あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体工事のクレーム対応として、施工主が気をつけるポイント

解体工事の騒音

解体工事は、騒音が想像以上にうるさかったり、振動がでてしまったりと、ご近所の方への迷惑をともないます。また、近隣住民にあらかじめ工事の概要を周知できていないと、住民から騒音や粉塵に対するクレームが解体業者や施工主自身に寄せられる場合があります。

クレームの発生を防ぐために、施工主は近隣住民への挨拶や騒音・粉塵への対策を、解体業者に徹底させましょう。
どうしてもトラブルが解決できない場合は、弁護士に相談して取りまとめてもらうことも有効です。

戸建て解体による振動で、隣地宅よりクレーム。責任は誰が取るべき?

住宅建て替えのため、建築業者に新築住居と古い住居(木造2F建て)の解体を依頼しました。解体業者は建築業者が選定、依頼しました。ところが解体時の振動が原因で基礎や地盤、建物が傷んだとして、隣宅より、将来にわたる補修と補償に関する解体業者、建築業者、施主(私)連名での念書提出を要求されています。単なるクラックならまだしも、地盤や基礎となると補償の金額は数千万にもなる可能性があり心配です。念書が得られないようなら法的な手段に訴えると相手は言っています。そこで質問です。

Q 解体業者が起こしたかもしれないそのようなトラブルについて施主にはどの程度まで責任があるのでしょうか?

ちなみに建築業者は、解体の振動でそのようなダメージが発生するとは考えにくいと言っています。駐車場モルタル表面ヒビや塀のヒビにはついては解体業者が補修済みですが隣宅は納得していません。そもそも解体による振動でそのようなダメージが発生しうるかどうかの技術的な問題もあり、この点は情報収集中です。そもそもこの話は解体業者あるいは発注元としての建築業者と隣宅の問題だと私は思うのですが・・。

解体産廃の処理については施主責務と20万以下の罰則があるそうですが、本件のようなケースで施主に高額な賠償責任が発生する可能性があるようでは、安心して立て替えなどできなくなってしまうと思うのですが・・。
引用:教えてgoo

このようなケースの場合は、基本的には注文者である施工主は、請負人がその仕事につき第三者に与えた損害を賠償する責を負わないのが原則です(民法第716条本文)。

しかし、注文者である施工主が解体の方法を請負人に指示し、その指示に過失がある場合は、施工主も損害賠償の責任があります(民法第716条但書)。

そのため、この質問に関してベストアンサーに選ばれた人からは、「今回の場合は、指示に過失があるという事実はないように思われるため、仮に業者に過失があり、解体工事と損害の発生に因果関係が認められるとしても、施工主は責任を負うことはないと思われます。」というコメントが寄せられていました。

解体工事

法的に責任はないものの・・・・

解体工事を依頼した施工主が、工事中の過失によって発生した法的責任を負うケースはほとんどありません。また、起こったトラブルへの対応は、解体業者に任せるべきでしょう。でも気がかりなのは・・・、ご近所の方との付き合いが施工主にはあるということです。解体業者と近隣住民との関わりは、工事の期間中のみです。そのため、解体業者と住民との間で多少のトラブルが発生しても、きちんと解決せず放置する可能性があります。しかし施工主はこれからも近隣で生活していくことになるので、上手に解決していきたいものです。

上手に解決する方法の一つとして、費用はかかってしまいますが、弁護士にお願いするということができます。本来は、解体工事業者とご近所の方との間で行ってもらう話ですが、施工主が仲介人という形になり、弁護士に入ってもらって、解体工事業者とご近所の両者の取りまとめをしてもらいます。弁護士は社会的にも責任がある職業ですし、中立な立場で入ってもらうと、お互いの言い分を聞きつつ、解決方法を探ってもらえる可能性が高くなります。

もし、弁護士を依頼する場合でも、ご近所さんとのコミュニケーションは大切です。いきなり弁護士を立てましたという話になると、心情的に受け入れ難い状況を作ってしまいかねません。ですから、施工主として直接責任はないものの、無関係ではないから、解体工事業者とご近所の方との話し合いができるだけスムーズにいくように協力をしましょうというスタンスで進めると、解決の糸口が見えてくるかもしれません。

近隣住民との関係

解体工事のクレームを避けるために施工主としてできる対策方法

解体工事業者や建築業者は、解体工事、建築工事のプロフェッショナルです。いろいろな環境や状況での現場も経験してきているはずですし、施工主としては、ご近所の方への対応も含めての依頼だと思います。

