あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

東京都品川区の解体費用と相場

お住いの将来を考える時、全体の予算や金額の目処がたつと、計画が進めやすいですよね。あらゆる選択肢の中で、家の解体費用はいくら位かかるんだろう?と情報サイトや業者のホームページで調べてみても、はじめて経験することで相場がわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

解体費用は、解体作業そのものだけではなく、解体時に出る廃棄物の種類や量によっても金額が変わってきます。また、立地条件や建物の構造によって、作業工程が変わるため解体費用が変動します。そのため、どの情報源も金額に差が出てきてしまうのです。

このページでは、実際に行われた解体工事の費用を元に算出した品川区の費用相場を構造別にご紹介しています。これからご計画を進める際、事前に把握していた金額から大誤算になってしまわぬよう、一つの目安にしてみてください。

東京都品川区の木造の費用相場(坪単価)一覧

坪単価 費用幅
~9坪 5.1万円 45,724円~55,885円
10~19坪 3.9万円 35,426円~43,299円
20~29坪 3.6万円 32,227円~39,389円
30~39坪 3.4万円 30,381円~37,132円
40~49坪 3.2万円 29,119円~35,590円
50~59坪 3.1万円 28,157円~34,414円
60~69坪 3.0万円 27,382円~33,467円
70~79坪 3.0万円 26,737円~32,678円
80~89坪 2.9万円 26,186円~32,005円
90~99坪 2.9万円 25,706円~31,418円

一般的な日本家屋(30坪)の坪単価は、3.4万円前後になります。

歴史ある地域と近代的な発展が進む地域が混在している品川区ですが、一方で、都心部から一歩離れると住宅街が広がっています。また、木造住宅等の建物が密集し、国が発表した密集市街地の指定地区数では、東京23区内で品川区が最多です。
こういった地域は、工事の際に十分なスペースや道路幅が確保できていない立地が多いです。老朽化が深刻だったり、重機が入れないような狭い立地の場合、通常より作業工程が変わり、手間が加わるため、解体費用に影響します。

品川区では老朽家屋を解体する際、解体費用を補助する制度を設けています。解体費用を大幅に節約できるかもしれませんのでこちらのページも参考にしてみてください。

解体費用を抑える充実助成制度‐品川区編

東京都品川区の鉄骨造の費用相場(坪単価)一覧

坪単価 費用幅
~9坪 6.5万円 58,688円~71,730円
10~19坪 5.1万円 45,471円~55,575円
20~29坪 4.6万円 41,365円~50,557円
30~39坪 4.3万円 38,983円~47,646円
40~49坪 4.1万円 37,326円~45,621円
50~59坪 4.0万円 36,067円~44,082円
60~69坪 3.9万円 35,060円~42,851円
70~79坪 3.8万円 34,232円~41,839円
80~89坪 3.7万円 33,527円~40,977円
90~99坪 3.7万円 32,912円~40,226円

鉄骨造の建物には、発がん性がある「アスベスト」が使用されていることがあります。解体物件で使用されている場合、定められた適切な方法で除去、廃棄処分しなければなりません。現在、新しく建築する際、アスベストの使用は法律で禁止されていますが、過去にアスベストが使用された建材がそのまま残っている建物もあるため、解体時には注意が必要です。

建設当時の仕様書や事前の現場調査で、アスベストの使用を把握できれば、適切な対処ができますが、工事中に見つかるケースも少なくありません。その際は、適切に処理をするための費用が追加でかかってきます。アスベストの除去費用についてはこちらのページで詳しくご紹介しています。

解体工事の追加費用では定番?!アスベスト除去費用で最低限知っておくべきこと

東京都品川区のRC造の費用相場(坪単価)一覧

坪単価 費用幅
~9坪 9.2万円 82,871円~101,286円
10~19坪 7.1万円 64,206円~78,475円
20~29坪 6.5万円 58,409円~71,388円
30~39坪 6.1万円 55,046円~67,278円
40~49坪 5.9万円 52,706円~64,419円
50~59坪 5.7万円 50,929円~62,246円
60~69坪 5.5万円 49,504円~60,504円
70~79坪 5.4万円 48,320円~59,058円
80~89坪 5.3万円 47,311円~57,825円
90~99坪 5.2万円 46,434円~56,753円

RC造の建物は、耐久性、断熱性、遮音性に優れているのが特徴です。建っている際は、安心感がありますが、その分、解体する際は、大がかりな工事になります。

RC造に使われるコンクリートの柱は、解体作業時にコンクリートと鉄に分別して処分場しなければなりません。分別せずにそのまま処分場に運搬した後、分別・処理するにしても、作業工程に手間とコストがかかります。床や壁に使用されている材料も同じで、耐火や遮音機能が高い材質の場合、処分費用が高くなります。

また、こうった工程には、通常の解体工事とは違う特殊な重機や工法、それを扱える人員の確保が必要です。そういった部分も、解体費用に影響します。

まとめ

一言で「解体費用」といっても、構造の特徴や立地条件によっても作業工程が変わるため、解体費用に影響しています。これから計画をすすめていく際、あらかじめ予想していた金額から大誤算になってしまった…!といった失敗は絶対に避けたいものです。まずは解体業者による現地確認のうえで見積もりを出してもらいましょう。

東京都品川区のおすすめ解体業者7選東京都品川区のおすすめ解体業者7選

なお、私たちあんしん解体業者認定協会は、地域に数ある解体業者さんの中でも、当協会独自の審査基準を通過した、信頼できる業者さんのみを厳選してお客様と繋ぐサービス、解体無料見積ガイドを運営しております。

品川区内で解体工事をお考えでしたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。地域専任スタッフがお客様のご要望にぴったりの解体業者さんを数社、お選びいたします。

あんしん解体業者認定協会が運営する一括見積サービス
「解体無料見積ガイド」はこちら

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)