あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

3社の比較は、良心的価格の解体業者だと証明する唯一の方法だと思いました。

相談内容

神奈川県川崎市にお住まいの武井様は、使用していなかった長野県にある別荘の解体工事をするにあたり、お問い合わせをいただきました。
できるだけ費用を抑えて解体したいとのご要望でした。借地権の物件のため所有しているだけで年間13万円の負担をされており、
早く解体して、出ていくお金を防ぎたいと考えていらっしゃいました。

業者選定の説明

武井様の要望、不安点

・借地権上に建っている建物のため年間13万円の借地代を支払っていた。出るお金を減らすためにできる限り早く解体したい。
・金額が大きいので相見積りして業者を比較して決めたい
・適正価格で良心的な解体業者を紹介して欲しい

この登録解体業者をご紹介した理由

別荘地での解体工事は、現場住所の特定や、管理会社とのやりとりが発生します。そのため、別荘地での解体工事の経験があり、管理会社とのこまめなやりとりにもしっかり対応できる業者さんをご案内いたしました。
また解体現場がお住いの地域から離れ遠方にあるため、現場を見ることができません、そのため、工事前から工事完了まで、現場の状況報告や等のやりとりもしっかりと対応できる業者さんをご紹介させていただきました。

武井様にインタビューしました

持っているだけでお金が出て行くのを防ぎたいと思っていた。

お問い合わせのきっかけを教えてください。

アドバイザー

武井様

長野に別荘を持っているんだけど使っていないとお金だけがかかるから解体しようと思ってね。3年間は売りに出してたんです。売ると解体費がいらないじゃないですか。ただ、やっぱり本当にボロボロになってきているとだめですね。近くに別荘専門の不動産屋があるんです。ただ、昭和に建てたものはもう売れないからって。不動産屋さんも売ってあげようという意思がなかったんですよね。今回壊したものは、昭和の49年のものだったんです。結果的に売れてるものを見ると平成以降のもので・・・
そうだったんですね。

アドバイザー

武井様

借地権の解約って、借地権の上に立っている建物を解体しないとできないんですよ。持ってるだけでも年間13万円もかかるんです。仮に一泊1万5000円で例えば夫婦で行くのに3万円じゃないですか。年4回泊まれるんですよね。もう、さっさと解体して出るお金を防ごうってことでね。

過去にも同じ地域の別荘を解体していた業者で、動きが速かった。

現地調査での印象はどうでしたか?

アドバイザー

武井様

過去に同じ地域の別荘を解体していて、管理事務所とのやり取りがあったんですよ。それで、私が「その工事方法で解体工事をしても大丈夫なのか」って質問をしたら、「なら、管理事務所の担当者さんに聞いてみます」って言って、すぐに確認してくれました。やっぱりその瞬間の動きの速さで、「これはいけるぞ」と思いましたね。

3社比較は、良心的価格な解体業者だと証明する唯一の方法だと思いました。

見積りを比較してどうでしたか?

アドバイザー

武井様

やっぱり金額面ですかね。ただ、他にも別荘地だと解体工事が出来ない期間があるんですね。当然、「いつからいつまでが解体工事できないんです」って解体業者に伝えないといけないじゃないですか。そしたら、私が説明する前に知ってるんですよね。やっぱり「軽井沢とかでも解体工事はしますよ」って言ってましたからね。別荘の解体工事をあちこちでやってるからこそってところですよね。

あっという間に終わって、費用もお安くできて本当に満足しています。

解体工事中はいかがでしたか?

アドバイザー

武井様

毎日連絡来ましたよ。3日間で工事が終わりましたから、進捗状況よりも「管理事務所とこんな話をした」っていう報告をもらいましたよ。ホントにあっと言う間に「今日終わりました」ってメールが入りましたよ(笑)解体工事の細かいことは、ある程度、解体業者と管理事務所と話をしてもらわないといけないでしょ。そこが無くなって早かったんですよね。
工期も短かったんですね。

アドバイザー

武井様

管理事務所様とのやり取りも、全部一応やって頂いたのでね。そこも、その専門の機関とのおつき合いがあるからこそのメリットですね。解体工事が終わった時、念のため、私も心配だったもので管理事務所に確認したんですよ。「今日、終わったっていう電話が入ったんですけど、本当に終わっているかそちらのほうで見て現状復帰という状態になってますか」って言ったら、「なってるよ」って。スピード感があって、さすが解体工事のプロだなって思いましたよ。
最後に解体工事を振り返ってのご感想を頂いても宜しいでしょうか?

アドバイザー

武井様

やっぱり使わないものを片付けるとすっきりしていいですね。建物が建ってないと税金が上がったりするから一概には言えないけど、税金面で優遇されないものだったら、もうさっさと壊すべきですよね。改めて、3年間使わずに持ってただけで40万ぐらいの出費があるわけじゃないですか。あと20万円出せば解体工事できますからね。
そうですね。トータル費用を考えるとお安くなりますからね。

アドバイザー

武井様

そうですね。あっという間に終わって、費用も安くできて本当に満足していますよ。
無事に解体工事を終え、満足して頂けたお話が聞けて大変嬉しいです。本日は貴重なお話をありがとうございました。

アドバイザー

今回インタビューさせていただいた武井様のケースのように、借地権返却に伴う解体工事のご相談をされるお客様は年々増加傾向にあります。余計な出費を抑えることが出来れば、本来お金を遣いたいものにまわすことができます。ご自身の資産を有効に活用するためにも、空き家をお持ちの方は解体工事について考えてみてはいかがでしょうか。

無料相談

私たちは、一人一人のお客様にとってあんしんできる登録解体業者を複数社ご紹介しています。ご紹介する登録解体業者は、厳しい審査基準を通った業者のみをご紹介しています。

「自分の住んでいる地域で安い解体業者を紹介してほしい。」「解体工事のことで相談したいことがある。」「解体業者を比較したいから何社かご紹介してほしい。」などのお悩みを持たれているなら、ぜひ一度ご相談下さい。

実は、お近くの業者より近郊の解体業者の方が
費用が安くなることがあります

解体工事でかかる費用は主に「人件費」と「産業廃棄物処理費用」の2つです。立地などの状況によりますが、「人件費」と「産業廃棄物処理費用」の2つで解体費用全体の70%~80%を占めています。これらの費用は各エリアで設定が異なるため、「解体現場付近の業者」より「近郊エリアの業者」の費用が安くなる場合があるのです。

こちらが実例の見積書です。同じ工事内容なのに50万円以上の金額差が出ています。
1枚目:解体現場付近業者の見積書(¥2,204,010)
2名目:近郊エリア業者の見積書(¥1,600,000)

解体工事の見積比較

一般社団法人「あんしん解体業者認定協会」が運営する見積比較サービス「解体無料見積ガイド」は、完全無料で最大3社の登録解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん、近郊の登録解体業者に合わせて見積依頼を出すこともできます。

登録解体業者から無理な売り込みは一切なし、見積取得後のお断り連絡も代行。全国8,000社いる解体業者のうち当協会独自の厳正な審査基準をクリアした約600社の登録解体業者から最適な業者選びができます。最も安く損をせずに解体をしたい方はご活用ください。

あんしん解体業者認定協会運営「解体無料見積ガイド」
公式サイトはこちらから