大勝建設株式会社

丹羽社長インタビュー

千葉県松戸市 大勝建設株式会社
代表取締役 丹羽良勝様

千葉県松戸市の解体業者、大勝建設さんは創業45年の老舗解体業者さんです。様々な現場経験を活かし、松戸市や柏市、我孫子市の周辺エリアで活躍されています。本日は、50年以上解体工事に携わっている代表取締役の丹羽社長に、お仕事の心がけなどお話を伺いました。

創業45年、千葉県内でも老舗の解体業者さん

スタッフ

丹羽社長はどのようなきっかけで解体工事を始めましたか?

丹羽様

もともと父親が古材屋さんをやっていて、解体して出た古材を集めて売っていたんです。解体工事もやるようになって、兄弟と一緒に自分も解体の仕事を始めました。

スタッフ

何年くらお仕事されてるんですか?

丹羽様

もう50年くらいやってますね。自分が大勝建設を創業してからは45年程です。

スタッフ

長年解体工事に携わっているんですね!

丹羽様

住宅やビル、公共工事で学校の体育館や消防署、焼却炉、自衛隊宿舎も解体しましたよ。
大勝建設ヘルメット

スタッフ

現在はどういった建物を解体していますか?

丹羽様

今は木造の住宅解体が一番多いです。鉄骨造やRC造のマンション、アパートの解体依頼にも対応しています。

スタッフ

ご依頼をいただくのはどんなお客様ですか?

丹羽様

東京や千葉エリアの不動産屋さんからの依頼が多いです。あとはインターネットで解体業者を探しているお客様からの依頼も増えています。

スタッフ

法人、個人問わず対応されているんですね。どういったきっかけで大勝建設さんに依頼されるんですか?

丹羽様

昔からうちに任せてくれる不動産屋さんもいますし、あとはうちの工事を知ってくれている会社さんが他社に紹介してくれるケースもあります。

現場はとにかく自分の目で見て確かめるのがモットー

スタッフ

日頃からどんな事に心がけてお仕事をされていますか?

丹羽様

とにかく見積もりも現場管理も、実際の現場を自分の目で見て確かめるようにしています。

スタッフ

社長自ら現場を見て回ってるんですね。

丹羽様

前もってお客様と打ち合わせした通りに取り壊すために、隣家との境界部分の解体作業は現場に立ち会います。お客様との打ち合わせは私がしますので、施工範囲に間違いがないよう作業員に指示を出します。あとで境界の杭がなくなってしまった、となったら大変ですからね。

スタッフ

施工中の現場管理はどういった点に注意していますか?

丹羽様

とにかく安全に、確実に、工期厳守で解体することが大事です。危険な箇所はないか、施工範囲に間違いがないか、工程表通りに進んでいるか、現場を直接見てチェックします。
防音シート

スタッフ

近隣対策はどのように対応していますか?

丹羽様

特に近隣さんに影響が出るのは騒音振動と砂ぼこりなので、養生をしっかり張って状況に応じて水を撒きながら解体作業を行います。通常の木造解体は薄手のシート養生を使うことが多いですが、うちは騒音を抑えるために防音シートを使っています。

スタッフ

通常の養生とどういった違いがありますか?

丹羽様

防音シートは鉛が入っていて重いので、張るのは大変だし、お金はかかります。でも、音の響きが全然違って抑えられるし、厚手で丈夫だから長持ちするんですよ。できるだけ近隣さんへ迷惑をかけないようにしたいですからね。特殊な加工をしてあるので通常の養生シートより金額は高いんですが、お客様からは通常の養生シート代だけをいただいています。

スタッフ

挨拶まわりはどなたが対応していますか?

丹羽様

私が工事前に挨拶まわりをします。施主様と一緒に行くこともあります。施主様が行く日を決めていたら、その日に併せて挨拶まわりを行っています。

スタッフ

業者さんが一緒に行ってくれると安心ですね。挨拶まわりは実際どんな風に行うんですか?

