内装解体工事の費用相場

内装解体

事務所や店舗の移転・閉店に伴い、借りていた物件を返却する際には、内装解体工事を行い、物件を「借りた当初の状態」に戻さなければなりません。しかし、内装解体についてあまり知識がない中で解体業者を選んだり工事を進めたりするのは不安が大きいですよね。

そこでこの記事では、内装解体の構造別の費用相場や、費用の内訳、内装解体の流れなどについて詳しく解説していきます。
内装解体工事を検討されている方は、ぜひ本記事を参考になさってください。

構造別の内装解体費用相場

事務所や店舗などの内装解体にかかる費用は、内装の構造や解体工事にかかる手間などによって変動します
しかし、ある程度は相場が決まっている部分もあるため、構造別の内装解体の費用相場や平均作業日数について、下記の表にまとめてみました。

建物の構造内装解体の費用相場(㎡)平均作業日数
美容院8,000円~/㎡2週間/50坪
マンション10,000円~/㎡5日~1週間以内/2LDK~3LDK
オフィスビル10,000円~/㎡1週間~10日以内/50坪
居酒屋15,000円~/㎡3週間/50坪

内装解体の費用や作業日数は、「内装がどれくらい凝っているか?」によって変わります
例えば、一般的に居酒屋は内装が凝っていることが多いため、費用も高めで作業日数も3週間と長くなっています。
反対に美容院はいろいろな設備があるものの、内装の造りは単純なところが多いため費用が安めになることが多いです。

そのほかに解体費用が高くなる要因として、作業できる時間帯も関係してきます。
例えば、雑居ビルの中にある店舗や事務所は、他のフロアの営業時間外(深夜や朝方など)に解体作業をする必要があるため、解体費用が高くなる傾向にあります。
またビルに搬出用のエレベーターや階段がない場合も同様です。内装解体工事では、室内の不用品や廃材などをエレベーターや階段を使って搬出する必要があるため、専用の搬出口がない場合は、お客様がエレベーターや階段を利用しなくなる夜間帯しか作業ができません。

上記でご説明した以外でも、内装解体の費用相場は様々な要因によって変動します。
そのため、実際に内装解体工事を依頼する前には、必ず複数の解体業者から見積りを取り、費用や作業日数について十分に確認するようにしてください。

内装解体業者6社を無料で見積り比較

私たち、あんしん解体業者認定協会が運営している「解体無料見積ガイド」は、無料で内装解体業者の見積り比較ができるサービスです。
お電話やお問い合わせフォームからご相談いただくと、地域専任スタッフが、あなたの事務所や店舗の解体にぴったりな業者を厳選してご紹介し、見積りを提示させていただきます。

解体無料見積ガイドバナー

もちろん業者からの無理な売り込みは一切なく、お見積り後のお断り連絡も私たちが代行します。登録している解体業者は全国1,000社以上、厳正な審査基準を通過した優良業者のみご紹介しています。
「どの業者を選んだらいいか分からない」「プロの目線で最適な業者を選んでほしい」とお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

内装解体費用の内訳

次に、内装解体における費用の内訳について解説します。
一口に解体費用と言っても、内装の解体費用以外に「室内残置物処分費」「撤去費」「養生費」といった付帯工事費が別途かかることがあります。
思わぬ出費に驚いてしまうことがないよう、事前にしっかり確認しておきましょう。

室内残置物処分費

室内残置物とは、建物内に残された設備や私物のことです。以下の表のように、大まかに4種類に分別できます。

日用品可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源ゴミなど
粗大ゴミテーブル、椅子、キャビネット、本棚、暖房器具、掃除機など
家電4品目エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機
パソコンノートパソコン、デスクトップパソコン

これらの残置物の処理を解体業者に依頼すると、解体業者が「産業廃棄物」としてお金を払って処分しなければならなくなるため、自分で処分するよりも費用が割高になってしまいます。
そのため、少しでも内装解体費用を抑えたい方は、以下の記事を参考にして残置物を自分で処分してみましょう。
残置物の処分を自分でやって節約しよう残置物の処分は?解体工事の前に今からできる節約術

撤去費

撤去費とは、事務所や店舗の内装以外のものを解体・撤去する際にかかる費用です。
例えば、以下のものを撤去する場合に必要となります。

  • 事務所や店舗の看板
  • 敷地内に植えられている樹木
  • 敷地内に置かれている物置
  • 屋根などに取り付けられた太陽光パネル

上記以外でも、内装以外のものを撤去する際には費用がかかる可能性があるため、必ず見積りを取る際に解体業者に確認しておきましょう。

養生費

養生とは、解体による騒音や粉塵(チリやホコリ)の飛散を防ぐために、ビニールなどで囲いを設ける作業のことです。特に近くに飲食店がある場合は、チリやホコリが舞ってしまうと多大な迷惑をかけてしまうため、入念な対策が必要です。
また、解体業者の出入りや廃棄物の搬出で建物のエントランスホールやエレベーターを利用する場合には、共有部分にも傷をつけないよう保護するための養生を施します

