あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

無事故を目指して!台風時の解体工事現場の安全対策

免れられない夏の不安のタネ、台風
今月下半期に猛威をふるった台風9号でも、被害は甚大なものでした。
川が氾濫してしまうほどの豪雨、建物が破損するほどの強風など…。

できることなら天候の安定した時期に解体工事を行いたいものですが、事情によっては台風の発生しやすい夏真っ盛りに工事を行わなくてはいけないこともあるはずです。
ここで不安なのが、「もし解体工事中に台風が来てしまったら、大変なことになるのではないのか」ということ。
台風による強風で足場が倒壊してしまったり、豪雨で家屋の一部が流されたりしてしまえば、施主のみならず近隣の方々にも被害をもたらしてしまうかもしれません。

今回は、台風の影響で予想される被害と安全対策についてご紹介いたします!

台風による解体現場での事故

taifu02

ただでさえ、危険なイメージの強い解体工事。
悪天候の作業には、施主としてはどうしても不安を感じてしまうもの…。
では、実際にはどのような被害や事故が想定されるのでしょうか。

台風による作業員への被害

解体工事の費用を抑えるためには、短い工期で作業を行うことが不可欠。
コスト削減を図り、作業を中止した方が良いような天候の中でも、作業を強行してしまうような業者も中にはいます。

豪雨や強風の中で作業を行うと、足を滑らせたり、風に煽られて足場から転落してしまう可能性もあります。
また、その時は大したことはないと思っていても、豪雨により川が氾濫してしまうことで、増水による被害で怪我や死亡してしまうケースも、過去に実際に発生しています。

解体工事による事故で最も被害に遭う確率が高いのは解体工事を行う作業員ですし、作業員が怪我をしてしまえば、結局作業を中止することになり工期は遅れてしまいます。
安全を最優先に考えられる解体業者に施工を依頼したいものですね。

強風による近隣への被害

taifu03

台風による強風の影響で、最も恐ろしいのは危険物が飛んでしまい、建物や人へぶつかってしまうこと。強風に煽られて解体現場の足場が倒れたり養生パネルが剥がれたり、解体途中の家屋の一部が破損してしまう危険性も十分に考えられます。

また、強風の中作業を強行してしまえば、重機のコントロールが難しくなり、近隣家屋にぶつかったり、破損させたりしてしまう可能性もあります。
ただでさえ慎重さが求められる作業ですから、少しでも天候が不安定な場合には施工を中断し、また、現場を離れる際にも倒壊・破損などの対策を施さなくてはなりません。

実際に起こってしまった台風での事故

きのう17日(2016年4月)、強い低気圧が西日本から東日本を通過し、台風並みの強風が吹き荒れた。瞬間最大風速30・5メートルを記録した東京・多摩市で午前11時ごろ、解体工事中だった9階建てビルから足場や鉄製のパネルが次々とはがれるように崩落した。
「倒れるときに一気にぶわーっと来た感じ」(崩落の瞬間を撮影した中学生)

JR北千住駅近くの工事現場でも、高さ、幅とも約20メートルの足場がはがれ落ち、信号機2本をなぎ倒した。司会の小倉智昭は「建築、解体現場の足場というのは、工事が終わったら取り壊すんで、そんなに強度もないってことなんですかね」
天達武史(気象予報士)「瞬間的な突風ではなくて、20メートル前後の風が長い時間吹き続けていたことで、倒れやすくなっていたのかもしれないですね」

引用:J-CAST

今年4月に発生した強風の影響で、東京都多摩市の解体工事現場の足場やパネルが崩壊してしまった事故。幸いにもけが人はいませんでしたが、現場では交通規制がかかるなどの被害が発生しました。

予想だにしないほど強烈な暴風だったとはいえ、もしもの時のために足場やパネルの強度をしっかりと保っておかなければ、こうした事故が起こる可能性はぬぐえません。撤去の際に時間がかかってしまうとしても、十分に安全な工事現場で施工することが大切です。

安全性を考慮した作業工程

taifu04

安全な解体工事のためには、施工の手順や工程を組んだ計画を立てることも重要です。
作業の進めやすや効率の良さだけでなく、破損や倒壊を防ぐため、的確なスケジュールのもと施工しなければなりません。

