あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体工事をするにあたってクレームみたいなものもあったんですが、そういった問題も地区の方の協力を得たりしてクリアしてもらえて助かりました。

相談内容

藤川様は借地上にある実家の解体工事でご相談下さいました。
お父様が亡くなられた後も借地代を支払い続けていましたが、七回忌を機に地主に借地返却されました。

年払いだった借地代も無駄な費用を払わずに終えられています。

お仕事の都合上ご本人で全て進めることが難しく、解体工事に関わる手続きの手配や調整を対応できる会社をご希望されていました。

ご相談の結果、以下の見積もりをご提示しました。

1389
項目 数量・単位 単価 金額
単管養生シート 190㎡ 700円 133,000円
木造2階建て解体工事 22.5坪 28,000円 630,000円
ビニールトタン下屋解体工事 15㎡ 1,500円 22,500円
ベランダ解体工事 3.5㎡ 2,000円 7,000円
タイルコンクリート土間解体工事 1㎡ 4,000円 4,000円
樹木撤去 2台 35,000円 70,000円
北側ブロック堀解体工事 7㎡ 3,800円 26,600円
南側土留めブロック塀解体工事 4㎡ 4,500円 18,000円
井戸埋め戻し撤去 1式 30,000円
内部残置物撤去 5台 50,000円 250,000円
諸経費 1式 50,000円
上記合計金額 1,291,100円
特別値引き 4,063円
小計 1,287,037円
消費税 8% 102,962円
合計 1,390,000円

業者選定の説明

藤川さまの要望、不安点

・ご夫婦共働きのため、不動産業者や大家さんとのやり取りや、現場の下見などへ行く時間が取れない
・解体工事にあたり、ご近所からのクレームにより問題が起きるのではないか
・知り合いの業者でないと、トラブルなどが起こるかもしれない

この解体業者をご紹介した理由

お住まいから解体現場まで距離があり、現地で測量立合いが出来ないため解体業者のみでも工事の対応や近隣への配慮、不動産屋都のやり取りまでしっかりと行える解体業者をお薦めしました。

藤川様にインタビューしました

私たちにご相談をしていただいた理由

子供の頃住んでいた実家の解体工事をするということで、初めは知り合いに解体業者がいないか探したり、友人づてに地元の解体業者を探されていたそうです。ただ、なかなか見つからない。

ご夫婦で働いていて、ご自身で解体業者を見つけて解体工事をしようと思ってもなかなか時間を作れない。解体業者との話し合いの場に立ち会ったり、不動産屋や大家さんとの打ち合わせも時間を取ることはできないので、この調子では全部終わるのに2年ぐらいかかってしまうのではと考えていたそうです。

ためしにインターネットで検索し、調べてすぐに解体情報館が出てきたので、問い合わせメールを送って頂けました。

IMG_1141

はじめは見積もりを取るだけで考えていた

問い合わせの後すぐにお会いする時間を頂きましたが、
「まだ決めてもないのに、来てもらうのは悪いし時間もないし…」と依頼するつもりではありませんでした。
最初に現在の状況をお伺いしたタイミングで色々とご説明し、藤川様は安心して頂けましたが、解体工事をインターネットで依頼する事に不安をお持ちで、すぐに決めるつもりではいませんでした。初めてお会いしたその時もまだお願いするつもりはなかった、とおっしゃっていました。

施主様自身で近所の方の了承を得て、電話で不動産屋と解体工事の打ち合わせを進めていましたが、お仕事が忙しくて時間が足りず、全く動けなかったそうです。

藤川様が行う予定だった、不動産屋への交渉や地主との借地返却に関わるやり取りを解体工事の相談員が対応することで、「この人ならいろいろ頼んでも大丈夫そうだな」と信頼をいただき、すべてご依頼されました。

