あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【終活】相続税を減らすために知っておきたい3つのお金の活用法とは?

相続税を減らす3つの方法

相続税を減らすためには、お金について正しく知ることが大切です。お金の終活をしていく中で、お金について正しい知識を持っていなければ、判断を間違ってしまうからです。後悔しないお金の終活をするために、お金についての基本の考えを知っておきましょう。

まず、相続税を減らす3つの方法と考え方を学んでいきましょう。多くの人は、相続税として国に納める金額は、できるだけ減らしたいと思います。しかし、あまりにも節税にこだわるのは危険です。

なぜならば、税金を減らすことばかりに気にとられてしまうと、節税自体はできたとしても家族にお金が残せなくなってしまう可能性が出てきてしまうからです。相続税が減るということは、財産が減る、または財産の価値が下がることを意味しているからです。

相続税を減らす3つの方法には、「使う」、「他のものに変える」、「あげる」のいずれかになります。この3つの方法を見ていきましょう。

相続税を減らす方法その1「使う」

「使う」とは、文字通りお金を使ってしまうことです。例えば、旅行に行く、おいしいものを食べるなど、形に残らないものに使ってしまうことで、お金が目減りし、相続税の負担が減ります。

相続税を減らす方法その2「他のものに変える」

「他のものに変える」とは、相続税の評価の性質の利用を利用したもので、例えば3,000万円の預金と3,000万円で購入した建物とを比較すると、一般には建物の方が相続税の計算上での価値が低くなります。

また、建物であれば、年数の経過とともに価値が目減りするので、相続発生時まで預金をそのまま持っている場合に比べ、半額以下の評価になることもあります。このように相続税の計算上で評価が低いものに変えることで、相続税を減らすことになります。

相続税を減らす方法その3「あげる」

「あげる」とは、贈与や寄付で自分以外の人に財産を渡すことです。手元の財産を減らしたぶん、相続税は下がります。

節税というと、何かとても難しく感じるかもしれませんが、実際には、「使う」、「他のものに変える」、「あげる」というシンプルなものです。

相続税対策にはバランスが大切

相続対策はバランスがとても大切になってきます。節税だけをみて対策を行なってしまうと、逆に家族を困らせることにもなりかねません。相続税対策に偏って対策をした場合にどのようなことが起こりうる可能性があるのかについて、事例から考えてみましょう。

節税対策でお金を減らしすぎて、相続税が支払えない

相続税の計算上、現預金より建物の方が低く評価されるからといって、現預金の大半を建物に変えてしまっては、相続税を払うお金がなくなってしまうことがあります。

また、相続税は、現金での一括払いが原則です。分割払いである延納や、もので納める物納いう制度もありますが、延納は利息分の税金が発生します。また、申請すれば必ず認められるとも限りません。

物納についても、どんなものでも認められるわけではなく、要件が細かく定められています。もしお金が足りなかったら、延納か物納にすればよいと簡単には考えないほうがよいでしょう。

相続税対策のため、借り入れをしてアパートの建物を建てる場合があります。もちろん節税としての効果は期待できます。しかし、一方で借金をするということは、返済義務が生じます。もし、あなたに相続が起きた場合、家族がその借金を背負うことになることをきちんと認識しておくことが必要です。

また、アパートを建てて入居者募集を行なうということは、必ずしもうまくいくとは限りません。相続税自体は減らせたとしても、借入金の利息や管理委託先への支払い、アパート管理のための修繕費等に加え、入居者とのトラブルや空室問題の気苦労などもあることを想定しておくことが必要でしょう。

土地の有効活用として賃貸を考えたときのメリット・デメリットについては、下記の記事を参考にしてください。
 ↓   ↓   ↓
解体工事後の土地有効活用として、賃貸住宅経営を考えてみる
土地の有効活用として駐車場経営を考えたときのメリット・デメリットについては、下記の記事を参考にしてください。
 ↓   ↓   ↓
解体工事後の土地有効活用として、駐車場の経営を考えてみる

実は、素直に相続税を払っていったほうが、負担が少なかったということになれば本末転倒です。税金を減らすということだけに着目するのではなく、必ずメリットとともにデメリットについても検討していきましょう。また、この検討の際には、1人で決めてしまうのではなく、家族やアパート建築に関して利害関係のない専門家の意見を聞いた上で、総合的に判断することによって、失敗する確立は減らすことができます。

節税になったとしても、たくさんお金をかけて対策したとしても、家族にとってメリットになるような相続でなければ、揉めごとの原因になったり、煩雑な手続きで家族が疲れ果てたりしまったりと、感謝させれるどころか困らせてしまうことにもなりかねません。

家族や大切な人を困らせないように、お金の終活で大切なポイントについては、下記の記事を参考にしてください。
 ↓   ↓   ↓
相続について考える:お金の終活に必要な4つのポイントとは

生前贈与で財産が他家に流れてしまう

早い段階から生前贈与することで、相続税を減らす効果があります。しかし、こちらも相続税を減らすという意味ではメリットになりますが、そのリスクも合わせて考えておくことが大切です。

もし、あなたが長男に対して、生前贈与行った後に、何らかの事情で長男があなたより先に死亡してしまったときもないとは限りません。このような場合、長男夫婦に子がいれば、長男の相続人は、長男の妻と子になります。つまり、あなたが長男に渡した財産は、全て長男の妻と子に渡ることになります。

一旦、正式に贈与が成立してしまうと、もともとは自分の財産だったからといって、取り戻す権利はあなたには一切ありません。例えば、2世帯住宅などであなたと長男一家が同居している家の名義を長男に贈与していた場合、その家は長男亡き後、長男の妻と子の所有になります。

長男の妻は、長男の死後再婚する可能性もあります。そのような場合に、仮に「ここは私の名義の家なので、出て行ってほしい」と言われても、家にあなたの名義がない場合には、あなたが家に住むことに対する権利を主張することはできなくなってしまいます。

また、家だけでなく、あなたが経営し、長男を後継者候補にしていた会社の株式の場合には、長男の妻や子が株主として入ってくることになります。このような状況にならないように、重要な財産を生前贈与する際には、合わせて万が一として、相続の順序が逆転した場合に備えた対策を行なうこともしておきましょう。

自分より先に、子に相続が起こることなど、考えたくないことですが、実際にないとは限りません。また、仮にそのような事態になったとしても、あなたが長男に贈与した財産が長男の妻役の名義になったとしても問題が起こるかどうかは、関係性によりますから、心配が現実になることはないかもしれません。

しかし、起こりうるリスクを知った上で対策をしておくことによって、問題を防げることがほとんどです。ですから、家や自社株などの重要な財産を生前贈与する際には、相続が起こる順番が逆転する可能性も検討しながら、対策をしておくことが大切です。

まとめ

終活を行なうときに考えておきたい、資産を守るために知っておきたい3つのお金の活用法である「使う」、「他のものに変える」、「あげる」について考えてきました。

相続税として国に納める金額は、できるだけ減らしたものです。しかし、あまりにも節税にこだわるのは危険です。税金を減らすことばかりに気にとられてしまうと、逆に家族を困らせることにもなりかねないからです。

家族にとってメリットになるような相続でなければ、揉めごとの原因になったり、煩雑な手続きで家族が疲れ果てたりしまったりと、感謝させれるどころか困らせてしまうことにもなってしまいます。相続税対策にはバランスが大切です。家族や利害関係のない専門家の意見を聞きながら、納得のいく相続対策を行なっていきましょう。