あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

広島県三原市の解体費用と相場

三原市佛通寺の紅葉

この記事で取り上げるテーマは、広島県三原市の解体費用と相場についてです。

建物そのものは同じであるお家を解体するケースでも、立地条件が異なれば解体費用も大きく変わります。
それだけに、解体費用を高い精度で見積るためには、解体業者さんに現地調査を依頼しなければなりません。

ですが、「今の時点では大まかな見積金額さえ分かれば問題ない」といった方もいらっしゃいます。

そこで、三原市で過去に行われた解体工事のデータを参考にして、目安となる解体費用を簡単に算出する方法を説明します。

広島県三原市の解体費用相場

広島県三原市における解体費用の平均坪単価を、解体工事の実例から計算してみます。

平均坪単価とは「建物自体の解体工事にかかる費用の相場÷坪数」で出した金額です。
よって、解体予定のお家の坪数に平均坪単価をかけるだけで、目安となる解体費用の額が出てきます。

種類 坪単価(実勢価格) 費用幅
木造 28,098円/坪 22,000円~35,000円

ところが、坪単価にはブロック塀撤去などの付帯工事費が含まれないことには注意しなければなりません。

実は、坪単価にはガレキの撤去処分費と職人さんの人件費の2つしか含まれていないのです。
そのため、付帯工事費については、坪単価とは別に見積っておく必要があります。

坪単価を使用した本体工事費の計算方法
坪単価」×「建物の坪数」=「本体工事費
【計算例:広島県三原市で30坪の木造住宅を取り壊した場合】
28,098円(坪単価) × 30坪(坪数) = 842,940円(本体工事費)

広島県三原市の木造解体工事の見積り例

広島県三原市における木造建物の解体費用について、過去の見積書をもとに一覧表を作ってみました。

建物解体費用はお家を解体するための費用、総額はすべての工事を完了させるために必要な金額を表します。

木造住宅45坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 45坪
建物解体費用 122万0,000円
総額 226万8,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 45 27,111 1,220,000
木造住宅1階建て 6 35,000 210,000
養生費 76 1,000 76,000
庭池解体 1 25,000
庭石撤去 3 28,000 84,000
ブロック塀撤去 19 m 3,000 57,000
門扉撤去 1 30,000
土間コンクリート撤去 65 2,000 130,000
植木・植栽撤去 1 18,000
駐車場撤去 27 1,500 40,500
物置撤去 1 7,000
浄化槽・便槽撤去 1 65,000
諸経費 166,650円
値引き -29,150円
小計 2,100,000円
消費税 168,000円
合計金額 2,268,000円

木造住宅56坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 56坪
建物解体費用 142万6,000円
総額 200万0,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 56 25,464 1,426,000
木造住宅1階建て 7 22,000 154,000
養生費 99 800 99,000
物置撤去 16 1,000 16,000
植木・植栽撤去 2 9,000 18,000
庭石撤去 3 7,000 21,000
駐車場撤去 1 32,000
浄化槽・便槽撤去 1 17,000
ブロック塀撤去 15 3,000 45,000
諸経費 45,000円
値引き -4,110円
小計 1,868,890円
消費税 131,110円
合計金額 2,000,000円

木造住宅50坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 50坪
建物解体費用 171万0,895円
総額 248万4,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 50 34,218 1,710,895
木造住宅1階建て 23.2 7,500 174,000
養生費 84 950 79,800
植木・植栽撤去 1 30,000
庭石撤去 1 70,000
ブロック塀撤去 15 1,224 18,360
駐車場撤去 36 800 28,800
浄化槽・便槽撤去 1 80,000
諸経費 120,000円
値引き -11,855円
小計 2,300,000円
消費税 184,000円
合計金額 2,484,000円

浄化槽が残っていると建て替えが認められない場合がある

水洗トイレや台所から出される汚物、排水などは直接川に流せません。
そこで、浄化槽を通して、水を川に流せる程度にまでキレイにしています。

浄化槽は地下に埋められているため、お家を解体するときは浄化槽を掘り起して撤去します。
このとき浄化槽を一部でも地中に残してしまうと、市から建て替え工事を認めてもらえない可能性が高いので要注意です。
なぜなら、不法投棄をしたケースと同じように扱われてしまう危険があるためです。

ですから、浄化槽は地中から完全に取り除いてしまう必要があります。

広島県三原市で利用できる補助金制度

今にも崩れそうなほど老朽化した空き家は、近隣住民の生活に影響してしまう可能性があります。
そこで、三原市では空き家の解体を促すために、一定の条件のもと補助金を交付しています。

補助金の交付申請が認められると、補助対象となる経費の5分の4を補助してもらえます。
ただし、交付される補助金は50万円が限度です。

なお、三原市役所から空き家が危険な建物であると認定されていなければ、補助金の交付申請はできません。
まだ認定されていない場合は、三原市役所にお願いして空き家を調査してもらってください。

参考 老朽危険空き家除却補助事業について三原市役所

まとめ

今回は、広島県三原市の解体費用と相場について詳細にお話ししました。

お家の構造や立地条件が異なるだけでも、解体費用は大きく変わってしまいます。
ですから、資金計画を立てる際は、やはり解体業者さんの現地調査が欠かせません。

そこで、あんしん解体業者認定協会は解体無料見積ガイドを運営しています。
解体無料見積ガイドからお問い合わせいただいた方に、全国の解体業者さんを紹介するサービスを行っています。

解体無料見積ガイド

当協会の案内する解体業者さんは、当協会による独自の審査をクリアした優良な業者さんです。
さらに、現地調査でお客様にお立ち会いいただく際は、お客様のスケジュールに合わせて当協会が日時を調整いたします。安心して当協会にご連絡ください。