あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【2019年版】最安値はどの業者?建て替え費用のTOP10を発表

Rebuilding BEST PRICE

建て替え費用の相場は、大体2,000万~4,000万円くらいです。

ただ、ハウスメーカーの中には安さをとことん追求し、本体価格1,000万円以下でお家を建ててしまうところもあります。

そこで、「建て替え費用を少しでも安くしたい」とお考えの方のために、建物本体価格の最安値を徹底調査してランキング形式でまとめました。

建て替え費用の最安値は?建物本体価格の安い建築会社TOP10

建物本体価格の安い建築会社は全国展開している大手ハウスメーカーに集中しています。

やはり、規模を活かした徹底的な効率化によってコスト削減ができるからですね。
上位10社のうち5社は大手ハウスメーカーでした。

一方で、地方にも独自の経営手法で安さを追求している建築会社があります。
今回の調査では地方から5社がランクインしました。

それでは、さっそくランキングを見ていきましょう。

【10位】アキュラホーム(1,000万~1,500万円)

アキュラホーム
画像引用元:アキュラホーム|File072 家族の変化や成長に合わせて、間取りが変えられる家

アキュラホームの最安値は、約31坪の2階建てで建物本体価格1,000万~1,500万円です。

アキュラホームも価格重視から価格と品質のバランス重視へと路線を変更していますが、それでも価格は抑えられています。

なお、アキュラホームでは価格帯別に実例を公開しているものの、現在は1,000万円未満の実例は存在しません。

MEMO
アキュラホームでは以前に期間限定で、一戸建て応援プロジェクト「新すまい55」と銘打ち建物本体価格を550万円~に設定して販売していました。
しかし、現在もHP自体は残っているものの更新されておらず、メインのページからのリンクも存在しません。
参考 新すまい55
会社名 株式会社アキュラホーム
本社 〒163-0234 東京都新宿区西新宿2丁目6番地1号 新宿住友ビルディング34F
お問い合わせ 公式HPで各店舗の問い合わせ先を記載
営業時間 9:00~18:00,10:00~19:00(店舗によって異なる)
休業日 定休日あり(店舗によって異なる)
公式HP http://www.aqura.co.jp/
参考 アキュラホームグループ

【9位】タマホーム(約1,200万円~)

タマホーム
画像引用元:タマホーム|木麗な家

タマホームについては、建物本体価格で約1,200万円(税込1,300万円)~が現時点で公式ホームページで確認できる最安値です。

なお、約1,200万円のお家は「木麗な家」というラインナップです。

MEMO
タマホームでは以前「大安心の家5」シリーズを545万円で売り出していました。
しかし、現在は「大安心の家5」シリーズ自体が公式ホームページから削除されています。
また、期間・数量限定で販売していた「900万円台からの家づくり」についても、現在は明確な情報がありません。
以前のタマホームは最安値を追求する姿勢を鮮明にしていましたが、現在は価格と品質の両立を目指す方針に転換しているようです。
会社名 タマホーム株式会社
本社 〒108-0074 東京都港区高輪3丁目22番9号 タマホーム本社ビル
お問い合わせ 0120-923-000
営業時間 9:00~20:00(フリーダイヤル)
休業日
公式HP https://www.tamahome.jp/
参考 タマホーム

【8位】飯田産業(約977万円~)

飯田産業
画像引用元:飯田産業|バリアフリー・ストレスフリーに十分配慮した平屋

飯田産業の最安値は20坪の平屋建てを建てるケースで、お値段は約977万円(税込1075万円)~です。

また、上記価格には建物本体価格や標準設備に加えて、以下の費用などが含まれています。

  • 仮設工事費
  • 現場管理費
  • 屋内外給排水工事費
  • 電気工事費
  • ガス工事費
  • 地盤調査費

上記の項目は、合計で100万~150万円程度が一般的な相場です。

ですから、建て替え費用の総額で比較すると、実はランキング1位・2位を上回って最安値となる可能性もあります。

会社名 株式会社飯田産業
本社 〒180-0022 東京都武蔵野市境2丁目2番地2号
お問い合わせ 公式HPで各店舗の問い合わせ先を記載
営業時間 10:00~19:00
休業日 定休日あり(店舗によって異なる)
公式HP http://www.iidasangyo.co.jp/order/
参考 飯田産業注文住宅価格表

【7位】アイダ設計(888万円~)

