あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

千葉県の解体工事体験談・思い出が詰まった実家を解体しました

借地を返却するとなったら解体業者を探さなければいけませんが、初めての解体でどこにお願いすればいいのかわからないといった方も多いのではないでしょうか。

しかも土地を借りている以上、毎月借地代がかかってしまうので早く解体したいですよね。

私も相続した実家の借地代で毎年20万円近くかかっていましたが解体して無事返却することができました。しかも便利なサービスを見つけて解体費用を安くできました。

解体業者探しスタート

いざ家を解体するとなっても何から始めればいいかわかりませんでした。お金はいくら必要か、どこにお願いすればいいのか…。

私のまわりで家を解体した人がいなかったので頼れる人もいないのでインターネットで調べてみました。解体業者さんのホームページや解体の情報サイトをいくつか読んでみてだいたい100万円くらいはかかるだろうと予想できました。でも、色々見てみるとサイトによって金額が違って、実際いくらになりそうかわからなくなりました。

しっくりこないまま家族に相談すると、インターネットの一括見積もりサービスで見積もりをとってみたらどうか、という話になりました。

誰がやっているかわからないし、ましては100万円単位でお金がかかることをインターネットで決めていいのか、と不安になりました。
娘に「また心配しすぎ!」と言われながらインターネットで検索してみました。いくつか一括見積もりサイトを見た中で、利用者の感想と金額例が1番たくさん載っているサイトに問い合わせてみることに。
(本当に大丈夫なんだろうか・・・)

一括見積もりサイトに問い合わせてみて

もしこのサイトの対応が悪くても他にもあたるところはある、そう思って思い切って電話してみました。最初に電話を受けた女性スタッフが千葉県の担当者につないでくれました。千葉県を長く担当していると聞いて、まずは良い人にあたったとホッとしました。

実家の場所や広さなどを伝えた後、間もなくして担当者さんが解体業者を3社紹介してくれました。
解体業者さんが見積もりを出すために解体現場を確認しなければいけないとのことでした。私が住んでいる江東区から実家までは電車をつかって1時間以上かかりますが、室内を見ておきたい気持ちがあったので、業者さんと現場で会うことになりました。

平日はパートがあって行ける日が限られていますが、3社の業者さんと同じ日に立ち会えるように、担当者が気をまわして調整してくれました。

3社の解体業者と実際会ってみて

どの解体業者さんも待ち合わせの時間通りに来て、建物の確認も問題なく進みました。だいたい何日くらいかかりそうか、私の方でやっておくべきことはあるかなど、こちらの質問にもしっかりと答えてくれました。

その中である業者さんは、ご近所への挨拶まわりについても詳しくお話してくれました。何軒先まで挨拶するか、留守だったらどうするかを知らせてくれたのでとても好印象でした。
工事が始まったあと現場を見に来れないのが心配だったのですが、こうして説明してくれる業者さんにはお任せして大丈夫そうだなと感じました。

葬儀の後、遺品を整理していたので大体の片付けは住んでいました。あとは大きな家具など使わない物は解体業者さんに処分してもらうことにしました。

あとは解体の日を待つだけです。最後にもう一度、工事が始まる日に来ようか迷いましたが辛くなりそうだったのでやめました。

いつも家族で集まっていた居間の壁に「ありがとう」のメッセージを書いて実家とお別れしました。

解体業者を決めた理由

解体業者さんと現場で立ち会ってから間もなく、3社から見積もりが届きました。失礼な言い方ですが、予想に反してどの業者さんも対応がちゃんとしていたので迷うところです。

①S社さん93万円
②Y社さん82万円
③H社さん88万円

(各社税込み金額)

紹介サイトの担当者さんは各社の特徴や工事の実績を色々と教えてくれました。その中でY社さんについて、近隣の地域にもしっかりと配慮して工事をすると言っていましたが実際に現場立ち会った時にその姿勢を見れたので説得力がありました。

家族とも相談した結果、82万円のY社さんにお願いすることにしました。

契約のやりとりも問題なく進みました。工事前のご近所への挨拶も約束通りしっかりとやってくれたようです。挨拶にまわった家に印をつけた地図を、後日工事の写真と一緒に送ってくれました。ここまでちゃんとやってくれるんだと感心しました。

解体工事スタート

いよいよ解体工事が始まります。

解体業者さんが紹介サイトの担当者さんに工事の進捗を随時報告していたのでその写真を私にも送ってもらいました。

家の周りに養生シートを張ったあと、家の中の家具などすべて運び出します。

最後まで使おうかどうしようか、迷った椅子。

すっかり何もなくなりました。

屋根の瓦を外します。

重機で取り壊していきます。

小雨が降っていた日も作業してくれていたようです。風が強い日でしたが小雨ならホコリが飛び散らないので問題はなかったようです。

壊した時にでる廃材は、種類ごとに分けて運んでいました。

家を支えていた基礎のコンクリート部分を取り壊します。

コンクリートの廃材も残さず撤去していきます。

庭の木は根から抜きました。

作業員の方が石を綺麗に取り除いてくれました。

工事完了です。

解体工事を終えて

無事、9日間の解体工事が終わりました。解体業者さんから報告のお電話をいただいた時、ようやくホッできました。良い業者さんにお願いしたとはいえ、離れた地での解体工事は、やっぱり心のどこかで心配していたのだと思います。

解体が終わったあとの手続きもありましたが、そこも紹介サイトの担当者さんにいろいろと教えてもらいながら無事申請できました。

大切な実家でしたが、穏やかな気持ちでお別れできました。実は、解体すると決めてからもこれでいいのかなと思うことはありました。
でも使いみちがなくなった家の負担を抱えている私を父が望んでいるのかな、と思うと解体してよかったのだろうと思います。

50歳で生まれて初めての解体工事でしたが、もう経験することはおそらく無いと思います。その機会に、良い解体業者さんと出会って、無事土地をお返しできて本当に良かったです。