解体費用、借地代が安くなった

いろいろ手間のかかることを対応したことで、藤川様が思っていたよりもずっとスムーズに、簡単に解体工事を終えることができました。お父様が亡くなられてから今までずっと年間数十万円という借地代を払っていたわけですから、施主様の手を煩わせず済んだ事に、
「もっと早くやっておけばよかったなあ」
なんて事も話していました。

2020年に控える東京オリンピックでどんどん規制が厳しくなり、家財や廃棄物の処理費用も高くなってしまう可能性があります。そうなってしまうと今後、解体工事にかかる費用は高くなってしまいます。藤川様の土地は大きく、年末年始にかかるいいタイミングで解体工事を終えたことで費用を抑えることができました。

解体工事を終えた感想をお願いします。

初めは娘に「ネットで高額な取引を決めるなんて、気をつけたほうがいい」と言われ、やはり心配な部分はありました。

疑ったらきりがないんですけど、全く知らないとやっぱりネットって怖くて。事前にネットで解体業者を決めた際のトラブルの事案とかを調べたりもしましたね。

私の場合はいろいろと自分で動く時間が取れなかったので、不動産屋との交渉や、大家さんに印鑑をもらいにいったり現地の下見に行ったり…っていうのを、すべて田中さんが代わりにやってくれたので本当に助かりましたし、思っていたよりずっと簡単に工事を終えることができてよかったと思います。

近隣の方から、解体工事をするにあたってクレームみたいなものもあったんですが、そういった問題もそちらで地区の方の協力を得たりしてクリアしてもらえて助かりました。本当に全部、田中さんがやってくれたおかげなんですよね。

1333
施主側からすると、解体工事の相場はわからないし、いくらって言われても、そういうものかと思ってしまうじゃないですか。だから見積もりを複数社から取ってもらえるって、我々にしたらすごく助かりますよね。

「ぼったくられたらどうしよう」とかいう思いがありながらも、もしありもしない作業で追加費用取られたりしても、素人からしたらわからないし…。

でも今回はそういうこともなかったし、むしろ予定してた作業がなくなった分を安くしてもらえるよう田中さんが交渉してくれたりして、助かりました。自分がこうやって体験したので、もし同じように解体業者を探してる人がいたら御社を教えてあげたいですね。いいところあるよって。

無料相談

私たちは、一人一人のお客様にとってあんしんできる解体業者を複数社ご紹介しています。ご紹介する解体業者は、厳しい審査基準を通った業者のみをご紹介しています。

「自分の住んでいる地域で安い解体業者を紹介してほしい。」「解体工事のことで相談したいことがある。」「解体業者を比較したいから何社かご紹介してほしい。」などのお悩みを持たれているなら、ぜひ一度ご相談下さい。

実は、お近くの業者より近郊の解体業者の方が
費用が安くなることがあります

解体工事でかかる費用は主に「人件費」と「産業廃棄物処理費用」の2つです。立地などの状況によりますが、「人件費」と「産業廃棄物処理費用」の2つで解体費用全体の70%~80%を占めています。これらの費用は各エリアで設定が異なるため、「解体現場付近の業者」より「近郊エリアの業者」の費用が安くなる場合があるのです。

こちらが実例の見積書です。同じ工事内容なのに50万円以上の金額差が出ています。
1枚目:解体現場付近業者の見積書(¥2,204,010)
2名目:近郊エリア業者の見積書(¥1,600,000)

解体工事の見積比較

一般社団法人「あんしん解体業者認定協会」が運営する見積比較サービス「解体無料見積ガイド」は、完全無料で最大3社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん、近郊の解体業者に合わせて見積依頼を出すこともできます。

解体業者から無理な売り込みは一切なし、見積取得後のお断り連絡も代行。全国8,000社いる解体業者のうち当協会独自の厳正な審査基準をクリアした約600社の解体業者から最適な業者選びができます。最も安く損をせずに解体をしたい方はご活用ください。

あんしん解体業者認定協会運営「解体無料見積ガイド」
公式サイトはこちらから