しかし解体工事のプロでも、近隣住民からのクレームを100%防ぐことはできません。施工主としては、解体工事業者や建築業者に、近隣の方への挨拶や対応も含めてしっかり対応した実績があるのか、今回も同様の対応ができるのかを契約時に確認しておくとよいでしょう。また、仮に工事中にご近所の方からのクレームがあった場合には、施工主から請負人である解体工事業者や建築業者へ対応に関する指示を出したり、窓口を業者であることを再度伝えたりしておくと、何かあったときに対応しやすくなると思います。

解体工事業者や建築業者と確認した後は、施工主が自ら関わることは避け、ご近所の方には、解体工事業者、建築業者の担当者へ直接連絡をするようにお伝えするとよいでしょう。

また、弁護士に依頼する場合も出てくるかもしれませんので、隣人からのクレームがあった日時、クレーム内容の電話等による発言、文書は記録して残しておくとよいでしょう。第三者である弁護士に相談するような場合、このような客観的な記録は大変役に立ちます。

解体工事業者、建築業者が隣人からのクレーム対応や適切な対応をしない場合には、消費生活センターや行政の建築関係の相談窓口に相談するとよいでしょう。時には、適当に言い逃れするような業者もいるようですので、問題が解決するまでは、工事代金の支払を一部保留にする方法もあります。

とは言え、そのようなトラブルを避けるために、安心して任せられる信頼できる業者を選ぶことが大切です。くれぐれも悪徳解体工事業者に依頼しないように気をつけてください。

クレーム記録の作成

信じられない言い掛かりをつけてくるご近所さんもいる事実・・・

解体工事の前に近所に挨拶まわりや、それ相応の対応をしているにもかかわらず、いろんな人がいるもので、中には信じられない言い掛かりをつけてくる人もいるようです。

「解体時の振動で基礎にヒビが入った、雨漏りがする、外壁がゆがんだ。」と、言ってくるご近所の方も実際にいます。本当に解体振動が原因とは限らないのですが、苦情を言うと解体業者が和解金を出す場合があるため、言いがかりをつけて金銭を要求する人もいるのです。

もちろん、本当に振動で損傷が出た場合もありますので、そのような場合には専門業者に依頼して損傷箇所の写真を撮ったり、地盤や基礎も調査したりしながら進めていくことが必要です。クレームが出ると、隣宅の了解が出るまで工事はできないことも多いので、やはりそうならないように事前に準備できることは行い、解体工事業者、建築工事業者との確認をしっかり行ってください。

解体工事中に発生しがちなクレーム

近隣住人はどのような被害を感じるケースが多いのか、実際に近隣住人が感じている解体工事に対する不満をいくつかご紹介します。以下のような思いを抱かせないよう、用意周到に工事を進めていきたいですね。

騒音

隣に2階建てのアパートを建築中です。古い集合住宅の解体から始まり、騒音、振動ともにものすごいのですが、工事を始める前に作業は月曜日から金曜日の午前8時~午後6時と言われました。ところが、いざ工事が始まると、休憩なしで一日中大音響を聞かされたり、また夜7時まで作業をしたり、さらに日曜日にも作業をしたり、と最初に言われたことと食い違いがあり、憤りを感じています。
引用:YAHOO!知恵袋

近隣住人からのクレームで最も多いのは騒音に対するクレームです。重機を使って建物を崩す故、どうしても騒音は避けられません。
最小限に抑えるには養生シートが必須です。解体業者によっては質の悪い養生シートを使っている場合もありますから、注意してください。
また、工事は必ず事前の挨拶回りで告知した時間を厳守してもらうようにしましょう。

粉塵

今日から解体が始まりましたが粉塵がとにかく酷かったです。
出かけていたため5時間いない間に隣の家の車は砂だらけ、うちも自転車や駐車場が足跡がつくほどの砂でした。

帰っても空気中に砂が舞っていて散水してる形跡もなければ、家の周りのシートは穴だらけでした。

流石にクレームを入れて明日来てもらって対応してもらうことになりました。どのように対応してくれるかわかりませんが。

息子は喘息もちなので家の中に砂が入ることが心配です。
引用:YAHOO!知恵袋

解体工事をする建物は築25年以上のものがほとんどのため、時を経て溜まったホコリが大量に舞ってしまいます。養生シートはもちろん、解体業者によっては付近の車にシートをかぶせてクレーム対策をしてくれるところもあるので、心配な方は解体業者に確認してみてください。