アイダ設計
画像引用元:アイダ設計|888万円の家

アイダ設計は、「888万円の家」を看板商品としています。

建物本体価格888万円(税込977万円)と破格の安さながら、28坪4LDKの2階建てと広めのお家です。

また、キッチン・浴室といった設備のグレードは低くなく、仕様の統一等によるコストカットで最安値を実現しています。

会社名 株式会社アイダ設計
本社 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目286番地
お問い合わせ 公式HPで各店舗の問い合わせ先を記載
営業時間 9:00~18:00
休業日
公式HP https://www.aidagroup.co.jp/
参考 株式会社アイダ設計888万円の家

【6位】はなまるハウス(713万円~)

はなまるハウス
画像引用元:はなまるハウス|19坪 713万円

はなまるハウスは、今のところ群馬県・栃木県・千葉県・福岡県で展開している建築会社さんです。

19坪2LDKの平屋建てを建物本体価格713万円(税込784万円)~で提供しています。

また、坪数別に数種類のプランを用意していて、最安値の19坪では5種類から選べるのが特長です。

会社名 ケイアイネットクラウド株式会社
本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館17階
お問い合わせ 公式HPで各店舗の問い合わせ先を記載
営業時間 10:00~19:00(店舗によって異なる)
休業日 水曜(店舗によって異なる)
公式HP https://870house.jp/
参考 はなまるハウス19坪 2LDK

【5位】アイフルホーム(700万円~)

アイフルホーム
画像引用元:web housing|700万台を実現できた7つの理由

アイフルホームが提供する「i-Prime」は、建物本体価格700万円(税込770万円)~です。

ただし、地域やプランによっては1,000万円ほどになる可能性があるので気を付けてください。

「i-Prime」では、お客様自身で公式サイトに情報入力していただき、プランの選択・建築総費用の概算・スケジュールの作成を自動で行っています。

インターネット限定にして、店舗と一部人件費の削減によってコストカットを実現しています。

会社名(運営元) 株式会社LIXIL住宅研究所
本社 〒136-0071 東京都江東区亀戸1丁目5番地7号 錦糸町プライムタワー
お問い合わせ 0120-338-836
営業時間 9:00~18:00
休業日 土日祝(夏季休業・年末年始等を除く)
公式HP https://www.web-housing.jp/
参考 web housing700万台を実現できた7つの理由

【4位】アートスタジオヴィヴィ(550万円~)

アートスタジオヴィヴィ
画像引用元:アートスタジオヴィヴィ|予算内で平屋を建てたい方へ ViVi house FLAT

アートスタジオヴィヴィは、新潟市に展開している建築会社さんです。

10坪1LDKの平屋建てを、建物本体価格550万円(税込605万円)で建築できます。

なお、シリーズの名称は「ViVi house FLAT」です。

会社名 アートスタジオヴィヴィ有限会社
店舗所在地 〒950-0892 新潟県新潟市東区寺山3丁目4-4
お問い合わせ 025-278-9270
営業時間 9:00~18:00
休業日 土日も営業
公式HP https://vivi-web.net/
参考 アートスタジオヴィヴィ予算内で平屋を建てたい方へ ViVi house FLAT

【3位】楽ちん住宅(約503万円~)

楽ちん住宅
画像引用元:楽ちん住宅|商品紹介

楽ちん住宅は千葉県内で展開されています。

商品名「R-01」の約12坪1LDKの平屋建てが最安値で、建物本体価格を約500万円(税込553万7千円)、付帯工事費を約240万円(税込262万円)で提供しています。

会社名 御園建設株式会社
本社 〒297-0078 千葉県茂原市高師台2丁目5-3
お問い合わせ 0475-47-3118
営業時間
休業日
公式HP https://rakuchin-jutaku.com/
参考 楽ちん住宅商品紹介

【2位】ヒラキハウジング(500万円~)

ヒラキハウジング
画像引用元:ヒラキハウジング|建つんです500

ヒラキハウジングは熊本県の建築会社さんで、現在は熊本県内のみで営業しています。

看板商品は「建つんです500」で、平屋建てを建物本体価格500万円(税込550万円)で新築できます。

会社名 株式会社ヒラキハウジング
本社 〒862-0941 熊本市中央区出水4丁目14-13号(出水ふれあい通り)
お問い合わせ 0120-3500-97(「建つんです500」開発事業部)
営業時間
休業日
公式HP https://www.hiraki-h.com/
参考 株式会社ヒラキハウジング建つんです500

【1位】平屋相談所(498万円~)

