あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【埼玉県上尾市】解体工事で追加費用発生!プラス10万円請求された理由

解体前

土地の売却が決まったので解体工事をしました。ところが、解体工事で追加費用が発生してしまったのです。その額なんと10万円。
解体工事では追加費用を巡って不当な請求をされるケースがあると聞きます。でも、実際は追加費用の項目に関して事前にしっかり説明を聞いていたので、滞りなく解体工事が完了できました。

MEMO
解体工事では実際に作業をしてみないと発生するかどうかが分からない費用項目があります。ただ、それほど数は多くありません。解体工事を依頼するなら追加費用の項目はしっかり押さえておきましょう。
この記事では、森下様が当局にお問い合わせ頂いてから解体工事を完了させるまでの一部始終を紹介します。

あんしん解体業者認定協会は無料で利用できる解体業者専門の見積り比較サイトです。

あんしん解体業者見積もりガイド

あんしん解体業者認定協会で解体業者の見積りを比較する

解体費用を100万円も水増し?!

当初、解体工事は取引のある不動産屋さんに手配してもらう予定でした。ところが、見積りを依頼したところ200万円もかかると言うのです。どうしても納得できなかったので上尾市の解体費用相場を調べたところ、木造25坪なら坪単価は3万前後でした。解体費用で75万円かかったとして、そのほか諸費用を入れても100万円前後が妥当なところではないでしょうか。そこで、実際に100万円くらいで請け負ってくれる解体業者さんがないかネットで探し始めたのです。

見積り上尾市の解体費用・相場

森下様は、ネットで解体業者の情報を集めているうちに、当協会が運営するあんしん解体業者見積りガイドのホームページをご覧になりお問い合わせ頂きました。

少しずつ明らかになる追加費用

認定協会に問い合わせると3社の解体業者さんを紹介してくれました。仕事の都合で測量の立ち合いは最後のC社だけしかできませんでしたが、3社それぞれ見積書を送ってくれました。

解体業者 金額
A社 135万円
B社 114万円
C社 103万6,800円

金額だけ見るとC社が一番安いです。また、見積書の項目を詳しく見比べてみると追加費用の項目はバラバラでした。
しかも、実際には測量に立ち会っていない最初の2社からは正確な見積りが取れていませんでした。それぞれの見積書を詳しく紹介します。まずはA社の見積書です。

A社見積り(養生シート)

A社見積詳細
A社見積り詳細

A社の見積で分かった追加費用は「養生シート」です。養生シートは建物の周囲にホコリや騒音が漏れるのを防ぐために張る防音シートのことです。
ただ、この養生シートは解体工事をするなら必須の項目だと言われています。解体工事で一番クレームになりやすいのは重機で家を崩す時に出るホコリだそうです。養生シートをしただけで完全に防ぎきれるとは限りませんが、そもそも何もせずに解体工事をしているとすぐに苦情が入り、トラブルに発展してしまいます。残りの2社も養生シートの項目は見積書に含まれていました。

MEMO
養生シートの素材は防音性に優れたものから、防炎の効果があるものなどさまざまです。そのため、解体業者さんによって使用する養生のタイプは異なります。ただし、解体業者さんの中にはブルーシートのようにほとんど効果が見込めないようなものを使っているところもあります。見積りの際に余裕があれば詳しく聞いてみましょう。

そのほかA社の見積書で目立った追加費用はありませんでした。
続いてB社の見積書を見ていきます。

B社見積り(地中埋設物)

B社見積詳細
B社見積詳細

B社の見積書では「浄化槽撤去処分」の項目に5万円が計上されています。浄化槽とは地中に埋まっている便槽のことで、本来は解体工事に取り掛かってみないと正確な大きさや処分費用は分かりません。B社さんは、測量に立ち会っていないので念のため浄化槽の撤去費用を見積書に含めていました。実際には、浄化槽は埋まっていなかったので費用は発生していません。

MEMO
解体工事に関する追加費用の項目では、地中を掘ったときに出てきた廃材をまとめて地中埋設物といいます。地中埋設物は浄化槽の他に、前の建物の一部が埋まっているケースもあります。いずれにしても、実際に廃材の量を把握しないと正確な見積りは出せません。

