あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

お庭の解体費用はどれくらい?庭石・庭木などの撤去費用の目安は?

古いお庭に手を入れて、駐車場をつくりたい、広々とした芝生を敷きたいと考えたとき、まずはお庭の解体を考えますよね。

大きな庭石や、立派に育った庭木…どうやって撤去するのでしょう?費用はいくらくらいかかるのでしょう?

今回は特にお庭の解体に注目して、工事にはどれくらいの費用がかかるのかどんな物にいくらくらいの撤去費用がかかるのか、実際の工事の事例を挙げながら、だいたいの目安について書いています。ぜひ参考になさってくださいね。

お庭の解体工事はどこに頼むべき?費用の相場は?

お庭に手を入れたいと考えたところで、まずはどんな業者さんにお願いすればよいのだろう?と考えますよね。

ここではどんな業者さんがどんな工事に強いのか、また、解体工事の費用はどれくらいなのか見ていきましょう。

どんな業者さんに頼むべき?

お庭をその後どうしたいかによって、工事を依頼すべき業者さんは少し違ってきますね。

例えば、お庭を駐車場にしたいと考えているなら外構工事専門の業者さんに、芝生を敷いたり、花木をメインにしたお庭にしたいなら造園業者さんに工事をお願いするとよいでしょう。

ただし、それらの業者さんが解体・撤去工事に慣れているかどうかはしっかりと確認すべき点です。

それでは、解体・撤去工事が専門の業者さんといえば、どこなのでしょう?それは、建物の解体を行っている解体業者さんたちです。

建物の解体には、付帯工事として建物の外の解体工事がつきものです。ですから、お庭にある不用品や樹木、ブロック塀などの解体・撤去には慣れていますし、重機なども豊富に揃っています。

お庭の解体工事にはいくらくらいかかる?

それでは、お庭の解体工事にはだいたいいくらくらいかかるのでしょう?

ここでは住宅の解体工事の事例から、お庭の工事にかかった費用を見ていきましょう。

事例1 千葉県の一戸建て住宅



こちらの住宅はお庭がかなり広く、樹木がたくさんあり、中でも立派な松の木が入口に植わっていたようです。

さらに入口側のブロック塀をすべて解体・撤去する工事を行っています。見積書を見てみましょう。



「前面CB塀」、「前面RC塀」という項目がブロック塀の解体費です。CBはコンクリートブロック、RCは鉄筋コンクリートの略です。





ブロック塀の解体費用は全部で100,300円となっていますね。
また、お庭の樹木は以下のように植わっていました。





そして大物の松の木はこちらです。とても立派ですね。



近くに電線があり、撤去作業には細心の注意を払う必要がありました。高所作業車を使い、少しずつ丁寧に枝を落としてから伐採されました。



前の道を通行止めにするなど、大掛かりな作業になっているのがわかります。



トラックに積むとこのようなボリュームになります。



この松の木の撤去費用だけで、なんと20万円かかっています。
さらに伐根作業も重機が使われました。根の部分もとても立派ですね。



樹木の量はA、Bと分けられていますが、トラック5台分あったようです。こちらの業者さんではトラック1台につき6万円ということですから、全部で30万円です。

さらにお庭にあった物置の撤去費用が1万円、浄化槽と井戸がそれぞれ3万円などとなっています。

見積書の「整地」という項目には、お庭だけでなく、家屋のあったところまでの費用が入っていますが、敷地全体で8万円ほどです。



以上の項目から、事例1のお庭だけの解体費用はだいたい78万円ほどということがわかります。

事例2 東京都の一戸建て住宅



次に、もう少しコンパクトなお庭の解体工事について見てみましょう。見積書はこちらです。



まずは、お庭の樹木や庭石を見てみましょう。





庭石は玄関近くに置かれたかわいいサイズのものですね。また、隣に見えているのが「コンクリート土間」の部分です。

ただ、次の写真を見ると、お庭にはもっと大きいサイズのものや、庭の隅に置かれたものなど、意外にたくさんの庭石がありそうなことがわかります。



庭石の見積もりには「60cm四方換算 3個分」とあります。これは庭に大小いくつかあった庭石を、60cm四方の石3個分として計算しているということです。撤去費用は37,452円ですね。

樹木に関してはトラック1台分で済んだようです。費用は79,000円となっています。

また、住宅の四方はブロック塀で囲まれていて、正面部分はすべて、他の面は下から2段目まで解体・撤去されました。



ブロック塀の解体費用は37,200円となっていますね。

以上の項目から、事例2のお庭だけの解体費用はだいたい19万円ほどということがわかります。

このように、お庭の解体工事はお庭の広さや撤去するものによって費用が大きく違ってきます。

さらに、事例で挙げた合計金額は工事費のみのものですので、ここに諸経費が別途かかってくることも頭に入れておきましょう。

また、お願いする業者さんによって、各項目の単価に違いがあることも知っていただけたと思います。

外構・造園・解体…どの業者さんに工事をお願いするにしても、必ず3社ほどに見積もりを出してもらい、各項目を見比べてから、業者さんを決定しましょう

庭石・庭木・ブロック塀などの撤去費用はいくらくらい?

