あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体工事のアスベスト調査、なぜ行う?詳しい手続きの方法も解説

家 調査

ほとんどの古い建物で使用されている「アスベスト」。
多くの場合、解体工事を行う前にアスベスト調査をする必要があります。
聞き慣れない言葉ですから、もし解体業者にいきなり「アスベスト調査が必要」と言われても「本当にしなきゃいけないの?」「手続きはどうやるの?」と困ってしまいますよね。
それではまずは、アスベスト調査の必要性について見ていきましょう。

1アスベスト調査を行う理由

発見

なぜアスベスト調査をしないと工事に取り掛かれないのか。
それは、アスベストの多大な危険性にあります。

アスベストの危険性

危険

アスベストの危険性について説明する前に、まずはアスベストの存在について触れましょう。

アスベストとは

アスベストとは、天然の繊維鉱物で「石綿(いしわた)」とも呼ばれています。
安価で吸音性や断熱性に優れ軽くて使いやすい為に昔は建築工事の材料として幅広く使われていました。
しかし優秀な素材であるアスベストですが、思わぬ落とし穴がありました。

人体にとって有害

アスベストは肉眼では確認出来ないほど極めて細い繊維からなっています。
そのため、飛び散ると空気中に浮遊するので、人間の呼吸によって肺に吸い込まれやすい特徴があります。
アスベスト繊維は丈夫で変化しにくい性質なので、吸い込まれたアスベスト繊維は肺の中に長く留まります
軽くて丈夫という建築素材にとっての長所が、体内に入った途端に裏目に出てしまうのです。
その結果、肺の繊維化が進み肺がん悪性腫瘍の発生などの病気を引き起こす事に繋がります。

実際に病気を引き起こした例

実際の事例を元にアスベストの危険性を再確認しましょう。

事例1

アスベスト不燃性のため、保温・断熱や火災防止のため、機関室など男性が作業する場所の多くで使われていた
訴状によると、亡くなった男性は1948~1979年までの30年以上、機関士として捕鯨船などに乗船し、船舶の保守点検などに携わった。
男性は2002年から石綿肺だとして経過観察されてきたが、2015年に症状が悪化。呼吸機能障害をともなう「びまん性胸膜肥厚」と診断され、2カ月ほど後に死亡した。2017年、病気が職務上のものと認められ、船員保険が給付された。

引用元:Yahooニュース | アスベスト被害、35年以上たってからの死 元船員遺族が会社提訴

「35年以上たってからの死」と書いてありますが、アスベストの潜伏機関は「30年~50年」と言われています。
忘れた頃に発症するのは厄介ですね。
石綿肺」、「びまん性胸膜肥厚」は共にアスベストから引き起こされる病気で呼吸困難激しい胸の痛みを伴い、合併症を引き起こす恐れもあります。

事例2

西岡さんは約60年前に大工の仕事をはじめ、その後独立し、多くの家を建ててきました。アスベストの存在すら知らず、現場で指示がなかったためマスクをつけずに仕事をしてきました。西岡さんは13年前にアスベストが原因で「肺がん」を患いました。その後、再発を繰り返し、治療法はもうないと医者から言われています。

引用元:Yahooニュース | 【特集】「命あるうちの救済を」 建設アスベスト訴訟、肺がん患う原告の訴え

アスベストが原因で肺がんを発症した事例です。
60年前から大工として働かれていたそうですが、当時はまだアスベストの危険性に関する理解は乏しく法令での規制もなかったので多量に吸い込んでしまったのだと思われます。
2つの事例を取り上げましたが、まだ氷山の一角です。アスベストによる被害は他にも無数に存在します。
アスベストによる健康被害が拡大するにつれ、法律での規制も厳しくなっていきました
次は、アスベストの取扱いに関する変遷を見ていきましょう。

法制度の移り変わり

法律の変遷

実際に病気を引き起こした事例でも取り上げましたが、昔はアスベストの危険性に対する理解は乏しいものでした。
現在はアスベスト製品の製造、使用は禁全に停止していますが、実は最近まで建材として使用されていたのです。
それでは一体いつから中止となったのか、年表を見てみましょう。

