あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

有限会社長澤土木興業

神奈川県相模原市 有限会社長澤土木興業
専務取締役 長澤健太郎様

長澤土木興業さんは、木造から鉄骨まで様々な建物の解体作業を行う会社です。20年前までは3、4人の従業員しかいなかったそうですが、現在では30人もの従業員を抱える大きな会社に成長しています。 1日に10件程度の現場の仕事が入っている日もある、というほど忙しい長澤土木興業さんに、お仕事の合間を縫ってお話を伺いました。

「やりがい」を求めて解体業をスタート

スタッフ

ご自身が今の建設業を始めたきかっけはなんですか?

長澤様

実は僕、今のポジションにつく前には別の業界で15年間ほど働いてたんですね。しばらく建設業から離れていたんですよ。

スタッフ

別の業界に長くいらしたんですね。

長澤様

以前のポジションにいた時、自分の中で計画をしていたんですよ、何歳までにどのポジションについていたい、と。「40歳までにあるポジションにつけなかったら建設業に戻ろう」と決めていたんです。
その目標が達成できなかったんで、スパッと辞めて建設業をもう一回始めたっていう感じですね。

media-nagasawadoboku2

スタッフ

建設業に戻ってみてどんなところが以前の会社とは違っていいなと思いますか?

長澤様

業種が全く違うので比較するのは難しいですね。以前の仕事では店長をやらせていただいたのですが「人・物・金・情報の管理」など幅広い業務に携わり、やりがいはすごくありました。大きな会社でしたので社内規定(マニュアル)や管理方法なども決められていました。それに比べ自社はまだまだ小さな会社です。改善の余地がたくさんある今の環境が良いと思っています。

スタッフ

改善の余地があるとそれがやりがいにも繋がりますしね。楽しんでお仕事をされている様子が伝わります。

解体作業は新しい建物をつくる「第一工程」

スタッフ

やりがい、という言葉が出ましたが、現在ご自身が一番やりがいに思っていることはなんですか?

長澤様

そうですね、「全ての建物は解体に始まり解体で終わる」ということですかね。古くなった建物を解体するのは当然ですが、新しい建物を建てる場合も、まず初めにその土地にある古い建物を壊して、地下に埋まっている基礎を取り除き、更地にすることが必要不可欠です。
解体業というと物を壊すイメージしかありませんが、古くなった建物を解体するということ自体が新しいものを作ることの始まりだと思っています。そういった点で、新たなものを作る第一歩を手伝わさせてもらってるというのがやりがいですね。

media-nagasawadoboku4

スタッフ

なるほど。そういった考え方は新しいですね。

長澤様

若い人が解体業に魅力を持ってくれればいいんですけどね。
しかしどうしても解体業っていうと「騒音がうるさい、埃が舞う、振動が激しい」などのイメージからか感謝よりもクレームの方が多い傾向です。それに比べ作る側は新築として形に残るので感謝されます。でもそうじゃないんということ。僕ら解体屋がいるから新しい建物を建てることができるということ。解体工事は新築工事の先頭バッターであるということ。何事も最初と最後が肝心です。若い人にもその価値をわかってもらって、やりがいにつなげていってくれればな、と思っています。

スタッフ

やりがいが仕事の意欲に繋がりますからね。長澤土木興業さんならではの考え方ですね。

「迅速な対応ならうちが一番」報告しやすい社内雰囲気をつくる

スタッフ

他の解体業者さんには負けないと自負している点はありますか?

長澤様

(即答)迅速な対応です。
解体業をしていると、やっぱりクレームはつきものなんです。だけど、そのクレームには特に迅速に対応するように心がけていますね。効率よく解体して工期を短縮したり、丁寧に作業するなど、工事品質にはもちろん自信があります。

スタッフ

日頃からどのように従業員の教育をされていますか?

長澤様

常に「見られている」という意識を持つように!と言っています。自社のトラックはネイビーカラーなのですぐに気づきます。また現場付近で近隣様にあった場合は挨拶するように伝えています。近隣様の協力あっての解体ですので。これがしっかりできているから自社はクレームが少ないのかもしれませんね。あとは迅速な対応です。とは言えやはり現場にトラブルはつきものです。十分注意していても発生するものです。例えば、地中の基礎解体時に隣地水道管が破損してしまうケースがあります。何かあった場合はすみやかに会社に連絡させ、その後の対応は迅速かつ誠意をもって対応する姿勢を大切にしています。

media-nagasawadoboku6

スタッフ

現場の従業員としては、自分がしてしまったミスを素直に認めたくない方もいるのではと想像してしまうのですが、いかがですか?

長澤様

人間ってミスすると怒られると思って隠したくなるものです。でも隠すことが後々大きなトラブルになるんです。誰にでもミスはつきものです。解体工事は大胆に壊すと思われがちですが、繊細な作業も多いです。大事なのは何か起きた後にどう対応するかです。大きなトラブルになると大変なの理解しているので、従業員はみんなきちんと報告してくれていますよ。

スタッフ

それだけ従業員の方と信頼関係が築けているということなんですね。

長澤様

仲はいいですよ。コミュニケーションは密にとっています。

まとめ

今回インタビューさせていただいた長澤土木興業さんは、長くから営まれている解体業者さんです。様々な時代の流れをご経験なさっている分、今の潮流にも柔軟に対応されています。
新たな取り組みとしては、少年院などに求人を出し、犯罪を犯してしまった青少年達にも雇用の機会を与えるものがあげられます。社会的な責任にも自主的に取り組む素敵な会社です。

詳細情報

会社名 有限会社長澤土木興業
代表者名 長澤順一
住所 〒252-0134
神奈川県相模原市緑区下九沢1627-2
電話番号 042-700-8970
公式HP http://nagasawa-dk.jp/
営業時間 9:00~19:00
創業 1993年
主な解体工事 戸建
対応エリア 相模原市緑区、相模原市中央区、相模原市南区、町田市

有限会社長澤土木興業の口コミ

{{ reviewsOverall }} / 5 総合評価 (0 人)
価格0
対応・サービス0
工事品質0
口コミ人数 口コミ・評価フォーム
並び替え:

まだ口コミがありません

確認済み
/ 5
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

もっと口コミを見る
{{ pageNumber+1 }}
口コミ・評価フォーム

問い合わせ

認定協会が審査した品質面・価格面ともに優良な解体業者のご紹介をご希望の方は、下記フリーダイヤルか「ご相談はこちら」からお申し込み下さい
あんしん解体認定協会

0120-978-952

受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)

無料相談をする