あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

鉄骨造の解体費用はどういう内訳?簡単に費用を抑えるコツも紹介

鉄骨造の空き家をお持ちの方、処分にお困りではないですか?

「空き家を解体したいけど費用がピンと来ない……」
「できるだけ安く費用を抑えたい……」

と思っても、具体的な情報が無いために足踏みしてしまう方は多いのです。

では、実際に鉄骨造の解体にはどのくらいの費用がかかるのか、一緒に確認していきましょう。

解体費用は具体的に何を指す?坪単価の「常識」とは

どこまでが「解体費用」?

解体費用は、解体工事にかかった総額を指します。

よく、「解体費用は坪単価で計算できる」と説明しているメディアがありますが、大きな誤解です。
坪単価で計算できるのはあくまで「解体費用の一部」で、解体費用の総額にはほど遠いのです。

解体費用は坪単価では計算できない!!
坪単価で計算できるのは、解体費用の一部に過ぎません。
解体費用は、もっと多くの要素で構成されています。

それでは、坪単価では一体何を計算できるのでしょうか?
坪単価の意味を確認しましょう。

坪単価の常識

坪単価とは、解体工事にかかった人件費と廃材などの処分費を合わせた、1㎡あたりの単価です。

坪単価の常識
坪単価に解体する建物の床面積を掛けることで、「人件費と処分費」が計算できます。
坪単価だけでは解体費用の総額を割り出せません。

ちなみに、坪単価は建物の構造や地域によって差があります。
参考として、以下の表をご覧ください。

地域 木造 鉄骨造 鉄筋コンクリート造
栃木県日光市 2.7万円 2.7万円 5.4万円
群馬県桐生市 2.6万円 2.6万円 5.3万円
埼玉県狭山市 3.2万円 3.5万円 5.5万円
神奈川県平塚市 3.1万円 3.8万円 6.3万円
東京都港区 3.8万円 4.8万円 6.8万円
愛知県豊川市 2.5万円 2.8万円 3.5万円
大阪府大阪市 2.3万円 3.3万円 5.4万円
福岡県福岡市 2.3万円 3.3万円 4.7万円

※建物の床面積は30坪を想定しています。

坪単価は、都心に近いほど、そして壊しにくい構造ほど高くなる傾向があります。
地域名を選択すると詳しい坪単価の情報が見られるので、参考にしてみてください。

でも、坪単価で解体費用の計算ができないなら、一体総額はどうやって計算するのでしょうか。
実は、解体費用を自力で算出するのは極めて難しいのです。

実際の相場を確かめるには解体業者さんに見積書を出してもらうしかないのですが、出してもらった見積書をただ受け入れるだけでは大きな損をしてしまう場合があります。

見積書の正当性を見極めるために、続いては費用の内訳と共に見積書の見方をご紹介していきます。

実際の見積書で費用の内訳を確認!【基本編】

見積書を確認する前に、ひとつだけ注意事項があります。

【重要】見積書の書き方は一定ではない
見積書は、解体業者さんによって表記の仕方が違います。
そのため、大事なのは「どんな事が書かれているか」が読み取れるようになることです。

費用の名称も大事ですが、これから読む見積書では「どんな事に費用が使われているのか」に注意して読み進めてみてください。

それでは、実際の見積書をご紹介します。
今回取り上げるのは、千葉県にある鉄骨造2階建29.5坪の建物を解体した事例です

鉄骨造解体 見積書
※見積書例(千葉県 鉄骨造 2階建 29.25坪)

【基本費用1】本体工事費

本体工事費は、基本的に最も比重の大きい費用です。

本体工事費
※見積書より抜粋「本体工事費」

本体工事費とは?
解体するメインの建物を取り壊す際の人件費と処分費を合わせたものです。
坪単価で算出できる費用は、本体工事費にあたります。

上記の見積書では、坪単価が32,000円なので、29.25坪の建物の本体工事費は936,000円です。

計算!
32,000(坪単価)×29.25(床面積)=936,000(本体工事費)