最後にC社の見積書をみてみます。

C社見積り(アスベスト除去)

C社見積詳細
C社見積詳細

C社の見積書では、新たな追加費用の項目「アスベスト除去工事」が明らかになりました。アスベストとは、石綿(いしわた)とも言われる有害物質で現在は使用が禁止されています。しかし、以前は断熱材として幅広く利用されていたため、解体工事の際に露出して周囲に飛んで行く危険があります。そのため、アスベストの使用が分かった場合、特別な方法で除去工事しなければなりません。

さらに、アスベストが使われているかどうかは、建物の一部を剥がしてみないと分かりません。そのため、測量に立ち会っていない2社はそもそも追加費用としてアスベストが記載されていなかったのです。結局、最後のC社に立ち会っていなければ、正確な見積りは取れてませんでした。

どうしても把握できない追加費用

これで追加費用は全部網羅したかと思いきや、どうしても事前に把握できない追加費用があります。それは「ベタ基礎」です。
建物の土台は主に「布基礎」か「ベタ基礎」のいずれかでできています。このうち、ベタ基礎はコンクリートの使用量が多いため、崩して撤去するのに手間が掛かります。さらに、コンクリートの処分量もかさむため料金が高くなる傾向にあります

ところが、基礎は建物の土台にあたる部分なので実際に解体工事を進めてみないと構造が把握できません。
そのため、C社の担当者さんは、「もしベタ基礎だった場合は10万円前後の追加費用が掛かるでしょう」と言っていました。

MEMO
基礎は床板の一部を剥がせば確認出来る場合があります。可能であれば測量の時に解体業者さんに相談して確認をしてもらいましょう。

解体工事で追加費用がかかる主な項目は以上です。これまで紹介した追加費用の項目をまとめます。

追加費用項目 備考
養生シート 近隣に住宅がある場合は必須
地中埋設物 浄化槽など、地中に埋まっている廃材の処分費
アスベスト(石綿)除去工事 人体に有害な物質の除去作業
ベタ基礎 建物土台部分の構造により費用が変化。コンクリートの処分費が発生

見積の結果C社に決定!

見積書を見比べた結果一番お得だったのはC社さんです。C社さんは他の2社には含まれていないアスベストの項目を含んでるのに金額が一番安かったのです。さらに、C社さんにお願いした場合はベタ基礎だった時のリスクも把握ができていました。そこで、追加費用が発生したとしても一番安くおさえられそうなC社さんに依頼を決めました。

追加費用項目 C社見積書内訳の有無 備考
養生シート 3社とも記載あり
地中埋設物 B社のみ記載あり
アスベスト(石綿)除去工事 5万円
ベタ基礎 発生した場合10万円前後

解体工事開始

解体前

解体工事の着工前には解体業者さんが挨拶周りをやってくれました。解体工事は順調に進み、いよいよ問題の土台部分に差し掛かりました。

結果はベタ基礎。残念ながら追加料金の対象になってしまいました。

ベタ基礎

最終的には見積書の金額から少し調整してくれました。当初の解体費用から少し安くなった上で追加工事の10万円がプラスされています。実際の請求書です。

請求金額

見つかったベタ基礎は無事に撤去されました。最後はきれいな更地にして解体工事完了です。

まとめ

整地後

追加費用が掛かったのは残念だったけど、事前に話は聞いていたのですぐに諦めもつきました。測量に立ち会うと正確な見積りを出してもらえるだけでなく、不安な部分は直接聞いて解決できます。見積りを依頼する時はぜひ、測量にも立ち会うのがおススメです。

『あんしん解体業者認定協会』では、全国約14,000社の解体業者さんのうち、厳しい審査基準をクリアした約870社以上の優良な解体業者さんの中から、お問い合わせいただいた方にピッタリの解体業者さんを無料でご紹介しております。専門のスタッフが丁寧に対応致しますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

『あんしん解体業者認定協会』で解体工事の見積り比較をする