丹羽様

隣りのお宅だけじゃなくて、2、3軒先までまわります。解体物件が鉄骨造やRC造の場合は影響範囲が大きくなるので、状況に応じて挨拶まわりの範囲を広げています。工事日程や作業方法、どういう対策をするかも前もって説明します。挨拶状の書面も作成して、留守のお宅にはポスティングして事前にお知らせします。

長年の解体歴を活かした想定と対策

スタッフ

現地調査ではどんな所を注意して見ていますか?

丹羽様

まずは現場周辺の道路状況を見て、トラックや重機が入るかチェックします。他にも、電線の位置はどのあたりにあるか、隣家との距離はどうか、境界がどうなっているか、解体する範囲でお隣さんと確認が必要かどうか、見る部分はたくさんあります。

スタッフ

事前に見積もれない部分もありますか?

丹羽様

地中に昔の基礎や浄化槽が埋まっているケースは最初に見積もれないです。事前に目で確認できないものが解体中に出てくる可能性はあるので、見積書にしっかりと但し書きをして最初に必ず伝えるようにしています。別途工事を最初に伝えておかないと、お客様も不安になると思いますからね。

スタッフ

前もって伝えてもらえるとお客様も安心ですよね。

丹羽様

解体工事って何があるかわからないんですよ。鉄骨造は建物の基礎が地中の深い場所に造られているので、隣家が木造だと解体した時に崩れてしまったり、地下に溜まっていた水を抜いた時に地盤が下がって隣家が傾いてしまったり、今までにも色んな現場を見てきました。何があるかわからないからこそ、あとでトラブルにならないよう、最初にしっかり現場を確認してあらゆる想定をしておかないといけないです。
廃材分別

スタッフ

ベテラン解体業者の大勝建設からみて、解体工事の難しさとはどんな所ですか?

丹羽様

ゴミの処分代がどんどん高くなっているので、できるだけ細かく分別して処分代を安くしたいところですが、その分手間がかかるのが大変ですね。しかも、木材は処分場への受け入れ自体が厳しくなっていて、ゴミを出せるのが1日あたりトラック1台と制限される処分場もあります。

スタッフ

廃材を捨てないと現場がうまく進まないので大変ですね…。

丹羽様

現場が止まらないよう、作業をどう進めるか段取りを工夫しないといけないです。現場でできるだけ細かく仕分けして、廃材処分コストを下げる、それからいくつかの処分場と契約して使い分けることで現場が止まらないよう工夫しています。

スタッフ

ありがとうございます。それでは最後に、今後の目標を教えてください。

丹羽様

解体工事って誰でもできる仕事じゃないんですよね。現場、現場で工事方法も進め方も全然違うから、経験が必要だと思います。だからこそ、楽しいですけどね。自分が現役のうちは今までの経験を活かして、一軒一軒大事に解体していきたいです。

まとめ

大小、種類を問わず様々な解体工事を行ってきた丹羽社長にインタビューしました。ご自身の経験を活かし、現地調査や見積もり、現場施工まであらゆる状況を想定した施工・近隣対策を行っています。
解体工事は一見、壊すだけと思う方もいるかもしれません。しかし、一つとして同じ物件は無く、最後まで安全に解体するには臨機応変な対応も求められます。これからも豊富な施工経験を活かし、安心できる解体工事を提供して欲しいですね。

詳細情報

会社名大勝建設株式会社
所在地〒271-0093
千葉県松戸市小山97-12
代表者名丹羽良勝
電話番号047-365-0053
営業時間9:00~19:00
公式HP-
資本金-
設立日時-
対応する工事戸建、ビル・マンション
対応エリア松戸市、柏市、我孫子市
その他-

問い合わせ

認定協会が審査した品質面・価格面ともに優良な解体業者のご紹介をご希望の方は、下記フリーダイヤルか「ご相談はこちら」からお申し込み下さい
あんしん解体認定協会

0120-978-952

受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)

無料相談をする