【基本費用2】付帯工事費

付帯工事費は、取り壊す家の状況によって大きく異なる費用です。

付帯工事費1
付帯工事費2
※見積書より抜粋「付帯工事費」

付帯工事費とは?
メインで取り壊す建物以外を除去・撤去する際にかかる費用です。
一般的な例としては「ブロック塀・樹木・井戸・浄化槽」などが挙げられます。

家ごとに壊すモノの量は異なるので費用に差が出やすい項目です。
上記の見積書では「前面CB塀・左面CB塀・右面CB塀・増築小屋・植栽・土間・大谷石・浄化槽・庭石」が該当します。
数が多いので計算式は省きますが、以上の付帯工事費額の合計は684,400円です。

語句CHECK
CB塀』……コンクリートブロック塀の略。
植栽』……草木によって造られた垣根。
土間』……室内でも土足で歩けるようにしてある場所。土をただ固めたものから、コンクリートで仕上げたものまで存在する。
大谷石(おおやせき)』……石垣や石段に使用される石材の一種。

【基本費用3】養生費

養生費は、近隣への被害を抑えるために必要な費用です。

養生費
※見積書より抜粋「養生費」

養生費とは?
解体工事中の騒音や粉塵(ちりやほこり)対策にかかる費用です。
主に養生シートを使用して行われます。

養生シートとは、騒音や粉塵を抑えるために建物の周囲を覆うシートの事です。

計算!
600(1㎡あたりの養生費)×200㎡(養生をする範囲)=120,000

【基本費用4】残置物処分費

残置物処分費は、工夫次第で抑えられる費用です。

残置物処分費
※見積書より抜粋「残置物処分費」

残置物処分費とは?
室内に残された私物(残置物)を処分するための費用です。
主に家具や家電などを指します。

解体業者は残置物を処分できないのが一般的で、廃材とは別に処分費用がかかります。
上記の見積書でも420,000円と解体費用総額の1/5ほどの高額費用が発生しています。

しかし、実は残置物は自分で処理をすれば費用を抑えられるのです。
詳しくは【コツ3】残置物は自分で処理をするで解説していきます。

【基本費用5】整地費

整地費は、解体後の土地運用にかかわる費用です。

整地費
※見積書より抜粋「整地費」

整地費とは?
解体後に土地を綺麗に馴らす作業(整地)にかかる費用です。
整地の綺麗さによって解体後の土地運用に大きく影響します。

上記の見積書の整地費は60,000円です。

ちなみに、解体業者によって整地のクオリティは異なります。
石ひとつ落ちてない綺麗な整地もあれば、多少の廃材なら埋めてごまかす整地もあります。

更地が汚い状態だと、土地の売却額が下がったり、建築工事の着工が遅れる原因にもなるので、こだわりたいポイントのひとつですね。

【基本費用6】諸費用

上記の見積書には記載されていませんが、「諸費用」が発生する場合があります。

諸費用とは?
細々とした費用をまとめたものです。
解体業者によって諸費用の対象は異なる場合があります。

諸費用の内訳としては、以下のような項目が挙げられます。

「近隣挨拶費」
挨拶回りの際に必要な粗品代です。一般的に、解体工事前には依頼主と業者が近隣へ挨拶回りに伺います。
「届け出・手続き費」
主に「建築リサイクル法」と「道路使用許可」への申請にかかる費用です。申請は解体業者が代行してくれますが、費用は依頼主持ちです。
「重機回送費」
重機を運ぶための回送車を手配する費用です。重機は公道を走れないので、重機を運ぶための回送車が必要になります。
「工事賠償保険費」
「工事賠償保険」の登録料です。近隣の家を壊してしまうなど、もしもの場合に備えて入っておく保険です。
「準備費用」
トラブルや追加費用に備えた費用です。解体業者によっては前もって多めに費用を設定する場合がありますが、使われなかった場合は返金されます。

