あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

京丹後の空き家を貸したい!住みたい!京丹後の空き家バンクを活用しよう

京都府京丹後市に空き家をお持ちの方・移住を考えている方、空き家バンクという言葉を聞いたことがありますか?空き家バンクとは自治体が運営している、空き家所有者と利用者をマッチングさせる仕組みのことです。

空き家バンクに興味があり少し調べても、いろいろなサイトが出てきてよく分からなかった、または知りたい内容が書いてなかったという経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

空き家バンクの多くは自治体が運営しているため、空き家バンクの有無・内容や規模も地域によって大きな差があります。ここでは京都府京丹後市の空き家バンクの仕組みと、空き家所有者の方・利用希望者の方の実際の登録や流れに関してご説明します。

どんな制度?空き家バンクとは

00ad9307c090bf813120cfa16945c360_s
空き家バンクという言葉はニュースなどで聞いたことがあっても、空き家バンクの仕組みや内容に関してはご存じない方も多いのではないでようか。

ここでは、京丹後の空き家バンクの内容を見ていく前に、知っておきたい空き家バンクの概要を簡単にご紹介します。詳しい空き家バンクのご説明に関しては、下記の記事もご参考にして下さいね。

京都の空き家バンク情報

空き家対策特別措置法

老朽化した空き家が管理や修理されないまま放置されることにより、犯罪の増加や近隣住民・建物への被害の危険性があることを背景に、空き家対策特別措置法が施行されました。

空き家対策特別措置法とは、一定の要件に合った老朽化した空き家を「特定空き家等」と指定して、行政の立ち入り調査や取り壊しの命令を出したり、命令に違反した場合は罰則があると定めたものです。

2015年に空き家対策特別措置法が施行されてから、ニュースでも強制撤去の報道がされました。法律の改正に伴い空き家をお持ちの方も対策を考えられる方が増えた中、対策の一つとして空き家バンクが挙げられます。

空き家バンクの仕組み

空き家の対策として特に悩まれるのが、建物を「解体する」か「残す」かという選択です。建物の状態や関わる方によっても異なりますが、どちらにもメリット・デメリットがあります。空き家を解体せずに残すことを選択した場合、問題となるのが管理です。

空き家を貸して人に住んで貰うことで、建物に問題が生じた場合も早い対策ができて管理も行き届きやすくなります。空き家を貸したいと考えた際に活用できるのが、空き家バンクのサービスです。

空き家バンクの仕組みは、空き家の所有者が空き家バンクに登録をして、登録された物件を見た空き家の利用希望者が問い合わせを行い、相互の条件が合った場合に契約をするといった内容です。

空き家バンクの登録方法や仕組みは自治体によって異なるので、京都府京丹後市の空き家バンクの利用方法を詳しく見ていきましょう。

京丹後の空き家バンク情報

京都府京丹後市では京丹後市役所が空き家バンクの運営を行っています。ここでは京丹後市の概要と、京丹後市での空き家バンク・空き家に関する補助金の取り組みに関してご紹介致します。

京都府京丹後市の概要

京丹後市は、京都府の最北部に位置しています。京都府中郡峰山町・大宮町・竹野郡網野町・丹後町・弥栄町・熊野郡久美浜町の6町が合併を行い、市制施行され2014年に誕生した地域です。

2015年の人口は約55,000人です。交通は京都から車で約2時間、鉄道では京都駅から特急で約2時間半です。 琴引浜や夕日ヶなどの砂浜や海岸・ 木津温泉などが観光スポットとして知られています。

京丹後市の空き家バンク

京丹後市では、京都市役所の企画総務部企画政策課が空き家バンクの運営をしています。京丹後市での定住者を増やし地域の活性化を図るため、空き家情報・地域情報を発信しています。

空き家バンクは地域により直接契約と仲介を挟む契約と分かれますが、物件の交渉や契約におけるトラブルを避けるため、京丹後市ではプロの不動産業者に仲介協力を得て空き家バンクの運営を行っています。

取り扱っている物件は、京丹後市にある現在使用者がいない、又はいなくなる予定の住宅・店舗・事務所・敷地の売却・賃貸物件です。空き家の登録から契約までは、以下の様な流れです。

①京丹後市に空き家を所有している方が京丹後市定住空き家バンクに連絡をして物件の登録を行います。
②登録された物件は市のホームページ等で紹介されます。
③登録物件を見た空き家の利用希望者から、市に問い合わせがあった場合は、物件所有者に連絡が来ます。
④安全を考慮し市内宅地建物取引業者の専門的な仲介協力を得て、物件の交渉や契約を行います。

