あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【埼玉県白岡市】解体業者3社の見積り結果は金額差20万円以上?!

解体前

土地の売却が決まったので空き家を解体工事をしました。解体工事を依頼するのは初めてだったので、解体費用の相場は全く分かりませんでした。でも、売った後の税金や不動産会社に払う手数料を考えると費用は少しでも抑えたい…。そこで、相見積りをして見積りが一番安かった解体業者さんに解体工事を依頼したのです。

MEMO
相見積もりとは、複数の見積もりを取って比較しながら依頼する業者決める場合を指します。その都度、解体業者さんに問い合わせる手間がかかりますが、金額面で失敗するリスクが低くなるので工事関連の見積りでは頻繁に使われます。

この記事では、当協会にお問い合わせ頂いた吉田様が解体工事を完了させるまでの一部始終をご紹介します。

あんしん解体業者認定協会は無料で利用できる解体業者の見積り比較サイトです。

あんしん解体業者見積もりガイド

あんしん解体業者認定協会で解体業者の見積りを比較する

まずは解体業者探し!

まずはネットで検索してヒットした解体業者さんに問い合わせて見積りを出してもらいました。見積りを出すには現地で測量に立ち会う必要があります。測量の日程は解体業者さんと話合って互いに都合がいい日を決めます。
初回は、勝手が分かりませんでしたが一度やってみれば難しくありません。

立ち合いから数日後、解体業者さんから見積書が送られてきました。しかし、見積書に書かれた項目を見ても、その金額が妥当なのかどうか判断ができません。あと2、3社は見積りを出す必要がありました。
ところが、当初は仕事がひどく忙しかったので、解体業者さんと測量日を調整するのがネックでした。それに、仕事で疲れているのに解体費用の見積もりの段取りをするのは正直おっくうになっていました。そんな時、インターネットで解体業者の見積り比較サイトを見つけました。

吉田様は、ネットで解体業者の情報を集めているうちに、当協会が運営するあんしん解体業者見積りガイドのホームページをご覧になりお問い合わせ頂きました。

3社の見積り結果は?

認定協会に問い合わせて3社の解体業者さんを紹介してもらいました。測量日の調整は認定協会の担当者が全部やってくれました。
それぞれの見積り結果です。

解体業者 金額
A社 163万800円
B社 160万3,800円
C社 140万円

見積りを出したのは30坪の木造家屋です。
A社とB社では3万円の差ですが、A社とC社では23万円も違います。
見積もりを比較してみると価格差の大きなポイントは坪単価の違いでした。

A社とB社はほとんど差がなかったので総額もそれほど変わりませんでした。

見積り

A社見積り金額

B社見積り金額

しかし、C社は坪単価が5,000円違っていました。
坪単価が5,000円違うと、30坪では15万円もの金額差が出ます。
測量の時、C社の担当者が「うちは木造の解体工事を専門にやっています」と話していたので、コストの削減方法を熟知していたのかもしれません。

さらに、A社とB社は手壊しの解体工事が発生するのでさらに5万円程度追加費用が発生していました。隣の家との距離が近いので一部を手壊しで慎重に解体工事するためです。重機を使うと瓦礫(がれき)が隣の家に当たってしまう恐れがあるようです。

MEMO
手作業での解体工事は「手壊し」や「手バラシ」と記載されます。重機を使って解体工事するのに比べて職人さんへの負担が大きく、人件費がかさんでしまうので割高になります。

一方、C社は同じ場所を小型の重機で対応するため手壊しの追加費用は不要でした。
金額差では、C社が最も有利です。

さらに認定協会の担当者は「見積りの金額で20万円前後の差が出るのは珍しくありません。人件費や所有重機、利用する処理場の違いなど色んなところで価格差が生じますからね。規模が大きいと100万円以上の差が出る場合もありますよ。」と言っていました。

それぞれの見積もりを比較した結果、解体工事はC社に依頼しました。
決めては圧倒的な価格の安さです。やはり、20万円以上解体費用を節約できるのは魅力的でした。
支払いは、最初に着手金として半額、残りは解体工事完了後に支払いました。

見積り

解体業者さんが決まり、いよいよ解体工事に着工します。工期は2週間です。

解体工事開始

解体前

最初に足場を組んで家の周りに養生シートを張ります。騒音やホコリが周辺に漏れるのを防ぐためです。
続いて、残置物を運び出して内装を剥がしていきます。家が骨組みだけになったら重機を使って崩していきます。

解体中

重機で少しずつ崩して木材をトラックに積んで運び出していきます。1週間ほどで家屋部分がほぼなくなりました。家屋部分の次は基礎と呼ばれる家屋の土台を撤去します。
基礎部分も全て撤去し終わると最後に整地をしてもらって解体工事が完了です。

更地

草や樹木も全て取り除いてもらいました。最後まで無事トラブルもなく完了したので良かったです。

まとめ

相見積もりで複数の解体業者から見積りを取ると、ある程度の相場が掴めるようになります。さらに、比較して決められるので自分で納得して解体業者を選べますよ。

吉田様は相見積もりを利用して解体費用を大幅に節約しました。相見積もりは決して難しくありませんし、むしろ解体業界では一般的です。あなたも解体業者さんを手配する機会があればぜひ利用しみて下さい。

『あんしん解体業者認定協会』では、全国約14,000社の解体業者さんのうち、厳しい審査基準をクリアした約870社以上の優良な解体業者さんの中から、お問い合わせいただいた方にピッタリの解体業者さんを無料でご紹介しております。専門のスタッフが丁寧に対応致しますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

『あんしん解体業者認定協会』で解体工事の見積り比較をする