で掲載いたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。