京丹後市移住促進・空き家改修支援事業

京丹後市では、京丹後市への移住者を増やすことや空き家の有効活用をするため、空き家となった建物の修繕などを支援する「移住促進・空き家改修事業」が実施されています。事業の中でも、移住を検討されている方に関連する事業として移住促進住宅整備事業が挙げられます。

移住促進住宅整備事業とは、京丹後市への移住を進めるため、移住者受け入れ活動に取り組みがある地域において、移住者へ物件の改修に関する費用を補助するものです。

移住者受け入れ活動に取り組んでいる地域で、京丹後市の空き家を移住者が借りたり購入して、ご自身が住む目的で改修をする場合、条件に該当すれば改修にかかる経費を1戸あたり90万円を上限として補助するものです。京丹後市のホームページでも紹介されているので、下のサイトをご参照下さい。

京丹後市:移住促進・空き家改修支援事業

京丹後市の空き家を貸したい!所有者の空き家バンク登録の流れ

kyoutangoakiyabanku7
京丹後市に空き家をお持ちの方が、空き家バンクに登録する方法と流れに関して見ていきましょう。

1、「京丹後市定住空き家バンク」のホームページを開きます。下記をクリックして頂くか、「京丹後市 空き家バンク」と検索して探します。

京丹後市:定住・空き家情報バンク

「京丹後市 空き家バンク」と検索すると上記のサイトがヒットしました。①をクリックすると京丹後市の定住・空き家に関する情報に飛びます。

下にスライドして、赤丸で囲んである「京丹後市定住空家情報バンク( 外部サイトへリンク )」をクリックすると、空き家情報バンクのホームページを見ることができます。

検索ページの②をクリックすると、直接空き家情報バンクのホームページに飛びました。

2、京丹後市企画政策課の方へ電話、またはメールフォームで問い合わせが出来ます。登録する前に疑問点がある場合は、問い合わせてみることをお勧めします。

3、京丹後市と協定を結んでいる宅地建物取引業者の担当の方に、空き家の登録を依頼します。協定を結んでいる宅地建物取引業者は、「運営協定業者」の欄に一覧があります。登録した物件を希望される方が現れたら、宅地建物取引業者を通して契約する流れです。

京丹後市に住みたい!利用希望者の空き家バンク登録の流れ

kyoutangoakiyabanku5

京丹後市への移住のため、空き家を探している方の空き家バンク登録の流れに関してご説明します。

1、「京丹後市定住空き家バンク」のホームページを開きます。下記をクリックして頂くか、「京丹後市 空き家バンク」と検索して探します。

京丹後市:定住・空き家情報バンク

「京丹後市 空き家バンク」と検索すると上記のサイトがヒットしました。①をクリックすると京丹後市の定住・空き家に関する情報に飛びます。

下にスライドして、赤丸で囲んである「京丹後市定住空家情報バンク( 外部サイトへリンク )」をクリックすると、空き家情報バンクのホームページを見ることができます。

検索ページの②をクリックすると、直接空き家情報バンクのホームページに飛びました。

2、「お問い合わせ」をクリックすると、他京丹後市企画政策課の方への電話またはメールホームでの問い合わせ先が表示されます。「物件検索」をクリックすると、空き家バンクに登録されている物件を探すことが出来ます。

3、物件は写真だけでは情報が少ないので、契約前には実際に足を運んで建物の状態や立地を確認しておきましょう。希望に合う物件があれば、提携している不動産業者の仲介を得て物件の交渉・契約の流れになります。

まとめ

京都府京丹後市が行っている、空き家バンクの内容と実際の登録に関してご説明しました。京都府京丹後市では、京丹後市役所の企画総務部企画政策課が空き家バンクの運営を行っています。

物件交渉や契約時のトラブルを避けるため、空き家の実際の登録や契約に関しては、特定の不動産業者の仲介協力を得る仕組みを取り入れています。また、京丹後市の移住者受け入れ活動に取り組みがある地域では、移住者への物件の改修費用の一部を補助しています。

京丹後市への移住をご検討の方は、空き家バンクの活用と共に、お住まいを検討されている地域へ補助金の有無の確認をすることをお勧めします。京丹後市にある空き家を貸したい・京丹後市に住みたいという方は、「京丹後市定住空き家情報バンク」を活用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。