宮城県柴田郡の解体費用と相場

解体工事

実家を相続したが古すぎてとても住める状態ではないので、ずっと空き家になってしまっている方もいらっしゃると思います。
実際に空き家の管理には難しい問題があり、自分も住めず売主も見つからず、一方で高額な固定資産税はかかり続けるといったケースも少なくありません。

それでは、空き家を解体するときには、いったいどのくらいの解体費用がかかるのでしょうか。

本記事では、過去の見積もり事例を参考にしながら、宮城県柴田郡解体費用の相場をご紹介しています。

宮城県柴田郡の解体費用の相場

まずは、宮城県柴田郡の坪単価を見てみましょう。

宮城県柴田郡坪単価(実勢価格)費用幅
木造26,634円25,928円~27,339円

それではさっそく、解体費用がどのようにして決まっているのかを確かめていきましょう。
解体費用の総額は、本体工事費付帯工事費を合算した金額になります。

解体費用の総額

本体工事費 + 付帯工事費 = 解体費用の総額

本体工事費とは、建物本体を取り壊したときにかかる人件費や廃材の処分費のことをいいます。
本体工事費は、坪単価に坪数を掛けて計算します。

本件工事費の計算方法

坪単価 × 坪数 = 本体工事費

【例:宮城県柴田郡で30坪の木造住宅を解体した場合】
 26,634円 (坪単価) × 30坪 (坪数) = 799,020円 (本体工事費)

しかし、本体工事費はあくまでも建物本体のみを対象としているので、実際には他にもさまざまな諸費用がかかってきます。
この本体工事費以外にかかる全ての費用を付帯工事費といいます。

例えば、家は重機を運び込んで取り壊しますが、立地条件によっては重機を運び込めないといったケースがあります。
このようなケースでは手作業で作業を進めなければならないので、その分手間がかかり費用も高くなってしまいます。

宮城県柴田郡の木造住宅の見積もり事例

木造住宅は日本では最も人気がある構造の住宅で、古くから数多く建てられてきました。
この木造住宅は建てやすい反面、壊しやすくもあり解体に手間がかからないので、その分費用も低く抑えられる傾向にあります。

木造住宅29坪2階建て

建物の種類/構造木造住宅2階建て
坪数29坪
建物解体費用75万1,924円
総額131万7,600円
品名数量単位単価金額
木造住宅2階建て2925,928751,924
養生費882,151189,375
浄化槽・便槽撤去18,200
植木・植栽撤去134,000
室外設備機器撤去121,100
諸経費215,401円
値引き0円
小計1,220,000円
消費税97,600円
合計金額1,317,600円

お庭の撤去は別途に費用がかかる

お庭は家とは別個の物ですから、その撤去も付帯工事費として別途に費用がかかります。
実際の撤去費用は解体業者さんによって費用幅がありますが、一般には撤去に手間がかかるほど、費用も高くなる傾向にあります。
たとえば、庭石なら重さ、植木なら本数を基準として撤去費用を計算しているケースが多いです。

お庭の解体費用はどれくらい?庭石・庭木などの撤去費用の目安は?

木造住宅29坪2階建て

建物の種類/構造木造住宅2階建て
坪数29坪
建物解体費用79万2,836円
総額109万0,800円
品名数量単位単価金額
木造住宅2階建て2927,339792,836
養生費601,00060,000
諸経費162,284円
値引き-5,120円
小計1,010,000円
消費税80,800円
合計金額1,090,800円

まとめ

宮城県柴田郡の解体費用の相場はおわかりいただけましたか。

空き家の解体をさっそく始められるなら、まずは解体業者さんにお見積りを依頼してみましょう。

このときに複数の解体業者さんからお見積りを取り寄せると、お見積りの金額や内訳を比較できるので、ご希望に合った解体業者さんを見つけられるはずです。

なお、私たちあんしん解体業者認定協会は、全国の優良解体業者さんとのネットワークを活かし、お客様のご要望にぴったりの業者さんをご紹介するサービス、解体無料見積ガイドを運営しております。

解体無料見積ガイドスタッフさん