次に、庭石や庭木などの撤去費用のだいたいの目安について見ていきましょう。

庭石の撤去費用の目安

庭石には人一人で持ち上げられるものから、クレーンなどの重機を使わないと持ち上がらないものなど、大きさや重さはピンからキリまであります。そのため撤去費用もまちまちです。

上の事例2にあったように、人の手で取り除き、運べるものは「庭石◯個分、いくら」「トラック◯台分、いくら」としている業者さんが多いでしょう。

ただし重機でないと持ち上げられないような庭石は、以下のような計算をしてだいたいの重さを予想し、1個あたりの見積もり金額を出すことが多いようです。

たて(m) × よこ(m) × 高さ(m) × 比重

例えば、たて90cm、よこ150cm、高さ50cm、比重2.5の庭石で計算すると、0.9×1.5×0.5×2.5=約1.7トンです。

ここに業者さんが提示している石1kgあたりの撤去費用をかければ、だいたいの費用を知ることができます。

1kgあたりの単価は業者さんによって大きく違い、安いところだと15円、高いところだと40円ほどです。

試しに1.7トンで計算してみると、1kgあたり15円だと25,500円、40円だと68,000円になります。単価の差は大きいですね。

MEMO
比重とは、同じ体積の水と比べたときの重量比のことです。
石の種類によって比重値は変わり、例えば大谷石は1.7~1.9、御影石は2.5~2.7程度です。

庭木の撤去費用の目安

庭木の撤去費用は、解体業者さんの場合、上の事例にもあったように「トラック◯台分」で決めることが多いようです。

ただし、事例1の松の木のような立派な木は、作業工程も多く、大掛かりな作業になるので、「1本いくら」という扱いになるでしょう。

また、背の低い木でも1本あたりで料金を出しているところもあります。例として、植木屋さんのチェーン店、smileガーデンさんの料金表を見てみましょう。

伐採の料金

伐根の料金

(参照:smileガーデン「料金一覧」より)

樹木は根元付近で切り倒して(伐採)、そのあと切り株状になった木を根から取り除きます(伐根)。

また、植木屋さんや造園業者さんは庭木の撤去だけでなく、移植も請け負ってくれます。庭木を別の場所へ移動させたい場合には、木のプロである植木屋さんや造園業者さんにお願いしましょう。

ブロック塀の撤去費用の目安

ブロック塀の解体・撤去費用は、解体業者さんですとブロック塀の面積(㎡)で見積もることが多いようです。

ブロックは1つの高さが19cmで、それを5段にすると95cmあります。5段で10メートルのブロック塀の面積は、0.95×10=9.5㎡となり、撤去費用は約65,000円ほどです。

その他の不用品の撤去について

ここで、その他の不用品の撤去費用についても見ていきましょう。

灯籠

灯籠は、アンティークとして買い取りしてもらえることもありますが、100件につき1~2件ほどしか売れるものはなく、ほとんどの場合は石として撤去されるようです。

庭石のときと同じように1kgあたりの単価で料金を計算します。

物置

物置は、横幅+奥行+高さの3辺を合わせた長さで料金を計算します。

スチール製物置 3辺合計 料金
Sサイズ ~400cm 約15,000円
Mサイズ ~500cm 約18,000円
Lサイズ ~600cm 約21,000円
LLサイズ ~700cm 約26,000円

業者さんの強み・弱みを把握して、希望にぴったりの業者さんを選ぼう

業者さんにはそれぞれ得意な分野とあまり得意でない分野があります。

例えば、外構工事専門の業者さんに工事を依頼するとして、ブロック塀の解体・撤去はお手のものでも、木の撤去にはあまり詳しくない場合もあります。

そのため、業者さん選びをする際はこちらの希望をしっかり伝え、ぴったりの業者さんを見つけることが大切です。

また次のようなことも頭に入れておくとよいでしょう。

  • 庭石がたくさんあるときは
  • 業者さんによっては、広い置き場を持っていて、回収した庭石を保管できる業者さんもいます。庭石をリサイクルするなどして、廃棄にかかる費用の分を安くしてくれるかもしれません。

  • 立派な庭木があるときは
  • 太く立派な木は、根も立派です。根を完全に取り除けないままに木を撤去してしまった場合、地中に残った根が腐り、地盤沈下の原因になってしまうこともあります。立派な木を切る場合には、樹木の伐採が得意な業者さんを選ぶ必要があります。

また、解体業者さんの中には解体工事以外にも、外構工事に強かったり、もともと造園業をやっていて、のちに解体工事も手がけるようになったという業者さんもいます。

ご自身の希望に合った業者さんを選べば、お庭の解体からその後の工事まで、まとめて依頼することもできますし、費用も安く抑えられるかもしれません。

MEMO
私たち、あんしん解体業者認定協会が運営する解体無料見積ガイドでは、お客様のご希望にぴったりの解体業者さんをご紹介致します。

お庭だけの解体工事を依頼したい場合や、外構工事・造園業に強い解体業者さんをお探しの際は、ぜひ当社の見積サービスをご利用ください。数社から無料で見積もりをとることができます

まとめ

お庭の工事を依頼するときは、希望によってお願いすべき業者さんが違ってきます。

満足いく仕上がりにしてもらえるように、また、できるだけお得に済ませられるように、ここだと思える業者さんを探してみましょう。

その際は数社から見積もりを出してもらうことをお忘れなく。

あんしん解体業者認定協会が運営する一括見積サービス
「解体無料見積ガイド」はこちら

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)