愛知県名古屋市守山区の解体費用と相場

緑豊かな自然に加え、交通機関も充実した住環境で、多くの住民が暮らす名古屋市守山区。そんな守山区で新築や建て替えをお考えの際、まずは解体費用の相場は気になるところ。
解体費用は、 建物自体の解体費とそれ以外の費用 から成ります。
本記事では、解体費用を坪単価から計算できる費用とそれ以外の費用を過去の名古屋市守山区の解体工事データ項目からご紹介します。

名古屋市守山区の解体費用相場

解体費用は、坪単価から計算する建物本体の解体費用と、それ以外にかかる費用から成ります。
建物本体の解体費用を本体工事費といい、それ以外の費用を付帯工事費用といいます。
付帯工事費用は、建物の立地条件や構造によって異なるため、実際に見積りをとってみないとわかりません。つまり、解体工事の費用総額も付帯工事にかかる費用によって変動するのです。
しかし、守山区の坪単価の詳細と付帯工事費用の項目を把握することで、大体の解体工事費用総額を予想することができるのです。

坪単価と解体費用

では、名古屋市守山区の過去の解体工事のデータをもとに坪単を算出したものが以下の通りです。

構造坪単価(実勢価格)費用幅
木造20,846円16,842円~26,226円
鉄骨造28,379円27,410円~29,874円

では上記の坪単価を使用して本体工事費を計算してみましょう。本体工事費は坪単価に坪数をかけると算出できます。

本体工事費の計算例
坪単価×坪数=本体工事費
例:名古屋市守山区で27坪の木造住宅を解体する場合
20,846円(坪単価)×27坪(坪数)=562,842円(本体工事費)

坪単価の費用幅

解体における坪単価は、解体する建物1坪あたりにかかる人件費と廃材の処理から成ります。
解体する建物が壊し安い構造だと、作業工程も簡単で、作業員の人数も少なくなります。つまり坪単価が安くなります。また、壊しにくく、作業工程も複雑になれば作業員の人数も増え、坪単価が高くなる傾向にあるのです。

構造別の坪単価
(壊しやすい)    (壊しにくい)
   木造<鉄骨造<RC造
(値段安い)     (値段高い)

構造が同じでも建物によって廃材の処理や人件費が異なることから、費用幅が発生するのです。

名古屋市守山区 木造解体工事の見積り例

名古屋市守山区で実際に行われた解体工事の構造別見積りデータをご紹介します。本体工事費以外(付帯工事費)にどのような費用項目があるのかご自身の建物と照らし合わせながら見てみてください。

木造住宅19坪 1階建て

建物の種類/構造木造住宅1階建て
坪数19坪
建物解体費用32万0,000円
総額57万2,400円
品名数量単位単価金額
木造住宅1階建て1916,842320,000
養生費4170028,700
切離し手壊し180,000
室内残置物撤去3?10,00030,000
諸経費80,000円
値引き-8,700円
小計530,000円
消費税42,400円
合計金額572,400円

木造住宅15坪 1階建て

建物の種類/構造木造住宅1階建て
坪数15坪
建物解体費用29万2,050円
総額99万3,600円
品名数量単位単価金額
木造住宅1階建て1519,470292,050
養生費130,000
建物縁切り工160,000
縁切り後補修工1300,000
浄化槽撤去130,000
室内残置物撤去115,000
諸経費192,950円
値引き0円
小計920,000円
消費税73,600円
合計金額993,600円

木造住宅21坪 1階建て

建物の種類/構造木造住宅1階建て
坪数21坪
建物解体費用55万0,750円
総額80万0,000円
品名数量単位単価金額
木造住宅1階建て2126,226550,750
養生費6080048,000
切取り工事手間費122,000
室内残置物撤去6?12,00072,000
諸経費76,012円
値引き-28,021円
小計740,741円
消費税59,259円
合計金額800,000円

付帯工事費用の違い

本体工事費は坪単価が基準となって費用が算出されます。しかし付帯工事費用は基準が業者さんによって異なるのです。
見積りの単価が業者によって違う上に、利益のとり方も違うので、見積り項目に差が生じます。安いから得が全てではないのが解体工事です。なので、依頼する業者さんを決定する際は、複数の業者さんに見積り依頼をし、見積り表を比較してから決定しましょう。

良い解体業者の選び方!ホームページなどのチェックポイントは?

名古屋市守山区 鉄骨造の見積り例

次は鉄骨造の解体工事見積りデータです。本体工事費以外の費用項目と合わせて、本体工事費の金額にも注目してみてください。木造と鉄骨造の坪単価の違いが本体工事費にあらわれています。

軽量鉄骨住宅27坪 2階建て

建物の種類/構造軽量鉄骨住宅2階建て
坪数27坪
建物解体費用80万6,600円
総額129万6,000円
品名数量単位単価金額
軽量鉄骨住宅2階建て2729,874806,600
養生費1601,000160,000
物置撤去26,00012,000
植木・植栽撤去1?4,000
ブロック塀撤去26m1,37335,690
諸経費190,000円
値引き-8,290円
小計1,200,000円
消費税96,000円
合計金額1,296,000円

軽量鉄骨造26坪 2階建て

建物の種類/構造軽量鉄骨住宅2階建て
坪数26坪
建物解体費用71万2,655円
総額100万0,000円
品名数量単位単価金額
軽量鉄骨住宅2階建て2627,410712,655
養生費12459874,100
物置撤去127,500
土間コンクリート撤去97,66268,960
諸経費62,704円
値引き-19,993円
小計925,926円
消費税74,074円
合計金額1,000,000円

軽量鉄骨27坪 2階建て

建物の種類/構造軽量鉄骨住宅2階建て
坪数27坪
建物解体費用75万2,000円
総額108万0,000円
品名数量単位単価金額
軽量鉄骨住宅2階建て2727,852752,000
養生費12070084,000
物置撤去160,000
植木・植栽撤去2?6,00012,000
庭石撤去3?9,00027,000
ブロック塀撤去203,04560,900
諸経費90,000円
値引き-85,900円
小計1,000,000円
消費税80,000円
合計金額1,080,000円

ブロック塀除去

ブロック塀も建物本体と変わらないと考えがちですが、建物の解体費とは別に費用(付帯工事費用)がかかります。
付帯工事費用として扱われる理由は、廃材の処分単価が値上がりを続けているからです。解体業者が廃材の処理費を負担しますが、安易な見積りで後にお客さんに金銭的負担を掛けないよう、本体工事費以外の項目として見積りをだします。

名古屋市の補助金制度

自治体によっては、解体工事費用を補助する制度を設けています。名古屋市では、木造住宅耐震改修助成制度があります。木造住宅の耐震改修を行う場合、耐震改修工事費の一部を助成するものです。この他にも細かな条件があるので、該当する方は窓口に問い合わせてみましょう。
参考 名古屋市:木造住宅耐震改修助成(暮らしの情報)名古屋市:木造住宅耐震改修助成(暮らしの情報)

まとめ

解体工事費用は、建物の立地条件や構造によって異なることがわかりました。また、業者さんによっても異なる費用項目についてもご紹介しました。
様々な点で費用が異なるのが解体工事です。見積りを業者さんにとってもらう際は必ず相見積もりをお願いしましょう。
なお、下記の記事では名古屋市守山区のおすすめ解体業者をご紹介していますので参考にしてみましょう。

名古屋市守山区のおすすめ解体業者名古屋市守山区の解体業者