神奈川県川崎市高津区の解体費用と相場

解体工事を考えたとき、気になるのが解体費用ですよね。解体費用を調べたとき、まず目に入ってくるのが坪単価 だと思います。本記事では、過去の解体工事のデータをもとに坪単価とそれ以外の費用 から解体工事費用についてご紹介します。

川崎市高津区の解体費用相場

解体費用は、坪単価から計算できる費用とできない費用から成ります。

  • 坪単価から計算できる費用(建物本体の解体費用)⇒ 本体工事費
  • 坪単価から計算できない費用(建物以外の解体費用)⇒付帯工事費用

本体工事費用は、坪単価に坪数をかけると計算できます。なので、坪単価がわかれば大体の金額を計算することができます。
付帯工事費用は、建物の立地条件によってかかる費用が異なるので、実際に業者さんに見積りをしてもらわないとはっきりした金額はわからないのです。つまり、解体工事費用の総額は付帯工事費用によって変動します。
しかし、坪単価を知り、解体工事の見積り表の付帯費用の項目を把握すれば、解体費用の総額の大体の目安を立てることができます。

解体費用の総額
     本体工事費(坪単価から計算可能)
        +
   付帯工事費(過去見積りデータから予想可能)
        ‖
  解体工事費用総額(付帯工事費用によって変動)

坪単価と本体工事費用

川崎市高津区の過去の解体工事のデータから算出した坪単価が以下の通りです。

構造 坪単価(実勢価格) 費用幅
木造 34,065 円 29,818円~40,000円

では実際に、坪単価から本体工事費を計算してみましょう。

本体工事費の計算例
坪単価×坪数=本体工事費
例:川崎市高津区で25坪の木造住宅を解体する場合
34,065円(坪単価)×25坪(坪数)=851,625円(本体工事費)

坪単価の費用幅

川崎市高津区のか坪単価の表に費用幅という項目がありました。坪の値段に差がでると自分の家の坪単価がいくらなのか不安ですよね。
解体における坪単価は、解体する建物1坪あたりに必要な人件費と廃材の処理費です。
建物によって解体に必要な人数や作業が違うため、木造の建物の中でも費用の差が生じるのです。

神奈川県川崎市 解体費用見積り例

では実際の川崎市高津区の過去の解体工事の見積り表です。付帯工事費の項目に注目してみましょう。

木造住宅38坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 38坪
建物解体費用 123万0,300円
総額 189万0,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 38 32,376 1,230,300
養生費 205 551 112,860
植木・植栽撤去 30 ? 3,000 90,000
庭石撤去 1 20,000
庭石撤去 1 49,900
諸経費 250,000円
値引き -3,060円
小計 1,750,000円
消費税 140,000円
合計金額 1,890,000円

木造住宅33坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 33坪
建物解体費用 98万4,000円
総額 195万0,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 33 29,818 984,000
養生費 200 800 160,000
植木・植栽撤去 1 50,000
土間コンクリート撤去 25 2,500 62,500
ブロック塀撤去 40 3,000 120,000
室内残置物撤去 1 400,000
諸経費 50,000円
値引き -20,944円
小計 1,805,556円
消費税 144,444円
合計金額 1,950,000円

ブロック塀除去

建物によっては、ブロック塀があります。ブロック塀の解体費用は高さ、厚さ、種類、位置によって異なります。ブロック塀がある場合は下記の記事も合わせて参考にしてみましょう。
川崎市川崎区・ブロック塀有、私道奥にある実家を無事解体することが出来ました。

木造住宅31坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 31坪
建物解体費用 124万0,000円
総額 232万2,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 31 40,000 1,240,000
養生費 150 900 135,000
ブロック塀撤去 1 200,000
植木・植栽撤去 1 100,000
土間コンクリート撤去 1 50,000
室内残置物撤去 8 50,000 400,000
諸経費 30,000円
値引き -5,000円
小計 2,150,000円
消費税 172,000円
合計金額 2,322,000円

川崎市高津区の補助金制度

自治体によっては解体費用を補助する制度を設けています。川崎市高津区では、不燃化重点対策地区において、老朽建築物の解体工事、建築物の耐火性能強化工事に対する費用の一部を補助する制度があります。他にも細かな条件がりますので、ご自身の建物が当てはまるかどうか問い合わせてみましょう。
参考 川崎市住宅等不燃化推進事業(老朽建築物除却工事 又は 耐火性能強化工事)

まとめ

坪単価と付帯費用の項目を把握すれば、予算の目処がたてられますね。目処が立つだけで安心して業者さんに見積りをお願いできます。しかし、業者さんによって見積り金額や近所への対応など様々です。必ず複数の業者さんに見積りを依頼して、しっかり見比べて納得してから決定しましょう。
下記の記事ではおすすめの業者さんを紹介しているので、参考にしましょう。

高津区のおすすめ解体業者高津区のおすすめ解体業者