あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

有限会社ダイコク総業

ダイコク総業様インタビュー

埼玉県川口市 有限会社ダイコク総業
取締役 営業部長 佐藤寛明様
営業部 富樫良平様

埼玉県川口市にある有限会社ダイコク総業さんは、今年で創業12年目を迎えた解体業者さんです。今回は取締役営業部長の佐藤寛明様と営業部の富樫良平様に、解体工事の現場で特に心掛けているところや今後の目標などについてお話を伺いました。

解体工事全般に対応、営業も積極的に行う

スタッフ

ダイコク総業さんではどういった工事に対応されていますか?

佐藤様

数としては木造建築の解体が一番多いのですが、鉄骨やRC、内装、外構など解体工事全般に対応しています。比率で言うと大体50%は木造解体になります。

スタッフ

いろいろな種類の解体工事に対応されているんですね。依頼されるお客様は一般の方と法人様のどちらが多いでしょうか?

佐藤様

一般のお客様と不動産会社、住宅メーカー、建売業者などから紹介していただいた法人様のどちらからもご依頼いただいています。法人様は長くから付き合いがある地元の企業様も多いですし、営業で伺った新しいお客様からご依頼いただくこともあります。
事務所内

スタッフ

営業も積極的に行われているんですね。新しいお客様からご依頼いただくために心がけているところがあれば教えて下さい。

佐藤様

なるべく地元で認知度を上げるためにも、国道沿いや駅に当社の看板を設置するようにしています。あとは昔からご依頼いただいているお客様で創業以前からの長いお付き合いがある方も多いので、ご紹介いただく機会も多いですね。

日々の積み重ねを大切に。近隣挨拶や掃除など当たり前の仕事こそ手を抜かない

スタッフ

実際にご依頼いただいたお客様からはどのような声を頂くことが多いですか?

佐藤様

先月、お付き合いが長い不動産会社さんから紹介いただいた現場に取り組む機会があったのですが、そこでは「ダイコク総業さんにお願いしてよかった」という嬉しい声を頂きました。解体工事自体が一生に一度、二度あるかないか程度のものですし、お客様側も最初は「余計な費用が掛かってしまったらどうしよう」と不安に思われていたと思うのですが、最終的にそういう評価をいただけたことはとても嬉しかったです。

スタッフ

素敵ですね!ダイコク総業さんからみて御社の強みと言いますか、他の業者さんと違うポイントはどのようなところにあると思われますか?

佐藤様

当社では通常7斑で施工を行っているのですが、それ以外に約10社の協力会社と連携して仕事を割り振っているので、他の業者さんよりも仕事を受注できる量が多いと思います。実際にスケジュールを調整させていただくことはありましたが、今までお客様にいただいたご依頼をお断りしたことはありません。業界的に忙しい時とそうではない時の波が激しい傾向はあるのですが、忙しい時でも他の業者さんよりは仕事量に余裕があるところは当社の強みかなと自負しております。
佐藤様インタビュー

スタッフ

素晴らしいですね!日頃の施工の中ではどんなことを心掛けて作業されていますか?

佐藤様

当たり前のことではあるのですが、近隣の方へのあいさつや周囲の掃除は徹底して行っています。あとは協力会社と連携して作業を行っていくと、どうしても私たちの目が届かない部分が出てくる可能性があるので、情報共有も欠かさず行っています。

スタッフ

具体的にはどのような体制で情報共有されているのでしょうか?

佐藤様

電話だけですと、どうしても見落としが出てくる可能性があるので、大事な時は現場に行き実際に目視で確認するようにしています。普段はラインを活用して、写真込みのやり取りを現場と密に行い、社内で情報を共有する体制を作っています。
事務所内佐藤様

スタッフ

写真1枚で気付けることも結構多いですものね。ほかに現場で気を付けているポイントはありますか?

佐藤様

解体現場で養生シートを設置するのですが、風で倒れてしまったり生活道路や近隣の方の家の外壁に泥や廃材が飛んだりしないように気を付けて作業を行っています。埃に関しては養生シートを設置してもどうしても発生してしまいますし、水を撒いて流しても埃が少なくなるだけで0になるわけではないので、水圧が強い散水機を使うなどして対処しています。それでも最終的に職人さんの周りに対する挨拶があるかないかで、苦情になるかどうかが左右されることもあるので、近隣の方へのあいさつなどは欠かさず行っていますね。一方でこういった姿勢が協力会社含め現場に出るすべての職人さんに周知できているかどうかという点では、まだ課題が残っているなと感じています。

今までの仕事の料金をデータ化、常に適正価格を提示する

スタッフ

お客様にとって費用面は特に気になるポイントだと思うのですが、ダイコク総業さまがより正確に見積金額を出すために工夫しているところはありますか?

佐藤様

当社では過去の現場の料金をすべてデータ化し、それを参考にして見積もりを出しています。現場ごとに、立地条件や坪数など、状況が似ている過去のデータと検証し見積書に反映していますので、適正な単価を提示することができていると自負しております。

スタッフ

現場も経験されている富樫様から、これから解体工事をされる方々に専門家として何かアドバイスがあればお願いします。

富樫様

例えば残置物に関しては、品目によってお金がかかるものとそうではないものがあるので、それを把握しておいていただくと節約にもなりますよ。実際に木製品などは引っ越し業者さんに処分をお願いするとお金がかかるケースがほとんどですが、解体業者さんに片付けてもらえば無料で処分してもらえることもあります。そういう情報を事前に調べておいたり解体業者さんにあらかじめ相談しておいたりすると費用が安く済むかもしれません。
富樫様インタビュー

スタッフ

今後、解体工事の受注も増えていくと思うのですが、最後にダイコク総業さんの今後の目標について教えて下さい。

佐藤様

新しい仕事にチャレンジするというよりは、当社の強みを生かした仕事を続けて、会社としての質を上げていきたいと思っております。例えばお客様に紹介をいただけることは1つの評価として捉えているのですが、紹介をもらうためにはやはり近隣の方への挨拶だったり、周辺の掃除だったりをしっかり行って、信頼を高めていくことが必要になります。そういった当たり前のことを当たり前に行うことこそ、もしかしたら一番難しいのかもしれませんが、これからもずっと続けていきたいと思っております。
資材置き場

まとめ

1万円~5千万円まで幅広いスケールの仕事に対応するなかで、スケール云々ではなく、お客様ひとりひとりにどれだけ真摯に応えられるのかを大切にしているという佐藤営業部長。ラインを用いて現場と情報共有をしたり、過去の仕事の料金をデータ化し見積書に反映するなど、IT技術を生かした取り組みを積極的に行っているところも印象的でした。今後もダイコク総業さんのような解体業者さんが増えていくように、誠実に対応されている解体業者さんの情報を発信していきます。

詳細情報

会社名 有限会社ダイコク総業
代表者名 富樫元之
住所 〒334-0001
埼玉県川口市桜町1-6-6
電話番号 048-282-3651
公式HP http://www.tatemono-kaitai.com/
営業時間 9:00~19:00
創業 2004年
主な解体工事 戸建ビル・マンション
対応エリア さいたま市岩槻区、見沼区、緑区、浦和区、南区、大宮区、中央区、川口市、戸田市、蕨市、葛飾区、足立区、北区、板橋区、練馬区

問い合わせ

認定協会が審査した品質面・価格面ともに優良な解体業者のご紹介をご希望の方は、下記フリーダイヤルか「ご相談はこちら」からお申し込み下さい
あんしん解体認定協会

0120-978-952

受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)

無料相談をする