実際の見積書で費用の内訳を確認!【特殊編】

先程【基本編】で紹介した費用は、解体工事を行う上で欠かせない過程なので、ほとんどの場合で発生すると考えてください。
続いては、状況によって発生する少し特殊な費用をご紹介します。

【特殊費用1】アスベスト工事費

建築物から「アスベスト」が発見された際には、特殊な工法が必要になります。

アスベスト
※アスベストが含まれていたプレハブ小屋の見積書 アスベスト除去に77,760円が発生しています

アスベストとは?
アスベストとは、かつて多くの建築物で使用されていた建材の一種です。
しかし、人間が吸い込むと肺がんや悪性腫瘍の発生などを引き起こす恐れがあるため、2012年にはアスベストの使用は完全に禁止となりました。

アスベストは優秀な建材として幅広く使用されていましたが、一方で有毒性が認められ徐々に規制の対象になりました。
そして、完全に使用が禁止になったのが2012年。つまり、現在建っている家やビルにはアスベストが使用されている可能性が大いにあるのです。

そのため、解体工事の前には基本的に「アスベスト調査」を行います。
調査によりアスベストの有無や量を測定し、状況に応じて適切な処理を行います。

家 調査解体工事のアスベスト調査、なぜ行う?詳しい手続きの方法も解説

【特殊費用2】手壊し解体費

手壊し解体せざるをえない状況下では、追加で費用が発生します。

手壊し解体費
※手壊し解体が発生した見積書 合計で230,000円が発生しています

手壊し解体とは?
手壊し解体とは、重機を使用できない状況下の場合に従業員が手作業で解体を行うことです。
当然、重機を使うより日数も人手もかかるため人件費はかさみます

手壊し解体をする場合、以下のような状況が考えられます。

  • 隣家との距離が近すぎる
  • 家までの道が狭い
  • 重機を設置するスペースがない
  • ご近所トラブルを避けたい

隣家との距離が近すぎる場合、騒音や振動の影響が強すぎるので重機による取り壊しはできません。
また、家まで重機を運べない、運べても設置するスペースがない場合も手壊し解体が必要になります。

また、珍しい例として近隣トラブルを避けるために、極力騒音を抑えられる手壊し解体を選ぶ依頼主さんもいらっしゃいます。

解体費用を簡単に抑えるコツ4選

費用の内訳を確認して、やっぱり高いと思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、解体工事では工夫次第で解体費用を抑えることもできます。

今回はコツを4つお伝えします。
どれも有効なテクニックなので、ぜひ参考にしてみてください。

【コツ1】中間マージンを発生させない

中間マージンを発生させないだけで、解体費用は大幅に削減できます。

中間マージンとは?
中間マージンとは、依頼主と解体業者の仲立ちをする仲介業者が得る手数料を指します。
基本的に、中間マージンは「工務店・建設事務所・ハウスメーカー」などに解体工事を依頼すると発生します。
なぜなら、ハウスメーカーなどは自社で解体工事を行えない場合が多く、別の解体業者に依頼をする形になるからです。

中間マージンの相場は解体費用総額の20%~40%です。
例えば解体費用が200万円だとしたら、最大で80万円もの中間マージンが発生します。

仕組みを知っていたら、是が非でも避けたい高額費用ですよね。
それでは、どうして中間マージンを発生させてまで仲介業者に依頼をしてしまうのでしょうか。

それは、「解体業者選びが不安だから」です。
全く知らない業界で、自分で優良な解体業者を選べる自信がなく、なんとなく安心な大手の仲介業者に依頼をしてしまうのです。

そこで、当協会が運営する〈解体無料見積ガイド〉では、ご連絡頂いたお客様にピッタリの優良解体業者さんをご紹介しています。
解体無料見積ガイド〉に登録されている解体業者さんは、13社に1社しか通過できない厳しい審査基準を突破した精鋭揃いです。

