あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【宮城県仙台市】雪がある場所で、火災に遭った建物の解体工事

この度、宮城県仙台市にある実家が火災に遭ってしまい、人生で初めて解体工事を経験することになりました。

私は東京都の葛飾区に住んでおり、仙台市の実家には母親が一人で住んでいました。
現場は住宅街で、今回火災に遭った建物は木造二階建てで延べ床面積が約48坪、築40年ほどの一般的な家屋でした。

全焼してしまい住めなくなってしまったのですが、近隣に類焼しなかったことと、怪我人が出なかったことは不幸中の幸いでした。

火災に遭ったらまずすべきこと

火災直後の建物

火災に遭った後の数日間は、とても慌ただしかったです。

まず近隣の方へのご挨拶や、母親の仮住まい先の確保、火災保険の手続きや、罹災証明書の発行などをしました。

火災に遭って初めて分かったことですが、焦げた独特な臭いが結構強く、近隣の方にご迷惑を掛けてしまっているので、早めに解体工事をしなければいけないなと思いました。

罹災証明書の発行の仕方や注意点は下記の記事に掲載しております。

自然災害の被害に遭ってしまったら…罹災証明書・被災証明書を発行しよう!

人生初めての解体工事。まず何をすべき?

解体工事など今までの人生で行ったこともなく、しかも遠方に住んでいたので見積りを取るにもどうすればいいのか全く分からない状態でした。

たまたま近所で解体工事を行っていたので、その解体業者の名前をメモして、勇気を出して直接連絡をしてみることにしました。

電話受付の方に火災に遭った旨、見積りをお願いしたい旨を伝えたところ、こちらの事情を理解してくれて、即日現地に来て頂けることになりました。

しかし、1社だけだと解体費用の相場も分からず比較をしてみたいという気持ちもあり、インターネットで調べた「あんしん解体業者認定協会」に問い合わせをして、他の解体業者からも見積りを取ってみることにしました。

解体業者による現地調査と見積もり結果

「あんしん解体業者認定協会」からオススメの解体業者1社を紹介して貰ったのですが、その解体業者はなんと自分で問い合わせをした解体業者と同じ業者でした!

これは何かのご縁かと思い、もうその解体業者さんにお願いをしようと半ば心の中で決めて、仙台市の現場で打ち合わせを行いました。

解体業者の方が親身に相談に乗ってくれました

その解体業者の方は、「あんしん解体業者認定協会」からのオススメだけあって、とても親切な対応でした。何もわからない素人の質問に一つ一つ丁寧に答えて頂き、予算の話や土地の活用方法までもアドバイスを頂きました。

後日、見積書が届いたのですが、こちらが希望した予算内に収めてくれました。

話を聞くとその解体業者は、自社に処分場・焼却炉を持っているため、安価に抑えることができるとのことでした。

解体工事の着工もすぐに段取りをしてくれたので、そのまま契約を交わし、お願いをすることにしました。

解体工事の着工から完了までの様子

本格的に解体工事開始2

いよいよ解体工事が始まります。
工事前にお祓いをしました。

お祓いの様子2

お祓いは、必ずやらなければならないことではありませんが、儀式を上げることによって施工業者が安心して工事ができるといいます。
また、施主にとっても数十年と災いなく健康に暮らしていくことができる、とされているそうです。

お祓いの様子

解体工事のお祓い、地鎮祭、魂抜きに関しては下記の記事をご覧ください。
地鎮祭でかかる費用や必要性についてご説明しています。

解体工事のお祓い、地鎮祭、魂抜きは必要?

雪がある場合の解体工事現場

まずは雪かきからスタート

仙台市は、この時期は雪が残っていたので、解体工事の前に雪かきからスタートしました。

雪かきをしないと、重機の搬入ができないので大変です。

雪がある地域での解体工事は費用が高いのではないかと疑問を抱く方もいると思いますが、そもそも雪がたくさん降る時期は基本的に解体工事は行わないそうです。
東北や北海道は、廃材を処分する費用が安く、敷地が広く工事がやりやすい現場が多いため、一都三県よりは安いそうです。

本格的に解体工事が始まりました

本格的に解体工事開始3

全焼してしまったため、壁や柱も真っ黒です。

本格的に解体工事開始4

解体業者の方から、火災に遭った建物を解体する場合は通常の解体工事よりも1.5~2倍ほど費用がかさむと伺いました。

火災に遭った建物は、火の熱によって建物の一部が溶けてくっついてしまうため、廃材の分別作業が大変なんだそうです。

解体工事というと重機で建物を解体するイメージが強いですが、始めの方の分別作業などは手作業で行います。それらの手間がかかる分、費用がかかるんですね。

手作業で分別している様子

解体業者の方がこのように大きな袋に廃材をまとめています。

基礎の解体工事

解体工事も終盤です。
基礎の工事に入りました。

基礎解体中

基礎工事の際に地中埋設物が見つかると追加費用がかかりますが、今回はなかったためすむーずに工事が進みました。

もうすぐ完了!

出てきたコンクリートガラを撤去し、更地にするため地ならしをしていきます。

後は整地だけ
 

工事が完了し、更地になりました

更地になった完了写真

すべての対応が早くこちらの要望にも応えて頂き、しっかりと工事を行って貰えたので言う事は何もないです。
100点満点だったと思います!

火災と初めての解体工事で不安でいっぱいでしたが、安心して任せることができました。
「あんしん解体業者認定協会」からは、建物滅失登記に関するマニュアルを送って頂きました。小難しそうな登記も自分で対応することができました。何から何まで本当にありがとうございました。

この記事は宮城県仙台市の後藤さんから承諾許可を頂いた上で掲載いたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。