路上駐車

今回も家の横に、トラックが停められています。

・・・

我が家から道を二回曲がった場所であり、まったく知らない人たちのエリアです。
たぶん工事をしている隣近所の家には、挨拶をしているんだと思いますが、うちみたいな場所には一言もないです。
私としては、臭いや砂が飛ぶとか、大きな騒音がでるとか、長期的にトラックを停める場合、知らせて欲しいだけなんですよね。
洗濯を干すタイミングもあるし、赤ちゃんがいるので昼寝を家でするか、ベビーカーにのせて散歩させながら寝かすとか、考たいんです。
引用:YAHOO!知恵袋

道路の使用許可を取得していないとトラブルに発展するケースもあります。道路の使用許可は事前の申請が必要なため、工事着工前に余裕を持ってスケジュールを立ててもらわなければなりません。
さらに、工事現場付近の交通量が多い場合には、警備員を配置するなどして対策をとる必要があります。もしも警備員を配置する場合は追加費用の対象になるので、見積りの際、依頼する解体業者に要否を聞いておきましょう。

騒音と粉塵を少しでも抑えるためには、養生シートの内容をよく確認してください。場合によっては、より防音性の高いシートなどにグレードアップしてもらう必要があるかもしれません。また、粉塵被害を最小限におさえるために解体作業中は散水を徹底してもらうのも有効的です。
路上駐車については、やはり挨拶を経て理解してもらうのが1番です。
クレームを言う人の多くは、「事前に挨拶や説明がない」ことや、「聞いてた内容と違う」ことに憤りを感じています。
できれば施工主さんも一緒に、着工前には必ず挨拶を行い、途中で何らかの変更が生じた際にはその都度説明をするように心がけましょう。
解体工事建て替え工事に苦情はつきもの?実際にあったクレームも紹介

解体工事の苦情は・・・、施工主が前面にたたされることが多い・・・

今まで見てきたように、工事のクレームは、解体工事業者が対応することになります。しかし、実際にクレームがあるときは、施工主にくることが多いようです。

また、解体工事を行なうときの騒音や振動のクレームをどこに伝えたらよいかという質問に対して、施工主へ連絡して、業者への対応を促してもらうように勧める回答も多く見受けられます。もちろん、業者へ支払いをするのは施工主ですので、影響力があることは間違いないのですが、具体的な工事に関しては回答することは難しいと思います。クレームの対応を含めて適切に対応する業者を施工主が選ぶことは大切です。

解体工事のクレーム対応

まとめ

解体工事のクレーム対応として、施工主が気をつけるポイントについて考えてきました。まず、基本的には、法律的にみても注文者である施工主は、請負人がその仕事につき第三者に与えた損害を賠償する責を負わないのが原則です(民法第716条本文)。

しかし、注文者である施工主が解体の方法を請負人に指示し、その指示に過失がある場合は、施工主も損害賠償の責任があります(民法第716条但書)ので、適切な手順が整えられているかの確認は必要です。

施工主に法的責任はないとはいえ、解体工事が終わった後もご近所の方との付き合いは続きます。ですから、クレームなどがあったときには、上手に解決していきたいものです。そのためにご近所の方たちに事前に説明を含め、安心して任せられる信頼できる業者を選ぶことが大切です。何かあった場合には、解体工事業者とご近所の方との間で基本的には解決してもらうことですが、難しい場合には施工主が仲介人という形になることや、場合によっては弁護士に入ってもらうこともできるでしょう。

また、クレーム等がある場合には、クレームがあった日時、クレーム内容の電話等による発言、文書は記録して残しておくとよいでしょう。後で検討する場合にも客観的な記録は大変役に立ちます。

2 Comments

柴田竜二

平野区にエムツープランニング言う会社に注意して下さい。平野本町4と名刺に有るワンルームに事務所と有りますが無人で、まともにしはらいもなく、使用してません詐欺等にかかならいようにして下さい。私現在民事裁判準備中です。

返信する
市川善勝 市川善勝

コメント拝見いたしました。
貴重な情報ありがとうございます。
当協会もお客様からのご相談で上記会社名が出た際には注意して対応いたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。