1975年(昭和50年) アスベスト含有率が5%を超える吹付け作業の原則禁止。[特定化学物質等障害予防規則]
1995年(平成7年) クロシドライト(青石綿)とアモサイト(茶石綿)の製造、輸入、使用などを禁止。(特に毒性が強いため)[労働安全衛生法施行令]
アスベスト含有率が1%を超える吹付け作業の原則禁止。[特定化学物質等障害予防規則]
2004年(平成16年) アスベスト含有率が1%を超える建材、摩擦材、接着剤等10品目の製造、輸入、使用などを禁止。[労働安全衛生法施行令]
2006年(平成18年) アスベスト含有率が0.1%を超える製品の製造、輸入、使用などを禁止。建築物の解体・改修作業時の規制を強化。[労働安全衛生法施行令]
2012年(平成24年) 石綿及び石綿を含む製品の製造等が全面的に禁止。[労働安全衛生法施行令]

アスベストの危険性が判明し始めたのは1970年代から。
しかし完全に使用が禁止になるまでに30年以上かかっています。
つまり、今現在建っている家やビルなどにはアスベストが使用されている可能性が大いにあります
アスベストが含まれている建物を解体して、繊維が飛散したら……?
もうお分かりですね。
アスベストの飛散を防ぐ為に、アスベストの事前調査は必須なのです。
次の項目ではアスベスト調査の手続きについてお話しします。

2アスベスト調査の手続きと流れ

手続き

アスベスト調査の必要性はお分かり頂けたと思います。
アスベストの事前調査は解体工事を依頼するものとしての義務です。
それでは、アスベスト調査の手続き方法と共に実際にどんな調査をしているのか、見ていきましょう。

アスベスト調査の手続き

解体業者がアスベスト撤去に詳しくない、他のアスベスト専門業者との繋がりがない場合は専門家へ依頼する方法があります。
また、解体工事はせずアスベストの撤去のみであれば専門家への依頼がおすすめです。

設計図書での確認

アスベストが使用されているか調べる為に、まずは解体する建物を施工(工事)した建設業者または工務店、宅建業者に問い合わせて「設計図書」を用意してもらいます。
設計図書には建設時の材料や図面が記載されている為、設計図書を見て確認しましょう。

専門家に依頼

しかし、設計図書にはアスベストの仕様が記載されていない場合や、後々改修や補修などで使われた場合もあるので、現地調査と合わせて行う必要があります。
その場合、現地調査は専門家と行い、必要箇所の建材をサンプリングして分析会社に分析を依頼します。

結果が出たら

分析の結果が出たら、専門家が調査票を作成してくれるので、調査結果を解体業者に提出しましょう。
調査結果に基づいて解体工事の見積りが行われます。

実際に何を調査する?

現地で実際に行われている事を見ていきます。

調査内容

引用元: 国土交通省 | 建築物のアスベスト対策

1吹付けアスベスト等の発見
露出して施工されている吹付けアスベスト(吹付けアスベストはアスベストのレベルとはで解説)の有無について建物を建設した業者への問い合わせや資料確認、目視による調査を行う。
2サンプリング
実際の現物を持ち帰り、分析機関にてアスベストの含有率などの調査を依頼。
3成分分析
分析機関にてサンプリングした試料の分析を行う

3アスベストレベルと解体工事

解体工事

事例を見ても分かるように、アスベストの取扱いは大変危険です。
そのため、調査や撤去の際には特別な資格が必要になります。

国土交通省では、建築物の通常の使用状態における石綿含有建材の使用実態を的確かつ効率的に把握するため、中立かつ公正に正確な調査を行うことができる建築物石綿含有建材調査者の育成を図ることを目的として、昨年7月に「建築物石綿含有建材調査者講習登録規程」(平成25年7月30日公示)を定め、一定の要件を満たした機関を国土交通省に登録し、当該機関が行う講習を修了した者に建築物石綿含有建材調査者の資格を付与する制度を開始しています。

引用元:国土交通省 | F建築物石綿含有建材調査者制度等について

さらにアスベストには飛散性を表す「レベル」が存在し、レベルによって取り扱い方が異なります。
それではアスベストのレベルについて詳しく見ていきましょう。

アスベストのレベルとは

アスベスト

アスベストのレベルは「発じん性」で決まります。
「じん」は漢字で「塵」と表し、ほこりやちりの事を指します。
つまり、アスベストを取り扱った時にどれだけアスベストが飛び散るかで決まります。
もちろん、より飛び散る方が危険です。

