あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

空き家の解体費用を抑える愛知県岡崎市の助成金制度とは

いま、空き家の増加が問題になっています。愛知県岡崎市でも空き家が増加しており、H.25のデータでは19,110戸もの空き家があるとなっています。空き家があると様々な被害や危険が起こってしまいます。

例えば、浄化槽を放置して臭気が発生したり、空き家の瓦が崩れ落ち通行人や隣家に当たってしまうなど近隣の人への被害が及んでしまいます。

また、空き家への盗難・放火なども起こる可能性があります。実際に岡崎市でも空き家の放火事件が起こりました。幸いこの事件ではけが人は出ませんでしたが、自分の空き家でこんなことが起こってしまうと怖いですし、空き家の所有者が罪に問われる可能性があります。

岡崎市ではこれらの被害や危険を減らすために空き家の解体費を補助してくれる制度を行っています。今回の記事では岡崎市の補助金制度はどんなものなのか、どのくらいの補助をしてくれるかなど紹介していきます。

危険空き家除却事業補助金の概要

それでは、愛知県岡崎市の「危険空き家除却事業補助金」の概要を見ていきましょう。

補助金の目的

愛知県岡崎市では、空き家の倒壊や部材の飛散を防止するために、危険な空き家の解体工事に対して補助金を支給しています。

本市では、平成29年8月4日に「岡崎市空家等対策計画」を策定し、市内における空き家対策を推進しているところです。
計画に記載している空き家の適切な管理に関する取り組みの一環として倒壊や外装材等の飛散の恐れがある危険空き家の除却事業費の一部を予算の範囲内で補助しています。

引用元:岡崎市ホームページ | 危険空き家除却事業補助金

危険空き家とは?
岡崎市では、危険空き家の定義を以下のように定めています。
・建物の基礎や外壁、屋根等が破損し倒壊の危険がある
・1年以上居住、使用されていない

補助金額

補助金額は、解体工事に関わる費用の1/2で、10万円を上限としています。
また、岡崎市では放置して損傷した空き家以外にも、火災で倒壊してしまった空き家の解体工事に関する補助金も支給しています。

火災による空き家解体(り災住宅)の場合は上限が20万円になります。

計算例
※通常の空き家の場合
150,000円(解体費用) × 1/2 = 75,000円
500,000円(解体費用) × 1/2 = 100,000円(計算上は25万円でも、上限の10万円以上は切り捨てて計算)

対象となる建物

補助金を受取るためには、建物が以下の条件を全て満たしている必要があります。

  • 市街化区域内の建物、もしくは落下倒壊のリスクが高いもの
  • 延べ面積の1/2以上が居住用に使用されていたこと
  • 木造であること
市街化区域とは?
都市計画の対象となっている区域。既に市街地を形成している区域と、おおむね10年以内に優先的に都市開発を進める区域があり、危険空き家の撤去も優先的に行われます。

申請者に関する条件

また、補助金の申請者は以下の条件を満たしてなければなりません。

  • 所有者が複数人いる場合は全員の同意があること
  • 建物の除去について、他の補助金を受けていないこと

受付開始日と期限

交付申請書の受付期間は、2019年4月1日~10月30日までです。

なお、受付は先着順に行われ、予算に達した時点で終了となります。
申請の際は、予算に達していないか確認した上でお早めの申請をおすすめします。

岡崎市の補助金に関する最新情報はこちらから

交付までの流れや手続き

交付してもらうまでには事前判定・申請時・完了後と大きく分けて3回手続きが必要となっています。それぞれの手続きに添付書類が必要になるのでしっかりと確認しておきましょう。

1.事前判定

まずは、助成金の対象かどうかの判定が必要です。
岡崎市役所に様式第1号を提出します。

また、以下の添付書類も必要です。

  • 位置図(付近見取図)
  • 外観写真(複数の方向から撮影されたもの)

事前判定の結果、補助対象だと認定されたら解体業者に見積もりをしてもらいましょう。見積書はこの後の申請の添付書類になるので解体業者の記名・押印、補助対象金額が分かるかどうか確認し、大事にとっておきましょう。

提出先:岡崎市役所 住宅課 空家対策係
住所:愛知県岡崎市十王町2丁目9番地
電話番号:0564-23-6024
お問い合わせフォームはこちらから

2.申請時

次は補助金の交付を受けるための申請をします。
事前判定の結果が出たら様式第3号を提出してください。

また、2019年の申請期限は10月30日までなのでご注意ください。

さらに、以下の添付書類も必要です。

  • 除却工事計画書
  • 使用状況報告書
  • り災証明書(り災住宅の場合)
  • 登記事項証明書又は所有を確認できる書類
  • 岡崎市税の滞納がないことを示す納税証明書
  • 除却事業者等の見積書
  • 除却工事を行う予定の解体事業者等が建設業法(昭和24年法律第100号)に基づく業種(とび・土工工事業、建築工事業、解体工事業のいずれか)の許可、又は建設工事にかかる資源の再資源化等に関する法律(平成12年法律第104号)に基づく県知事による登録を受けた事業者であることを証する書類

見積書と建設業法に基づく証明書類は、解体業者さんから受け取れます。
また、納税証明書は岡崎市役所納税課収入整理係で発行ができます。

お問い合わせ先:岡崎市役所 納税課 収入整理係
住所:愛知県岡崎市十王町2丁目9番地
電話番号:0564-23-6024
お問い合わせフォームはこちらから

3.完了後

そして、最後に工事が完了しましたという申請をします。
岡崎市役所に様式第10号を提出してください。


以上で、手続きは終了です。
不明点や疑問等がありましたら、岡崎市役所までお問い合わせください。

お問い合わせ先:岡崎市役所 住宅課 空家対策係
住所:愛知県岡崎市十王町2丁目9番地
電話番号:0564-23-6024
お問い合わせフォームはこちらから

まとめ

今回は岡崎市の危険空き家除去費補助制について紹介してきました。建物の解体費用は決して安くはないためこういった補助金を活用するのもいいかもしれません。

また、空き家を解体しようかどうか迷っていたら空き家に関する相談窓口などもあるのでそちらも利用するといいでしょう。