常に天候を意識した作業スケジュールを作成

技術が進んだ近年では、ある程度の天候の不調は、気象庁から確認することができます。
豪雨・強風が予想される場合は、事前に危険防止の対策を施さなくてはなりません。

例えば、雨風の強い日は足元が悪く、作業員の転落事故などが発生しやすくなってしまうため、晴れの日に高い場所での作業を行うようにしたり、強風の日には粉塵が飛散しやすいため、飛散物が発生するような作業も、天候の安定した日に行うようにします。

また、台風などの災害が起こるとあらかじめ予想できていたときは、事前に災害に備えた対策を施しておきます。大雨による水害を防ぐため、排水ルートを確保し、あらあじめ排水路の掃除をしておいたり、のり面(※切土や盛り土などによる斜面)の上部には、雨水が流れださないよう側溝を掘るなどしておきます。

また、万が一の場合に作業員の安全を守るため、現場の避難経路を確認するとともに、どの程度まで天候が悪化したら作業を中止するかの作業基準や、作業中止の指示を誰が出すかなどを決めておくことで、作業中に悪天候に見舞われた際にもスムーズに避難できるようにしておきます。

被害を最小限に抑えるための工夫

taifu05

事前に対策を施しておいても、作業途中に台風が直撃した場合、解体現場の倒壊や破損は発生してしまうかもしれません。そのような場合に少しでも被害を抑えるため、作業工程に工夫をほどこすことが必要です。

解体工事中に発生しやすいのは、外壁が倒れてしまうという事故。
風にあおられた際に近隣に向かって倒れてしまうことのないよう、内側に倒れるよう隣家から遠い部分を先に壊していったり、また、建物のバランスが不安定な状態で日をまたいでしまうことのないよう、1日で作業を終えられるようにします。

足場と養生による安全対策

taifu06

豪雨や強風により、足場や養生が崩れてしまう事故は少なくありません。
激しい悪天候にさらされても耐えられるよう、足場や養生にもあらかじめ工夫を施し、安全性を確保しなくてはなりません。

強風が予想される際は風の通り道を作る

粉塵などの飛散物を防ぐため、足場を囲うようにして設置する養生シート
しかし、養生シートが入ってきた風の抜け道をなくしてとじこめてしまうことで、足場を揺らしてしまう危険性があります。
もちろん、かといって養生シートをすべて撤去してしまうと、粉塵の飛散など別の被害を生んでしまう可能性もありますので、悪天候が予期されるときのみ出隅部分の養生を絞る・撤去するなどの対策が必要です。

また、防音パネルなどのパネル養生は取り外しが難しいため、組み立ての段階から全面パネル養生にするのをやめ、一部を防音のシート養生にするなどすると、風を足場に留めない抜け道を作ることができます。

足場を補強して頑丈で安全なものに

taifu07

なんといっても最も安全性が必要とされるのは足場です。
台風の際に倒壊することがなくても、風や雨にさらされて弱まってしまった足場は、その後の施工中に作業員へ危険を及ぼすかもしれません。

強風にも耐えられるための対策としては、ワイヤーで建物と足場をつなぐ倒壊防止対策や、足場用の接続金具にはより頑丈なものを選んで強度を安定させるなどがあります。

施工業者の丁寧な対応が安全な現場を作る

自然災害への安全対策にも言えることですが、解体工事現場の安全性は施工業者の丁寧な作業と状況判断によって決まります

台風の事前対策にしても、ある程度のキャリアを積んでいる解体業者であれば、初めて経験することではないはず。
どうすれば倒壊しない強い足場を作ることができるのか?どうすれば建物が破損したり、飛散物を発生させたりすることを防げるのか?

天候の安定した時期の解体工事と同じ作業を行うのではなく、状況に応じて安全性を確保した施工を行ってくれる業者に依頼したいものですね。

まとめ

今回は、この時期には心配になる解体工事の台風対策についてご紹介いたしました。
解体工事に限ったことではありませんが、「安全」というのは慎重な判断と、万が一に備えた対策によって守られるもの。
「この程度なら大丈夫だろう」と安全対策を怠ったり、コスト削減を最優先にして必要な工程を省くような業者も中にはいますから、安全面でも信頼できる解体業者に施工をお願いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。