平屋相談所
画像引用元:平屋相談所|プラン紹介

建て替え最安値は平屋相談所で、今のところ徳島本店と高松店の2店舗があります。

「”おひとりさま”応援価格!」と称して、約12坪1LDKの平屋建てを建物本体価格498万円(税込537万円)で新築しています。

ただし、「”おひとりさま”応援価格!」は毎月1棟しか受注していないため注意が必要です。

会社名 株式会社プラザセレクト
本社 〒771-0137 徳島県徳島市川内町平石若宮20-9
お問い合わせ 088-624-8810
営業時間 10:00~17:00
休業日 火曜・水曜
公式HP https://www.kodate-plaza.jp/
参考 平屋相談所

建て替え最安値の建築会社を探すうえで知っておきたい3つのポイント

近年、最安値として注目を浴びた看板商品を取り下げる会社さんが増えています。

ところが、ホームページには古い価格情報が残っている場合もあり、気を付けなければなりません。

そのため、最安値の建て替え業者を見つけるには、最新の正しい情報を入手して比較する必要があります。

そこで、建て替え最安値の建築会社さんを探すにあたり、知っておきたいポイントを3つにまとめました。

【ポイント1】表示価格の含まれる費用は建築会社間で異なる

建築会社が表示している価格は、建物本体価格のみである場合がほとんどです。

しかし、なかには今回紹介した飯田産業のように付帯工事費の一部などを表示価格に含めている場合があります。

また、税込・税別の違いについてもチェックしなければなりません。

ですから、できるだけ表示価格に含まれる中身の違いを意識しながら比較しましょう。

なお、一般的に建物本体価格は全体の約70%ほどを占めるケースが多いです。

よって、実際にかかる費用総額は、建物本体価格の1.4~1.5倍以上になると想定しておきましょう。

【ポイント2】自由設計と最安値は両立しない

建て替え費用の最安値を実現するためには、以下のような効率化が不可欠です。

  • 大量一括仕入れによる資材単価の引き下げ
  • 資材の規格統一による在庫削減、施工標準化
  • 工場プレカット(事前に工場で規格品を作成)による工期短縮、人件費削減
  • 規格品・標準装備のみで対応できるプランに限定して効率化

コストカットは、建築会社の徹底した事前準備によって達成されるわけです。

なかには、「自由設計」「間取り変更可」「設備選択可」とうたっている建築会社が存在しますが、過信してはいけません。

あくまで建築会社の想定している範囲内での自由に過ぎず、特別な注文が多くなるほど最安値プランから離れてしまいます。

「自由設計」等の表記があっても、あてにならないと考えておきましょう。

【ポイント3】展示場や広告のコストは価格に転嫁される

派手に展示場や広告を展開しているハウスメーカーは数多く存在します。

ところが、費用は建築価格に転嫁される場合が多いので要注意です。

したがって、「大手ハウスメーカーなら必ず価格を安くできる」とは限らず、単に知名度が高い、全国展開しているといった基準で調べても、建て替え最安値を更新するような建築会社はそうそう見つかりません。

むしろ、本記事で紹介したように、地域限定の建築会社さんの方が大手ハウスメーカーより安い場合もあります。

まとめ

今回は、建て替え費用の最安値を徹底調査し、業者ランキングTOP10を紹介しました。

2019年時点での建て替え最安値は、平屋相談所が提供する建物本体価格498万円(税込537万円)でした。

また、全国に展開する建築会社さんのなかでは、アイフルホームが提供する「i-Prime」の700万円(税込770万円)が最安値です。

ただし、繰り返しになりますが、紹介した建築会社の表示価格には解体工事費等の付帯工事費が含まれていないので要注意です。

特に、解体工事については建築会社に一括発注すると、紹介料等の中間マージンが発生します。

ですから、解体業者とご自身とが直接解体工事を契約しなければ、建て替え最安値は実現できないので気を付けてください。

なお、あんしん解体業者認定協会では、優良な解体業者を無料で複数社紹介しています。

複数業者の見積書を比較すれば、無理なく解体費用を抑えられます。
どうぞ、ご利用ください。


解体無料見積ガイド

事前にしっかりとリサーチをすれば、1,000万円を切るような最安値で建て替えができる可能性があります。

本記事で紹介した建築会社さんを中心に、ご自身でも頑張って調べてみましょう!!

建て替え費用の相場をチェックしよう!!予算帯からチェック!! 自宅の建て替え費用の相場について知ろう 建て替え工事なら分離発注しましょう!!解体前の準備が大切!! 家を建て替える際に費用を抑えるポイント 不動産登記法の本節約しよう!! 解体から新築までの建て替え登記を自分で行う方法