レベル1:発じん性が著しく高い
まずはレベル1です。
レベルは全部で1~3まで存在しますが、1が最も発じん性が高くなっています
数字としては最も小さいのでややこしいですね。
該当するのは「アスベスト含有吹付け材」で、建築物にアスベストとセメントを混ぜた状態で吹き付けられており、固まると綿のような状態になります。もう怖いですね。
お察しの通りアスベストの濃度が非常に高くなっているので撤去する際には大量のアスベストが飛び散ります。
主に耐火建築物の梁や柱、エレベーター周り、立体駐車場や体育館の天井や壁などに使用されています。
作業内容は建材の除去、薬液を塗って飛散を防止する「封じ込め作業」と板で密閉して飛散を防ぐ「囲い込み作業」が主です。
レベル2:発じん性が高い
次にレベル2です。
レベル1に比べると発じん性は下がりますが、それでも充分危険なのでレベル2までは専門家による調査が必須です。
該当するのは「アスベスト含有保温材」「断熱材」「耐火被覆材」などです。
シート状に巻きつけてある為、やはりレベル1よりは飛び散りません。
しかし作業内容としてはレベル1と同じように建材の除去、封じ込めや囲い込みを行います。
レベル3:発じん性が比較的低い
最後にレベル3です。
取り扱うのはレベル1,2に該当しない「成形板」などのアスベスト含有建材です。
密度が高く割れにくい性質なので注意して取り外せば飛散のリスクは低くなっています
建築物の屋根や外壁に使われており、撤去は手作業で行います。
レベル1,2に比べても作業員の保護服は簡易的になり、解体業者が行える場合もあります

レベルによって工事費が変わる?

家 費用

実はアスベストのレベルによって解体工事の費用が変わります
レベル1,2の撤去には特別な作業が必要なので専門家に依頼します。
その為、飛散性の低いレベル3に比べると工事費が大きく異なります
条件によっても費用は異なりますが、国土交通省が出した目安は以下の通りです。

吹き付けアスベスト処理費用(1㎡あたり単価)の目安としてはおおよそ
※今後の情勢により、処理費用は変動する場合がある。
以下の通りである。(仮設、除去、廃棄物処理費等全ての費用を含む)
1.アスベスト処理面積300㎡以下の場合
20千円/㎡ ~ 85千円/㎡

引用元:国土交通省 | 石綿(アスベスト)除去に関する費用について

条件によって単価が変わるため幅が大きいですが、家全体となると実に数百万ほどの費用がかかる場合もあります。
アスベストが使用されていない、又はアスベストレベル3と比べた場合、アスベストレベル1、2の撤去費用は甚大です。
だからこそ、解体工事の前に調査をして判明させ、予算を出してもらうのが安心ですね。

解体業者選びのコツ

コツ

解体工事を行う上で、アスベスト調査は必須だとお話ししてきました。
しかし、自分でアスベスト調査の手続きをする場合、どの専門家に依頼すれば良いのか正直迷うと思います。
確かに、アスベスト調査には特別な資格が必要で、専門家に依頼する必要がありますが、実は優良な解体業者を選ぶ事でもっと一連の流れを楽に、スムーズに行うことが出来るのです。
なぜなら、解体業者によってはアスベストの専門家と繋がりがあり、アスベスト調査を斡旋してくれたり、アスベストに詳しければアスベスト調査そのものを行える解体業者もあります。
「でもどこが良い解体業者が分からない……」という方は複数の解体業者に見積りを依頼できる一括比較サイトが便利です。
一度に複数の業者を紹介してくれるので、自分で探すよりも効率的にアスベストに対応した解体業者を見つけられます。
「サイトが多くて迷う」という方は<解体無料見積ガイド>がおすすめです。
もちろんアスベストに詳しい解体業者も探せます。

見積もりガイド

4まとめ

解体工事現場

アスベストが飛散してしまうリスクを考えると、解体工事前のアスベスト調査は必然です。
自身や近隣に被害を与えない為にも、アスベスト調査は必ず行いましょう。
手続き等が不安という方は業者選びにこだわれば、調査と工事をスムーズに進める事に繋がります。