このように養生費は、近隣の方とのトラブルを防ぐために、非常に大切な費用となります。

内装解体費用を安くするポイント

内装解体費用は一律ではなく、それぞれの業者ごとに見積り金額が大きく異なります。
さらに、ビルを管理している不動産会社を仲介して解体工事を依頼した場合は、別途中間マージンが発生する場合もあります。

中間マージンとは?
不動産会社は、内装解体工事を自社で行なうわけではありません。実際に工事をするのは、下請けの解体業者となります。このとき、不動産会社から下請けの解体業者に工事を斡旋するときに上乗せされる手数料のことを「中間マージン」と言います。
中間マージンが上乗せされることで、解体費用は2~3割程度高くなります

以上の理由から、内装解体費用を少しでも抑えるには、複数の解体業者を比較して、不動産会社を介さず直接工事を依頼することが重要と言えます。

なお、私たちあんしん解体業者認定協会でも、全国の優良解体業者を無料で比較できる「解体無料見積ガイド」というサービスを運営しています。見積り後のお断り連絡も代行いたしますので、ぜひお気軽にご利用ください。

解体無料見積ガイドバナー

内装解体の流れ

無事に解体業者が決まり、物件内に残っている不用品も処分し、必要に応じてライフライン(水道・ガス・電気・電話など)が停止できたら、いよいよ工事開始となります。

内装解体工事は、「①足場・養生の設置」→「②内装材の撤去」→「③床材撤去」という流れで進められます。以下で具体的に説明していきます。

①養生・足場の設置

養生

まずは解体する事務所・店舗の養生をしていきます。無事に養生ができたら、建物内にある不用品(室内残置物)の撤去や搬出を行ないます。
また、天井部分までしっかり解体するため、足場も設置していきます。

②内装材の撤去

内装解体

養生の設置が完了したら、壁材・天井材・ドア・電気配線といった内装材を撤去していきます。
次のテナントでも使用することが決まっているものなど、処分しないものに関しては、傷がつかないよう慎重に保管しておきます。

③床材撤去

斫り

内装材が撤去できたら、最後にタイルなどの床材を下地から剥がしていきます。
床材は手で剥がすことが難しいため、専用の工具を使用します。しかし、この作業にはかなりの騒音や振動が発生するため、近隣の方の迷惑にならない時間帯に作業する必要があります。

内装解体の種類によって作業工程も変わる

内装解体工事には、大きく分けて「スケルトン工事」「原状回復工事」の2種類があります。

スケルトン工事とは
スケルトン工事
建物の骨組み以外の内装部分をすべて解体する工事のことです。
天井、床、仕切り、電気配線などもすべて取り払われ、鉄筋コンクリートのビルであれば「コンクリート打ちっぱなし」の状態になります。
一般的に、飲食店や美容室などの店舗を借りる際には、スケルトンの状態で契約を結ぶことがほとんどです。そのため、店舗を返却するにあたってはスケルトン工事を施工しています。
原状回復工事とは
原状回復工事
物件を借りた当初の状態に戻す工事のことです。
もしも飲食店や美容室などの店舗のように、借りた当初の状態がスケルトンであれば、スケルトン工事を行なってスケルトン状態に戻すこと=原状回復工事となります。
しかし、オフィス(事務所)を借りる際は、床や壁、ドアなどが最初からオフィス仕様となっていることが多いです。その場合は、借りた当初のオフィス仕様の状態に戻すこと=原状回復工事となります。
なお、原状回復工事に比べてスケルトン工事のほうが、床や天井などを解体した際の廃材が増える分、費用は割高になります。

「本当はスケルトン工事をしなければならないのに、確認不足で原状回復工事をしてしまった」など、間違った工事をしてしまうと、貸主(オーナー)との間にトラブルが生じてしまいます
そのため、実際に内装解体工事を進める前には、しっかり貸主と打ち合わせをしておくことが大切です。

まとめ

この記事では、内装解体工事の費用相場や費用の内訳、工事の流れについてご紹介しました。

内装解体の費用は「残置物がどのくらい残っているか?」「スケルトン工事をするか?原状回復工事をするか?」などによって大きく異なります。
また、同じ工事をする場合でも、それぞれの解体業者によって見積り金額もバラバラです。

そのため、まずはご自分の物件をどこまで解体するか確認し、不用品を処分したら、複数の解体業者から相見積もりを取ってみましょう。その中で、金額が安く、信頼できそうな業者を選べば、トラブルも少なく工事が進むはずです。

もしも「プロの目線でおすすめの内装解体業者を選んでほしい」「自分で複数の業者に相見積もりを依頼するのは大変だ」という場合は、ぜひ私たちの運営している「解体無料見積ガイド」を利用してみてくださいね。

解体無料見積ガイドバナー