解体見積りガイド

もちろん中間マージンは一切発生しませんので、中間マージンをカットしつつ優良な業者さんに依頼したい方はぜひご連絡ください。

【コツ2】補助金や助成金を利用する

あまり知られていませんが、空き家の解体工事を行う際は、地区町村から補助金がもらえる場合があります。

市役所などでも、積極的に説明を受ける機会は少ないので、これを機に自分が住んでいる地域の補助金制度を確認しておきましょう。
具体例として、一部地域の補助金制度の記事を以下の表にまとめました。
地域を選択すると詳しい記事が読めますので、参考にしてみてください。

全国各地の補助金、助成金制度事例
東京都(港区) 神奈川県(横浜市) 大阪府(貝塚市) 愛知県(一宮市) 埼玉県(飯能市)
千葉県(鴨川市) 兵庫県(神戸市) 北海道(函館市) 福岡県(福岡市) 静岡県(伊東市)
茨城県(笠間市) 広島県(尾道市) 福島県(喜多方市) 宮城県(大崎市) 新潟県(上越市)
長野県(長野市) 熊本県(八代市) 栃木県(鹿沼市) 群馬県(桐生市) 岡山県(高梁市)
和歌山県(海南市) 長崎県(南島原市) 鳥取県(東伯郡) 鹿児島県(出水市) 香川県(さぬき市)
青森県(弘前市) 山形県(米沢市) 山口県(下関市) 大分県(佐伯市) 福井県(福井市)

【コツ3】残置物は自分で処理をする

量によっては高額の処理費用が発生してしまう残置物ですが、自身で処分もできます。

基本的に難しい作業は少なく、誰でも簡単にできます。
一例として不用品の処分方法をまとめました。参考にしてみてください。

不用品の種類 具体的な品名 処分方法
日用品 可燃ゴミ 燃えないゴミ 資源ゴミ 地域のゴミ回収で無料回収できます
家電製品 エアコン 洗濯機 テレビ 冷蔵庫 郵便局で家電リサイクル料金を支払い、指定場所へ持っていきます
パソコン ノート型含むパソコン本体 液晶ディスプレイ 家電量販店やメーカーの回収サービスに依頼できます
粗大ゴミ タンス 布団 机 粗大ゴミ受付センターに連絡後、ゴミ処理券を購入し指定日に出します

また、もっと詳しく処分方法が知りたい方は以下の記事も併せてお読みください。

残置物の処分を自分でやって節約しよう残置物の処分は?解体工事の前に今からできる節約術

【コツ4】相見積りを欠かさない

そして、解体費用を抑える最も重要なポイントは「相見積り」にあります。

相見積りとは?
複数の解体業者から見積り依頼を取ることです。
見積書の比較検討により、より好条件での契約が望めます。

見積書を比較すると、処分する家のリアルな解体相場が分かり、より良い条件を選べます。

しかし、問題は「複数の解体業者にどうやって依頼するのか」ですよね。
そんな時も、当協会の〈解体無料見積ガイド〉にお任せください。

解体見積りガイド

解体無料見積ガイド〉では、一度に3社の解体業者さんを無料でご紹介し、同時見積りが取れます。

そして、見積りをとった業者さんへのキャンセル連絡も代行しておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

まとめ

解体工事は、一生のうちに一度あるかないかのイベントで、生活をしていく中で馴染みの無いものだと思います。

しかし、解体費用は高額で、知らないと損をしてしまう知識もたくさんあります。

本記事では、解体費用の詳細や費用を削減するための知識をお伝えしました。
もし、解体工事に関して不明点や疑問などがあれば、〈解体無料見積ガイド〉へご連絡ください。

お悩みの解決へ尽力させて頂きます。

解体無料見積りガイド
TEL:0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)